旅の持ち物

バックパッカーならウエストポーチを必ず持って行ったほうがいいよ!

「バックパッカーで必要なものはあるかな?」

「一応荷物用意したけど、なんか忘れてそう…」

 

こんにちは!くりです。

バックパッカーで必ず持って行ったほうがいいものっていくつかありますね。

たとえば、iphone、クレジットカード、パスポート。

この3つがあれば海外旅行はできます。

 

でも、ぼくはウエストポーチを加えたいです!(別名、セキュリティポーチ、マネーベルトなど)

バックパッカーの必需品

  • iphone
  • クレジットカード
  • パスポート
  • ウエストポーチ

という感じで。

 

ぼくは旅中にウエストポーチに救われたこともあります。

そんな体験談も含めて、ウエストポーチの重要性をご紹介します。

 

※筆者は20カ国以上の海外旅行経験があります。

その経験をもとにして「バックパッカーならウエストポーチを必ず持って行ったほうがいいよ!」を書いていきます。

 

ウエスト(セキュリティ)ポーチとは?

ウエストポーチとは、腰に巻く貴重品入れです。(お腹側に回している人が多いかも)

海外旅行の時に、ウエストポーチを使っている人は多いかと思います。

 

ぼくは4年連続で海外旅行をしているのですが、毎回使っていて、いつも役に立ってくれますね。

中に入れるものは色々ありますが、ぼくはおもに

パスポート

クレジットカード

現金(現地通貨、日本通貨)

を入れていました!

 

ウエストポーチに何ができる?

ウエストポーチの役割とは、やはり防犯対策だと思います!

先ほど述べたように、ぼくは無くしてはいけないものを入れていました。

旅行中にパスポートなんかは絶対になくしたくないですよね。ならばウエストポーチに入れていると、紛失する可能性はほぼ無くなります。

なぜなら常にお腹のところにあるから。

 

パスポートをなくす時って、スリやカバンごとなくす時かと思います。

たとえバックを全て奪われたとしても、ウエストポーチだけは残ります。

何と言っても、お腹にありますからねえ。

ただ学んでいる強盗は、しっかりウエストポーチを確認してくることもあるので注意です。

 

Sponsored Links

ウエストポーチが役に立った時

ぼくは2018年秋に、世界一周の旅へと出発しました。(途中挫折しましたが)

野宿セットを外付けした大型バックを背負い、前にデイパックを持っていました。

それでしばらくは、1カ国目のデンマークを旅して楽しんでたんですね。

 

そして世界一周を始めて1週間が経ち、ドイツ行きの高速バスに乗り込みました。

デンマークは北欧なので、ドイツに行くためには海を越えなければいけません。なのでフェリーに高速バスごと、乗りこみました。

 

高速バスから降りて、フェリー内でくつろいでいたのですが、アナウンスがわからず、集合に遅れてしまました。なのでバスだけドイツに向かってしまいました。笑

しかも高速バスの荷台に大型バックを入れていたので、荷物はさよなら、、、。

 

しかし!ウエストポーチに貴重品は入っていました。なので荷物の8割は失ったのですが、貴重品は残り、旅を続けることができました!よかったー。

 

つねに貴重品を身につけておくことで、危機は回避できます。

ぼくのような予期せぬ場合はもちろん、ドミトリーなどの気の緩むところでも活躍します。

ドミトリー内の盗難は意外とありますからね、、、。

 

ドミトリーに荷物を置いて、ウエストポーチだけつけ、ハンズフリーでちょっとした買い物や観光をすることも可能です。

これが結構便利なんです。

 

ウエストポーチのイヤな点

イヤというか微妙な点は2つあって、それは、

地肌に触れることがある

取り出す時、少し恥ずかしい

ことです。

 

暑い地域の場合、Tシャツ一枚で過ごすことになりますが、ウエストポーチを地肌に巻くことになります。

なのでダイレクトに伝わり、汗もしみたりして、イヤな感触でした。

 

あとはウエストポーチからものを出す時が少し恥ずかしいですね。

あまり海外の人は知らないのか、パスポートなどを出すときに、ジッと見られます。

まあここを気にするより危機回避、という感じなのですが。

 

Sponsored Links

まとめ:ウエストポーチはバックパッカーの必需品!

この記事では「バックパッカーならウエストポーチを必ず持って行ったほうがいいよ!」について書きました。

ぼくは4年連続で使っているということで、ウエストポーチはバックパッカーの必需品!

ウエストポーチを使い、旅先での危機を回避すべきです。

危険なことは0にして、楽しい旅行にしましょう!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。