ファッション

【カリマー イクリプス27 レビュー】2年愛用した耐久性抜群おすすめリュック[karrimor eclipse 27]

「カリマーのイクリプス27ってどんな感じなんだろう…?実際に使っている人の感想が聞きたいな!」

 

こんにちは!くりです。

イギリスのアウトドアブランド「カリマー」が発売するリュック、イクリプス27

めちゃくちゃ頑丈で、2年以上使っても大きな傷一つありません。

ぼくはイクリプス27と共に、色々な場所や国を旅してきました。

その間何も文句も言わずについてきてくれた彼に、感謝をしながらレビューをしていきたいと思います。

 

この記事は「【カリマー イクリプス27レビュー】2年使用した耐久性抜群おすすめリュック[karrimor eclipse 27]」について書いてきます。

 

カリマー イクリプス27|選んだ理由

イクリプス27と共に、フランスの鉄道に乗る

ぼくは大学通学用のリュックを探していました。

リュック探しの条件はこんな感じです。↓

  • 予算1~2万円
  • 色はオールブラック
  • 耐久性のあるアウトドアブランド

安物買いの銭失いにならないよう、格安リュックは選びません。

 

これらの特徴を持つリュックをAmazonで探すと、見つけたのがカリマーのイクリプス27。

アウトドアブランドなら背負い心地は保証されていると思い、実物を見ずにポチッとしました。

この価格帯なら、他のブランドと差は出ないと思ったので。

カリマー(karrimor)とは…、

1946年にイギリスで創業されたサイクルバッグメーカー。

タフで機能性のあるバッグは登山家からも注目され、クライマー向けのバックパックを手掛ける。

著名クライマーからも信頼され、記録的な登頂にもカリマー製品が使われた。

名前の由来は、「carry more(もっと運べる)」

 

こんな感じで適当に買ってしまったイクリプス27ですが笑、2年以上も使う相棒になりました。

 

カリマー イクリプス27|感想レビュー

ぼくの相棒、カリマーのイクリプス27を写真付きでご紹介していきます。

 

正面から見る

まず正面から見た感じですね。

 

荷物を入れるとこんな感じになります。(inドイツ)

カリマーのイクリプス27と旅行

 

素材

画像引用:公式サイ

イクリプス27の素材は、高強度ナイロンのファブリック「KS-N330ht」が使われています。

手で触れると、ザラザラとしたナイロン素材。

耐水性はありませんが小雨なら弾きます。でも普通の雨だと浸透していきます。

くりたび
くりたび
ナイロンだし雨弾くでしょー

と傘をささずに歩いていたら、中まで雨が入り込んで、革財布に雨ジミを作ってしまったことがあります笑。

レインカバーは必須アイテム!

 

メインパック

イクリプス27は、3つのメインパックを備えています。

 

1つ目

縦チャックで小さな収納です。ここには小物が入ります。

文庫本も入りますが、重いものを入れるとバランスが悪くなるので注意です。

 

2つ目

フロントポケットですね。

なんとフロントポケットの収納は、7つに分かれています。

画像引用:公式サイト

ペンやコンタクトを個別に入れることができて、メガネや手帳、ipadなども入ります。

 

ぼくは、ここに財布とキンドルを入れてます。

 

3つ目

こちらがメインポケットです。

カリマーのイクリプス27

ここまで大きく口を開けられるデイパックはあまり見かけません。

スーツケースのように開くので、荷物を出し入れしやすいです。

実際に使ってみると、この機能はかなり便利。

奥に入ったメガネケースなど、小さなものをラクに取り出せます。

 

あとイクリプス27は名前の通り、容量が27Lです。

画像引用:公式サイト

27Lと大きな容量なので、たくさん物が入ります。

荷物が多い人には、イクリプス27は最適です。

 

ただこのリュックは、荷物少なめの人には合わないと思います。

ぼくも最近27Lを持て余すことが多く、グレゴリーのステッチ18を買い足しました。

  • 荷物多い日:イクリプス27
  • 少ない日:ステッチ18

と使い分けています。

くりたび
くりたび
ものをたくさん入れるならイクリプス27はおすすめ!

大学帰りにジムに行く荷物まで入れることができます。

ぼくが富士山を登ったときや4泊5日のアメリカ旅行にも、ぎりぎりイクリプス27だけで行けました。

 

リュックの中には、広めのPCケースもあります。

厚めのクッションがついているので、横からの衝撃には耐えそうです。

ただ下部にはクッションがなく生地のみなので、床に置かないほうがいいかも。

ぼくはめんどうなので、そのまま入れています、、、きっと大丈夫!←

 

横から見る

イクリプス27を横から見てみます。

サイドにはペットボトルケースが付いています。

ペットボトルケースは嬉しいポイント。結露が付いているペットボトルや、雨に濡れたレインカバーでも気にせずに収納できます。

 

ベルト

イクリプス27には、チェストストラップとヒップベルトが付いています。

画像引用:公式サイト

街用で購入したぼくは、

「これ必要なのか…?」

と思い、すぐに切り離してしまいました。

でもこれで富士山に登ったときは、「ベルトありの方が楽だったのかな、、、」と少し後悔してます笑。

 

後ろから見る

バッグの後ろは、固く形成されています。

イクリプス27の背面クッションは厚いので、背中にフィットしてくれます。

ぼくはこれを背負って、2ヶ月間ヨーロッパの国々を歩き回りました。

そこで肩の不調はおきなかったので、しっかりとした作りになっているんだなと。

肩パッドも比較的厚いですし。ちゃんとしたリュックを選べて良かったです。

 

また、しっかりとひもで調節できます。

でも未だに自分にあった紐の長さは分かりません。どの状態がベストフィッティングなんですかねえ。←

 

背負ってみる

出典:amazon

イクリプス27を背負ってみると、こんな感じになります。

ぼくはカッコいいと思っていますが、スタイリッシュさが足りないなとも感じますね。

 

イクリプス27を背負った写真です。(少々分かりづらいですが、、、)↓

結構よさげだと思います。

あとあまり知られていないリュックなので、人とかぶりにくいのがグッドです。

ぼくはここ数年で、他のイクリプス27を見かけたことはありません。

 

レインカバーは必要

前述の通り、イクリプス27には耐水性はありません。

なのでレインカバーは確実に必要です。

 

くりたび
くりたび
レインカバーなくても、傘があればいいじゃん!

という方はぼくのように、

”傘からはみ出たバッグだけ雨ざらしになる運命”

をたどることになるでしょう。

 

「おすすめ!」というかぼくが使っているのは、ドッペルギャンガーのレインカバーです。

これなら安いしサイズ感もよく、サイドのポケットに収納できます。

 

「せっかくだし、純正がいいなー」という方は、[カリマー] レインカバー daypack raincoverがいいでしょう

 

ぼくはイクリプス27と共に、どこまでも旅をしてきた

もう2年以上使っているイクリプス27、はじめは通学用に買いました。

使っているうちに汎用性に気づき、色々なところに連れていきました。

  • 初めて登った富士山
  • 鳥取島根旅行
  • 友だちとの香港旅行
  • ヨーロッパ横断
  • ヨーロッパ周遊
  • アメリカ旅行

 

レインカバーに包まれたイクリプス27

海外で旅をしていたときも、たくさんの荷物を運んでくれた。

雨でびしょびしょにしても、乱暴に扱ったり野宿の時に枕にしても、大きな傷一つなく付き添ってくれました。

イクリプス27は、ぼくの相棒です。

 

カリマー イクリプス27は一生モノなので超おすすめします

この記事では、カリマーのイクリプス27をご紹介しました。

イクリプス27を2年以上使っていますが、チャックが取れたり、布が破れたりなどは一切ありません。耐久性抜群です。

もしデイパックを探しているなら、本当におすすめ!

使っているぼくが保証します。

 

・レインカバーもどうぞ!↓

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。