旅の持ち物

【おすすめ】大学生バックパッカー持ち物リスト24選!【荷物はこれだけでOK】

「今度、バックパッカーでヨーロッパを周るんだけど、何持っていこう?」

「便利な道具はなにかな?」

 

こんにちは!くりです。

バックパッカーとして海外を旅行する時、楽しいのが持ち物選び。

ぼくはたくさん海外旅行をしてきたのですが、意外に多くの荷物は必要ないんですね。

むしろ楽をするために減らしましょう!

ここではバックパッカーに必要な持ち物を厳選して、挙げていきたいと思います。

 

この持ち物で乗り切った旅行一覧↓

  • アイルランド一周(2週間)
  • ヨーロッパ横断(1ヶ月)
  • ヨーロッパ周遊(2ヶ月)
  • 友人と香港旅行
  • 友人とアメリカ旅行

 

この記事は「【おすすめ】大学生バックパッカー持ち物リスト24選!【荷物はこれだけでOK】」を書いていきます。

 

海外バックパッカーに必要な持ち物(洋服編)

 

バックパック

世界一周のバックパック

 

まずはバックパックですね。

ぼくが使っているのは、カリマーのイクリプス27です。

旅行用でもあるし、大学の通学用バッグでもあります笑。

世界一周(途中挫折)のときは、イクリプス27と、青いトートバッグ(空港のおばさんから貰った)に野宿用具を入れていました。

野宿しないのなら、バックパック一つに収まります!

 

カリマーのイクリプス27はもう2年以上使っていますが、とてもお気に入り。

このバックを雨ざらしにしても、野宿の時に枕にしても、富士山に登っても、壊れたことはありません。耐久性抜群なのでおすすめしたいです。

イクリプス27のレビューはこちら

【カリマー イクリプス27レビュー】2年使用してた機能性抜群おすすめリュック「カリマーのバッグってどんな感じ?」 「イクリプス27を使っている人の感想を聞きたいな」 こんにちは!くりです。 今回はぼくが...

 

他におすすめのバッグはオスプレーのケストレル38です。

 

ぼくがケストレル38を使っていたのですが、めちゃくちゃカッコいい

オールブラックのバックパックなので、街中でも違和感ないし、かなり機能的だったので、超おすすめしたいです。

アイルランドを一周したときは、ケストレル38の1つで行きました。2週間の旅だったので、1~2週間の旅行にちょうどいいと思います。

OSPREY オスプレー ケストレル 38 M/L ブラック
OSPREY(オスプレー)

 

大学生バックパッカーの持ち物、バッグ、荷物

↑世界一周するぞ!と意気込んで、用意した持ち物。片方は消失した

トラベルクッカーや大量の洋服などいらないものを詰め込んだ結果、重すぎて肩がやられるという、、、

荷物が重いと、旅に集中できません。

なので、この記事通りに少ない持ち物を揃えて、旅行を楽しんでください!

 

レインジャケット

 

次はレインジャケットです。

ぼくはpatagoniaの「クラウドリッジジャケット」と使っていました。

レインジャケットは防水、防風なので寒い地域で重宝します。ちょうど秋のヨーロッパにいる時は、毎日着ていました。

海外でよくある突然の雨でも、傘をささずに動くことができます。

 

レインジャケットを持っていくとしたら、おすすめは透湿性があるもの

重いバックパックを背負いながら観光していると、必ず汗をかきます。透湿性があると、換気してくれるので助かりました。

 

あとはカッコいいというのもポイント。

旅中は衣類がよれよれになったり、しわしわのものが多くなりがち。その上からこのレインジャケットを着れば、全体的に様になります。

 

フリース or ダウンジャケット

編集がかわいすぎる。

 

フリースかダウンジャケットも寒い地域で必須です。

ぼくはpatagoniaの「スナップT」を使っていました。このフリースはすごく暖かいものです。

 

寒いヨーロッパではダウンジャケットと併用しようとしていましたが、スナップTが暖かすぎてダウンは家においていきました。

上2つの組み合わせだけで、寒い地域(5℃~)は対応可能です。

変に安いのを買う(ユニクロのウルトラライトダウン)と、寒さに耐えられない上に、オシャレではなくて気分も上がらないのでオススメしません。

毎日着ることになるので、お気に入りのメーカー製品を買いましょう!

 

Tシャツ2枚

Tシャツは暑い地域や、フリースの下にきます。

毎日洗濯すれば2枚で十分。ぼくはモンベルのジオライン(消臭Tシャツ)とH&MのTシャツだけで乗り切りました。

モンベルのジオラインは速乾性と消臭にすぐれているので、少し高いのですが、本当にオススメします!

>>>モンベルの「ジオライン」を見てみる

 

デニム

旅にデニムをおすすめします!

世界一周前に、yaecaのデニムを購入しました。

デニムは丈夫な上、経年変化するので、旅の経過とともに成長していきます。日本に帰ってからお土産として、そして思い出として残ります。

 

毎日2ヶ月間履いてこんなに変化しました。今となっては思い出の品です。

それにデニムは洗濯しないことが普通なので、洗濯の数も減らせます。

関連記事:バックパッカーはジーンズを履いて旅しよう

 

短パン

短パンは旅の途中にフランスのおじさんにもらうことに。

関連記事:マルセイユで野宿をしていると知らないおじさんの家に泊まることになる

 

それまでは、デニムだけで過ごしていたので(1日中履く感じ)つらい思いをした。ですが、おじさんから貰って使うと、短パンは必要なものだと実感。

やはり1日中デニムはきついです。

 

パンツ3枚

これは洗わないときついので3枚。

 

靴下4足

これも洗わないときつい。何足でもいいです。

ぼくはH&Mの3足ソックスの上にトレッキングソックスを履き、3足を毎日変える、というよく分からないことをしてました。(失ったバックパックに2枚も高いトレッキングソックスが入っていて本気で落ち込んだため)

これなら高いトレッキングソックス1足で済むじゃん!と旅中に思いつきました。

 

※トレッキングソックスなら「ダーンタフ」というメーカーがおすすめします。

耐久性に優れていて、もし破れても生涯保証付き。破れたら交換してくれる!

ただ少し高いんですよね。値段に渋ったぼくは、モンベルのソックスを2足買いました。(1週間で消失するんですけどね…)

 

洋服編おわりです。

だいたい着ることになるので、バックを圧迫しませんね。

 

海外バックパッカーに必要なもの(電化製品編)

 

iPhone

iPhoneは旅で一番活躍しました。

ほんとうに何でもできます。

  • バスの予約
  • 宿の予約
  • 写真撮影
  • 時計
  • 目覚まし
  • 読書
  • 音楽
  • 観光情報収集
  • 日本の家族、友達との連絡
  • 帰りの飛行機の予約

 

iphoneで写真を取りまくっても、Googleフォトのクラウドに上げれば、容量を気にしなくて済みました。(貧弱なwifiだと、永遠に上がりきらないので注意)

 

ぼくは世界一周中にバックパックを失い、充電器一式をなくしてしまいました。

なのでパソコンやミラーレスカメラが使えなくなりましたが、それまでと同じように旅をして、iphoneでブログを書くことができました。

 

本当に何でもできるiphoneですが、無くすと本当に何もできなくなるので気をつけましょう。

iphoneが壊れたらしぬ

と、旅中は本気で思っていました。

 

iPhone充電器、変換プラグ

充電器もないとだめですね。

あと変換器と言っても、何十カ国対応のものではなく「BF対応」みたいな一地域対応のものです。

何種類プラグが付いていても、どうせ1~3ヶ月で1つしか使いません。(みんなサスケ買いすぎ)

 

しかも変換プラグは、地元のガラクタ市で2~300円で売っています。地域ごとに買い替えたほうがいいです。

そっちのほうが使いやすいのも間違いない。(ぼくも何種類もついている変換プラグを利用していましたが、大きくて使いにくかった)

 

モバイルバッテリー

旅人はiPhoneが命綱なので、モバイルバッテリーは必要でした。

でもぼくの場合、フランスのスーパーで11ユーロの中国製を買ったおかげで、時々作動しなかったり、充電されない事が。(泣)

これは3~4回充電できる、ちゃんとしたものを買ったほうがいいです。

 

電化製品終わりです笑。

本当、iPhoneだけで十分です。パソコンもカメラも要りません。ただ強盗が怖いだけです。

関連記事:バックパッカーにパソコンは必要ない【重いだけ】

 

あとぼくは本を読むためや動画を見るのにKindle HDを持っていました。

Amazonプライム・ビデオで動画を大量にDLして、暇な時に楽しみました。(日本が恋しい時、是枝監督の「海よりもまだ深く」を見た時は泣きそうに…)

※日本でDLしておきましょう、海外でプライム・ビデオは利用できません!

でもがんばれば読書も動画も、iPhoneで事足ります。(最近のiphoneは大きいですし)

 

海外バックパッカーに必要なもの(その他編)

 

パスポート

これは説明不要ですね。

多くの国を放浪する前に、ページを増補しておくことをお勧めします。

 

クレジットカード

これもiPhoneと同じくらい必要です。

ぼくはお金を使う時、全てクレジットカードで済ませました。ATMでキャッシングをすると、現金もでてくるので安心です。

クレジットカードがないと、ホテル予約ができないので必須。

あとは海外旅行保険もクレジットカードで利用できます

 

海外旅行保険はぜったいに加入しましょう。

「海外旅行保険って高いし、使う時なさそう」

と思いの方もいるかも知れません。

ただ、外国の病院で治療をうけると、数十万~数百万円はかかります。

せっかくの海外旅行中に、事故をして、大金まで払うのは嫌ですね。

 

海外旅行保険を保険会社に頼むと料金は高くなるのですが、クレジットカードの付帯保険なら0円で済みます。

ぼくは毎回クレジットカードを3枚持っていき、安心して旅行を楽しんでいます。

海外旅行保険付きのクレジットカードで、おすすめはやはりエポスカード

アイルランド旅行でエポスカード

 

エポスカード は、治療費用が270万円まで保証されるという、ゴールドカード並みの能力を持ち合わせている、無料のクレカです。

一般的知名度はあるし、申込みも簡単で、最短翌日発行も可能なので、

やばい、、、もうすぐ出発日なのに、クレジットカードを用意していない!

というときも、エポスカードなら大丈夫。

ぼくが海外旅行のときに必ず持っていく一枚で、旅行者にも定番のクレカなので、かなりおすすめです。

エポスカードの公式サイトはこちら!

 

 

iPhone、パスポート、クレジットカード、この3つがあれば旅はできます!

関連記事:海外へ旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です【重要】

 

英語の参考書

意外と旅がヒマで色々と不安だったので、毎日2~8時間勉強してました。

勉強を大事だと気づいた今日このごろ。

 

ウエストポーチ(セキュリティーポーチ)

マネーベルトは貴重品が入れられる腹巻きです。

この中にお札やクレジットカード、パスポートを入れてお腹に巻きます。なのでスリは絶対にあわないし、安心感が相当あります。

宿に荷物をおいて、ウエストポーチに貴重品を入れ、手ぶらで観光できたりします。

 

いろいろな記事で紹介していますが、ウエストポーチは旅人なら必需品です!

関連記事:バックパッカーならウエストポーチを必ず持って行ったほうがいいよ!

 

ネックピロー

ネックピローは、旅の持ち物MVPに認定したいです。

飛行機や長距離バスの長旅、野宿でも、安眠へと導いてくれます。

ミニマリストでない人でも、ネックピローは必要ないと軽視しがち。

でも、これがあればどこでも熟睡できますよ!

ネックピローには大変お世話になりました。

 

ハンドタオル

ハンドタオルは体を拭く用。

注意なのは海外で売っていないこと。ハンドタオルは日本だけらしいです。

タオル系はこれ1枚で十分!

速乾タオルは便利ですが、質感が苦手なのでもう使うことはないでしょう。

 

折り畳み傘

折り畳み傘は必要ですね。

外国人をマネて、傘を使わずにフードで乗り切る人にはいらないかもしれません。

 

歯ブラシ、歯磨き粉

海外の歯ブラシはヘッドが大きくて使いにくいです。

長期旅なら、日本から2,3本持っていきましょう!

 

メガネ

ぼくは旅中、ずっとメガネで過ごしました。なぜなら失ったバックパックにコンタクト1年分が入っていたから。悲しい。

しかもそのメガネはpcレンズなので、全ての風景が少し黄色く見えました。

 

爪切り

意外と忘れがちな爪切り。

海外のものは質が良いとは限らないので、事前に日本で買っておきたい商品です。

 

石鹸

カウブランド 赤箱10入 10コ入
カウブランド

どこでも100円前後で買えます。

体を洗ったり、髪を洗ったり、洗濯も石鹸でしました。

石鹸はまじで万能!

関連記事:バックパッカーは石鹸を持っていくと幸せになれる

 

ビニール袋

ビニール袋で洗濯

主に洗濯で使いました。

ビニール袋に、洋服、大量の水、石鹸を入れてもみもみします。そうすると、わりと洗濯できています。

関連記事:バックパッカーの洗濯方法を5つご紹介します!【おすすめ】

 

補足:加えて持っていった方がいいもの

今までご紹介したものだけ(+野宿セット)で海外を旅をしていました。

ここからは、旅をしていて「いや、これもあったほうがいいな」と思ったものを挙げていきます!

 

1.ビーチサンダル

ビーチサンダルも必需品でした。これはドミトリーやホテルに泊まっている時に使います。

海外の宿では、部屋の中でも外靴を履いています。なので日本と同じように素足で動けません。

そこでベッドからシャワーやトイレに行く時に、ビーサンを履いて移動します。ここで外靴を履くのは嫌ですからね。

 

ちなみにぼくは荷物が増えるのがいやで、外靴につま先立ちで動いていました。(なぞの我慢)

 

2.トラベルシーツ(インナーシュラフ)

これは意外!「いらないかな~」と思っていたのですが、トラベルシーツも必要なものでした。

 

というのも、ヨーロッパのモンテネグロにある安宿に泊まった時、南京虫に噛まれてしまいました。しかも謎のアレルギーのおまけ付き。

全身かゆい+目が真っ赤で開かないというダブルコンボを喰らいながら、ギリシャを旅することに。

そこまでベッドは汚くなかったので、油断していましたね…

 

ということでトラベルシーツも必要です。危険は回避しましょう。

 

3.マットレス

これは旅の期間、場所によると思いますが、マットレスも活躍するかもしれません。

空港の硬い椅子、ヨーロッパの石段に座る時、野宿をする時、あらゆる場面で助けてくれます。

 

ぼくがおすすめするマットレスはサーマレストのもの。イッテQの登山部でも使用されていたので、プロにも信用されているようです。

以前、マットレスは3つほど試したことがあるのですが、ダントツで眠り心地が良いものでした。安いものは、床から寒さが伝わってくるんですよね…

※大きいとかさばるので、サイズはスモールにしましょう。足は飛び出しますが、そこまで気になりません。

 

4.Amazonの配信サービス

これは必需品に入れようかと思いましたが、ネットサービスなので最後に紹介します。

バックパッカーは暇です。長距離移動が多いし、かなり暇。

美しい景色を見たり、おいしい料理を食べたりしますが、多く見積もっても4時間で終わります。

なので、暇つぶしできるものが必要なんですね。

 

おすすめ、というよりぼくがやっていたのは、

  • 音楽を聞く
  • 本を読む
  • 動画を見る
  • オーディオブックを聞く

という感じです。

特に音楽は、現地の雰囲気に合うと最高に楽しくなります。

 

著作権のためか、現地で作品をDLができないので、日本で大量にダウンロードしておきましょう。

※全て無料体験(1ヶ月)できます。

 

まとめ:海外バックパッカーに必要な物はデイパック1つに収まる

この記事は「【おすすめ】大学生バックパッカー持ち物リスト24選!【荷物はこれだけでOK】」について書きました。

海外バックパッカーをするのに、というか世界一周でも、荷物は少なくてもなんとかなります。

さらに言えば、クレジットカード、iphone、パスポートだけで自由にどこでも旅ができちゃいます。

重い荷物を背負い、肩を痛めるよりも、断捨離するのはいかがでしょうか。

旅に持っていく荷物が軽くなれば、心も軽くなりますよ。

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。