旅の持ち物

【無料クレカ】リクルートカードのメリット7つ・デメリット1つをまとめます!

「リクルートカードって、どんな感じなのかな?」

「海外旅行用に作ろうと思うけど、特徴が知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

海外旅行に必要なのは、クレジットカードです。

とくに、海外旅行保険を重視すると思います。そこで、リクルートカードが活躍することに!

 

ぼくもヨーロッパ放浪に出る前に、リクルートカードを2枚発行しました。

海外旅行で活躍するリクルートカードの特徴を、この記事でまとめたいと思います!

 

※筆者は25カ国の旅行経験があります。この背景をもとに「【無料クレカ】リクルートカードのメリット7つ・デメリット1つをまとめます!」を書いていきます。

【公式】リクルートカードを無料発行する

リクルートカード

 

リクルートカードのメリット

1.年会費無料で持てる

リクルートカード

リクルートカードは、年会費永年無料です。

なので、発行から利用まで、一切お金はかかりません!

 

クレジットカードには年会費がかかるものもありますが、リクルートカードは0円で利用可能です。

さらに後述しますが、発行すれば最大6000ポイントが貰えるので、いろいろ考えても得しかしません。

リクルートカードの公式サイト

 

2.海外旅行保険の内容が充実(国内旅行保険も)

リクルートカードは、海外旅行保険がついています!

 

詳しい保証金は、以下のとおりです。↓

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最大2000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2000万円
携帯品損害 20万円
救援者費用 100万円

 

無料クレカとしては、かなり充実しています!

 

旅人が使う可能性が高いのは、傷害・疾病治療保険。

互いに100万円という金額で、心もとない感じです。

 

海外の治療費は、300~400万円かかることもあるので、他のクレカを併用しましょう。

関連記事:【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です

リクルートカードの公式サイト

 

3.海外旅行保険が利用付帯

リクルートカードは、海外旅行保険が利用付帯です!

利用付帯とは、海外旅行保険が有効になる条件が、交通費などをクレカで払うこと。

 

しかも、リクルートカードの利用条件は、日本や海外で使用すること、なんです。

一般のクレカでは、利用付帯は日本国内という条件がふつう。

 

しかし、リクルートカードは海外での支払いもおkなので、旅行中に海外旅行保険が使い始めることができます。

 

海外旅行保険は90日間がほとんど。なので、

エポスカード(90日間)+リクルートカード(90日間)=180日間

 

というふうに、海外旅行保険を延長することができます。

 

この使い方ができるのは、リクルートカード以外では、あまり見つかりません。

なので、ぼくは長期旅行用として、リクルートカードを2枚発行しました。

リクルートカードの公式サイト

 

4.海外キャッシング可能

リクルートカードは海外キャッシングが可能です。

もしメインカードとして使うとすると、限度額を上げておきましょう!

リクルートカードの公式サイト

 

5.高還元率1.2%

リクルートカードは高還元率を売りとしています。

たとえば、1万円を支払うと、120円分のポイントが貰えます。

無料クレカだと、上位の還元率と言ってもいいでしょう。

 

他のクレジットカードと比べてみます。

  • リクルートカード:1.2%
  • 楽天カード:1.0%
  • エポスカード:0.5%

 

ポイントがザクザクたまると謳っている楽天カードですら、還元率1.0%です。

比べてみると、リクルートカードをメイン使用する方がいいですね。

 

ただ貯めたポイントは、支払いから引いてくれるわけではなく、リクルートと提携しているお店で利用することができます。

リクルートカードの公式サイト

 

6.新規入会&利用で、最大6000ポイント貰える!

リクルートカードを発行することで、最大6000ポイントが貰えます。

 

条件は以下のとおりです。

  • リクルートカード新規入会:3000ポイント
  • 初回利用:1000ポイント
  • 携帯電話料金お支払い:2000ポイント

 

携帯代はめんどくさいと思うので、入会と利用の4000ポイントが現実的ですね。

リクルートカードは年会費永年無料なので、4000ポイントの得でしかありません。

リクルートカードの公式サイト

 

7.一人で2枚発行できる

リクルートカードは、JCBとMUFG(VISAとマスター)が発行しています。

なので、「JCB+VISA or マスター」が発行可能です!

 

ぼくも2枚所持していて、海外旅行保険の補償額を”×2”にしました。

リクルートカードの公式サイト

 

リクルートカードのデメリット

1.ポイントはリクルート提携のお店しか利用できない

ポイントは、支払いの度に引いてくれるわけではなく、リクルート関係のお店でしか利用することができません。

  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパーグルメ
  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • PONTAポイントへの交換

※入会特典では、Pontaポイントへの交換はできません。

 

ぶっちゃけ、使わない人は使わないところが弱点。

たとえば、次の美容院をホットペッパービューティーで予約して、入会特典の4000ポイントで支払えば、タダ同然になります!

リクルートカードの公式サイト

 

まとめ:海外旅行に最適なリクルートカード!

この記事は「【無料クレカ】リクルートカードのメリット7つ・デメリット1つをまとめます!」を書きました。

無料で発行できるクレジットカードなので、とりあえず損はしません。

ぼくもそんな軽い気持ちで、リクルートカードを作りました。

ポイントも貰えて、海外旅行保険も使えるので、バックパッカーにぴったりです。

くりたび
くりたび
安全で楽しい旅を!

以上、「くりたび」でした。

【公式】リクルートカードを無料発行する

リクルートカード



まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。