旅ノウハウ

【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です

「今度外国に旅行するつもりなんだけど、知っておくべきことはあるかな?」

「海外一人旅にクレジットカードって必要なの?」

 

こんにちは!くりです。

今度の休みに楽しみにしてる海外旅行!

でも不安なこともありますよね。海外の治安や観光名所探し、それに持ち物まで。

その中でも海外旅行でのクレジットカードの利用価値、というのは意外と知られていないのかもしれません。

ぼくは初めての海外一人旅でアイルランドに行ったとき、クレジットカードを持っていきませんでした。必要な意味がわからなかったんですよね。

しかし、その旅以降にクレジットカードのことを勉強してからは、海外旅行では最低は3枚持っていくようにしています。世界一周のときには、8枚ほど発行しました笑。トランプのようです。

 

結論から言うと、海外旅行にはクレジットカードは必要です。それに最低二枚。

この記事では、海外旅行に行き慣れていない、ましてや初めての方に、クレジットカードの必要性などを述べていきます。

 

※筆者は25カ国の海外旅行経験があります。この背景を元に「【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です」を書いていきます。

 

なぜ海外旅行にクレジットカードが活躍する理由

クレジットカードが海外旅行で必須なアイテムだという理由をまとめていきます。

 

  1. 現金を持たなくて済む
  2. キャッシングで現金を引き出せる
  3. 外貨の支払いで、一番手数料が安くなる方法はカード払い
  4. 支払い管理もしやすい
  5. 海外旅行保険が利用できる
  6. 海外はVISAかマスターカードが主流

 

1.現金を持たなくて済む

現地での飲食や買い物を全てクレジットカードで済ませることができれば、現金払いをすることはなくなります。

なので現金を持ち歩かなくて済むということです。

 

やはり海外旅行で怖いのは、スリや強盗などの犯罪。

そこで現金を盗まれてしまうと、それからの行動に制限がかかるのと、気分も落ち込んでしまいます。

 

それに比べて、クレジットカードを盗まれても、カード会社に連絡して、利用停止にしてもらうだけ。結果、被害はゼロです。(少し落ち込むくらい)

ぼくは財布に予備の3000円ほど入れて、全てカード払いで済ませています。その方が現金を持ち歩かないので安心です。

 

2.キャッシングで現金を引き出せる

クレジットカードには、海外キャッシングという機能があります。

海外キャッシング…現地のATMでクレジットカードを差し込むと、現金を貸してくれるサービス。

こんな感じの画面でお金をキャッシングできます。

なので現金が必要な時に、クレジットカードとATMがあれば自由に引き出すことができます。

必要なときにだけ、必要な分の現金を引き出せるのは海外キャッシングの強みです。

 

「日本円を持ってきて、現地で換金すればいいじゃん」

と思いの方もいるかと思いますが、それは危険です。海外の観光地では換金手数料を多くとる輩がいます。

ぼくの好きなブロガーさんの被害で、ローマで換金したら手数料40%を取られたらしいです。

1万円を外貨にするだけで、4000円の手数料。

 

「その時に確認すればいいじゃん」とも思いますが、慣れない環境や知らない言語の中で、正常な判断がつかないこともあります。

海外キャッシングを利用すると、そういう慣れない手順を踏まずに済むということです!

 

3.外貨の支払いで、一番手数料が安くなる方法はカード払い

外貨の支払い手数料は、その手段によって異なります。

 

・日本円から外貨両替:5~10%

・カード払い:1~2%

手数料を比較してみました。その差は明らかですね。

ぼくは極力、現金を使わずにカード払いで済ませています。

 

※その国によってカード払いが使えないところがあるので注意。ぼくが訪れたアルバニアでは一切利用できずに、現金オンリーでした。

 

4.支払い管理もしやすい

カードで支払いやキャッシングをすると、ネットで明細を見ることができます。

その支払い金額が確定されるのは、支払った約3日後。なので旅行中はもちろん、帰国後すべての明細をみて確認することも。

なので旅行中の出費や、節約できるところを確認できるところがいいですね。

 

5.海外旅行保険が利用できる

クレジットカードは海外利用保険がついてきます。

なので海外旅行に行く時に保険に入らなくて済むということ。

 

「海外に行く時に、保険なんて入る必要あるの?」

と思いのかたは、次の海外で治療を受ける時に支払う金額を見てみましょう。

 

例:各国で盲腸手術を受けた場合

  • ニューヨーク:200万
  • イタリア:100万
  • 香港:90万
  • オーストラリア:80万

これは古いデータなので、現在ではさらに値段は上がっています。

盲腸手術の例を出しましたが、その他にも、車との交通事故や、自分で怪我をしてしまったとき、はたまた暴行された時の治療費も高額になります。

 

もしものときに、自分が払えずに、親に請求が回ってしまうと、まさに最悪の状況ですね。

自分が好きで行った海外旅行で、親に迷惑をかけることになってしまいます。

 

その他にも財布をなくしてしまったり、スリに遭ったり、カメラが壊れてしまったときにも保証されます。

観光に夢中でiphoneを落として壊れた、なんていう時にも適用されます!(これはすごい)

 

さらに所持しているだけでクレジットカードの保険は適用されるので、実質無料の保険加入です。

無料で保険に入れるのなら、入っておく方がいいですね!

 

6.海外はVISAかマスターカードが主流

クレジットカードのカード会社は、

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

があります。

海外で主流なのは、VISAかマスターカードです。

なのでこの2つのどちらかで作成しましょう。(ぼくは見た目のよいのでマスターカード派)

日本ではよく使われているJCBは、海外で使用不可のことが多いので、注意です。

 

海外旅行にクレジットカードは2枚以上必要な理由

「なるほど、クレジットカードの使い道は分かった。大学生になってから発行したのが一枚あるから大丈夫だ」

というのは、ちょっと微妙です。

ぼくは海外に旅行する時は、最低3枚のクレジットカードを持っていきます。

その理由をご紹介します!

  1. クレジットカードをなくしてしまう(食われる)
  2. 海外旅行保険料を節約できる

 

1.クレジットカードをなくしてしまう(食われる)

単純にクレカ一枚だと、なくしてしまった時に大変です。

クレジットカードの発行は最低1週間はかかると言われています。新しいカードが届くまでの1週間は同じ住所に留まらないといけません。

それでは大変不便ですね!

なので最低は2枚以上は持っていくべきです。

 

「いやスリにも遭わないし、財布を失くすドジっ子特性もありません!」というは微妙です。

海外では、ATMにクレジットカードを入れたら、不具合が生じてカードが戻ってこない、なんてことがたまにあります。

 

日本で暮らしているとありえないように思えますが、海外を旅した人は知っている有名な話。

ぼくも旅先で出会った旅人から「カードをATMに食われて困った」というエピソードを聞きました。

そんなことにあっても対処できるように、最低2枚以上は用意しておきましょう!

 

2.海外旅行保険料を節約できる

先程も紹介したとおり、クレジットカードは海外旅行保険が付いてきます。

さらに、その保険料は合算で支払われます。

 

例えば、携帯品損害が20万円のカードを3枚持っていたとします。

旅行中に、Gopro、iphoneやパソコンを盗まれてしまいます。合わせて50万円相当。

しかし携帯品損害20万×3枚の保険があるので、50万円全額が保証されます!

 

それに比べて、もしも1枚しかない場合は、20万円しか保証されません。

これは大きな差ですね。

 

携帯品損害で例をだしましたが、入院費や怪我の治療費も合算で支払われます。

一枚のカードではとても支払えるほどの保証はついていません。

※正確に言うと「死亡保障」のみ合算されません。しかし「死亡保障」を利用するのは、ほんの僅かな可能性なので、無視してもいいと思います。(有料保険屋で申し込んでも、この項目は軽視されています)

 

海外旅行に行くとき、合計3枚のクレジットカードを持っていくことをおすすめします!

※注意:アメリカの医療費は桁違いに高いので、アメリカ旅行なら別途保険に入っておくほうがいいでしょう。(でも保険も高いんですよね…ぼくは保険に入らずアメリカ旅行をしました)

 

海外旅行におすすめのクレジットカード3選

ここからは、ぼくが利用している(海外に行くときは必ず持っていく)クレジットカードを3種類ご紹介します。

※ここで紹介するクレジットカードは無料で発行できます(年会費無料)。

 

※付いてくる海外旅行保険の項目はいくつかあります。ただ旅行者が注目する必要があるのは「疾病治療費用」と「携帯品損害」のみです。

疾病治療費用…怪我や病気の治療にかかる費用(交通事故や、ホテルで怪我をしたときなど)

携帯品損害…持ち物の損害が起こったとき(iphoneを壊した、pcを盗まれたなど)

この2つの項目だけピックアップして載せています。

 

1.エポスカード

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 200万円
携帯品損害 20万円

旅人なら必ず持っていると言ってもいいエポスカード。社会人でもよく使うので将来性があります。

エポスカードの公式HPはこちら 

関連記事:【海外旅行者必見】「エポスカード」は万能な1枚で超おすすめします!

 

2.三井住友VISAカード

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 50万円
携帯品損害 15万円

有名な三井住友VISAカードです。社会的ステータスがあるカードなので、学生のうちに発行しておきましょう。

三井住友VISAカードの公式HPはこちら 

 

3.楽天カード

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 200万円
携帯品損害 20万円

ほとんどの人が作れる楽天カード。審査が相当ゆるいので、誰でも作れると思います。

楽天カードの公式HPはこちら 

 

まとめ:海外旅行にクレジットカードは最低2枚必要です!

この記事は「【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です」について書きました。

何度も海外に行って分かりましたが、海外旅行にクレジットカードは必要不可欠なものです。

「どのカードを発行すればいいの?」と悩む前に、ぼくが紹介した3種類のクレジットカードをすべて必要だと断言します。

なにか起きてから後悔するのは遅いですからね。

安心材料の保険を厚くかけて、楽しい海外旅行にしましょう!

エポスカード:旅人なら必ず持っている有名で安心なクレジットカード。まずはこの一枚!

三井住友VISAカード:社会的ステータスがあるので、将来性を見込んで発行しておくべき。

楽天カード:誰でも気楽に作れるので、気軽に申請しちゃいましょ。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。