旅の持ち物

【保存版】海外旅行でクレジットカードは、最低2枚は必要です

「今度外国に旅行するつもりなんだけど、知っておくべきことはあるかな?」

「海外一人旅に、クレジットカードって必要なの?」

 

こんにちは!くりです。

海外旅行に、クレジットカードは必需品です。

ですが、ぼくもはじめての海外一人旅をする時、

くりたび
くりたび
クレカが必要なのは知ってるけど、、、いつ使えるんだ?

と、悩んでいました。

 

そこで!過去のぼくのような方に向けて、海外旅行でクレジットカードが必要な理由をご紹介します。

結論:現地の支払いと海外旅行保険用に使える。

ここらへんを、くわしく解説していきます!

 

※筆者は25カ国の海外旅行経験があります。この背景を元に「【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です」を書いていきます。

 

この記事で紹介するクレジットカードはこれ!

エポスカード :無料で最強の海外旅行保険付き&即日発行

三井住友VISAカード:ステータスあるの海外で活躍する

楽天カード:満足度1位で旅人からも人気あり!

 

クレジットカードが海外旅行で活躍する理由

海外旅行でクレジットカードが、必須なアイテムな理由をまとめていきます。

 

 

1.現金を持たなくて済む

飲食や買い物を、全てクレジットカードで済ませれば、現金払いをすることはなくなります。

それは、現金を持ち歩かなくて済むということ!

 

やはり海外旅行で怖いのは、スリや強盗などの軽犯罪。

そこで現金を盗まれてしまうと、それからの行動に制限がかかるのと、気分も落ち込んでしまいます。

 

それに比べて、クレジットカードを盗まれても、カード会社に連絡して、利用停止にしてもらうだけ。

結果、被害はゼロです。

くりたび
くりたび
少し落ち込むと思いますが…。

それでも、まだ安心できます。

 

ぼくは予備の3000円を財布に入れて、全てカード払いで済ませています。

その方が、現金を持ち歩かないので安心です。

 

2.海外キャッシングで現金を引き出せる

クレジットカードには、海外キャッシングという機能があります。

 

海外キャッシング…現地のATMでクレジットカードを差し込むと、現金を貸してくれるサービス。

 

実際のATM画面

こんな感じで、ATMでお金をキャッシングできます。

キャッシング=借金ということになりますが、実は、お金をすぐに返済すれば、優れたレートでお金を手に入れられます!

 

以前、計算してみたのですが、

  • 日本円を外貨に両替
  • 海外キャッシングをして、帰国後に繰り上げ返済

を比べてみると、後者のほうが安く済みました!

それ以降、ぼくは海外キャッシングをメインに使っています。

 

そして現金が必要な時に、クレジットカードとATMがあれば自由に引き出せます。

海外キャッシングの強みは…

必要なときにだけ、必要な分の現金を引き出せる。

 

日本円を持っていき、現地で両替をするパターンもあります

ですがそれは、両替する手間があるので、ぼくは避けました。

 

3.外貨の支払いで、一番手数料が安くなる方法はカード払い

外貨の支払い手数料は、その手段によって異なります。

・日本円から外貨両替:5~10%

・カード払い:1~2%

 

手数料を比較してみました。その差は明らかです。

ぼくは極力、現金を使わずにカード払いで済ませています。

 

国によってカード払いが使えないところがあるので注意!

ぼくが訪れたアルバニアでは一切利用できずに、現金オンリーでした。

 

4.支払い管理もしやすい

ードで支払いやキャッシングをすると、ネットで明細を見ることができます。

その支払い金額が確定されるのは、支払った約3日後。

なので、旅行中はもちろん、帰国後すべての明細をみて確認することも。

カード払いにすれば…、

旅行中の出費や、節約したところを確認できる。

 

5.海外旅行保険が利用できる

クレジットカードは海外利用保険がついてきます。

なので海外旅行保険を無料で使えるということ。

 

海外旅行で治療を受けた時、払う金額は以下のとおりです。

例:各国で盲腸手術を受けた場合

  • ニューヨーク:200万
  • イタリア:100万
  • 香港:90万
  • オーストラリア:80万

これは古いデータなので、現在ではさらに値段は上がっています!

 

盲腸手術の例を出しましたが、その他にも、車との交通事故や、自分で怪我をしてしまったとき、はたまた暴行された時の治療費も高額になります。

 

もしものときに、自分が払えずに、親に請求が回ってしまうと、まさに最悪の状況

自分が好きで行った海外旅行で、親に迷惑をかけることになってしまいます!

 

その他にも財布をなくしてしまったり、スリに遭ったり、カメラが壊れてしまったときにも保証されます。

観光に夢中でiphoneを落として壊れた、なんていう時にも適用されます。(すごい)

 

さらに所持しているだけでクレジットカードの保険は適用されるので、実質無料の保険加入です。

無料で保険に入れるのなら、入っておく方がいいですね!

 

6.海外はVISAかマスターカードが主流

クレジットカードのカード会社は、

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

があります。

海外で主流なのは、VISAかマスターカードです。

なのでこの2つのどちらかで作成しましょう!(ぼくは見た目のよいのでマスターカード派)

日本ではよく使われているJCBは海外で使用不可のことが多いので、注意です。

 

7.クレジットカードがないと宿が予約できない

クレジットカードは信用の証になります。

それを確認するためか、ネットで宿を予約する際に、クレジットカードの詳細を入力しなければいけません。

Booking.comやエクスペディアなどでホテル予約をする時に、まず求められるのはクレカの番号。

なので、宿を予約するためにも、クレジットカードは必要です。

海外旅行にクレジットカードは2枚以上必要な理由

「なるほど、クレジットカードの使い道は分かった。大学生になってから発行したのが一枚あるから大丈夫だ」

というのは、ちょっと微妙です。

 

ぼくは海外に旅行する時は、3枚以上のクレジットカードを持っていきます。

その理由をご紹介します!

 

 

1.クレジットカードをなくしてしまう(食われる)

単純にクレカ一枚だと、なくしてしまった時に大変です。

クレジットカードの発行は最低1週間はかかると言われています。新しいカードが届くまでの1週間は同じ住所に留まらないといけません。

それでは大変不便ですね!

なので最低は2枚以上は持っていくべきです。

 

「いやスリにも遭わないし、財布を失くすドジっ子特性もありません!」というは微妙です。

海外では、ATMにクレジットカードを入れたら、不具合が生じてカードが戻ってこない、なんてことがたまにあります。

 

日本で暮らしているとありえないように思えますが、海外を旅した人は知っている有名な話。

ぼくも旅先で出会った旅人から「カードをATMに入れたら、戻ってこなくて困った」というエピソードを聞きました。結局、諦めたそうです。

そんなことにあっても対処できるように、最低2枚は用意しておきましょう!

 

2.海外旅行保険料を節約できる

先程も紹介したとおり、クレジットカードは海外旅行保険が付いてきます。

さらに、その保険料は合算で支払われます。

 

例えば、携帯品損害が20万円のカードを3枚持っていたとします。

そして旅行中に、Goproやiphone、パソコンを盗まれてしまいます。合わせて50万円相当。

しかし、携帯品損害20万×3枚の保険があるので、50万円全額が保証されます!

 

それに比べて、もし1枚しかない場合は、20万円しか保証されません。これは大きな差です。

 

携帯品損害で例をだしましたが、入院費や怪我の治療費も合算で支払われます。

一枚のカードでは、海外での治療費全額を支払えるほどの保証はついていません。なので、合算するためにも複数枚のクレカを用意したほうがいいでしょう。

※正確に言うと「死亡保障」のみ合算されません。しかし「死亡保障」を利用するのは、ほんの僅かな可能性なので、無視してもいいと思います。(有料保険屋で申し込んでも、この項目は軽視されています)

 

海外旅行に行くとき、合計3枚以上のクレジットカードを持っていくことをおすすめします!

※注意:アメリカの医療費は桁違いに高いので、アメリカ旅行なら別途保険に入っておくほうがいいでしょう。(でも保険も高いんですよね…ぼくは保険に入らずアメリカ旅行をしました)




クレジットカードで海外旅行保険を利用するには

クレジットカードでは、海外旅行保険を使用するための条件があります。

それは「自動付帯」と「利用付帯」なのですが、簡単に説明します!

 

1.自動付帯

自動付帯の場合、クレジットカードを海外へ持っていくだけで、海外旅行保険を使えます。

 

2.利用付帯

利用付帯の場合、海外旅行前の出費をそのカードで支払うと、海外旅行保険を使えます。

たとえば、

  • 海外への航空券代
  • 空港までの電車やバスの乗車代

などがあります。

条件をクリアするのは簡単ですが、当日は忘れないように注意しましょう!

 

海外旅行におすすめのクレジットカード3選!これだけあれば大丈夫!

ここからは、ぼくが利用している(海外に行くときは必ず持っていく)クレジットカードを3種類ご紹介します。

 

※付いてくる海外旅行保険の項目はいくつかあります。ただ旅行者が注目する必要があるのは「病治療費用」と「携帯品損害」です。

疾病治療費用…怪我や病気の治療にかかる費用(食あたりや入院したときなど)

携帯品損害…持ち物の損害が起こったとき(iphoneを壊した、pcを盗まれたなど)

この2項目だけ確認しておけばいいでしょう。

 

クレカ名 傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 救援者費用 携帯品損害

エポスカード

最高500万円 200万円 270万円 2000万円 100万円 20万円

三井住友クラシックA

最高2000万円 100万円 100万円 2500万円 150万円 20万円

楽天カード

最高2000万円 200万円 200万円 2000万円 200万円 20万円

 

1.エポスカード

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 270万円
携帯品損害 20万円

※使用条件:自動付帯。

 

旅人なら必ず持っていると言ってもいいエポスカード 。社会人でもよく使うので将来性があります。

海外旅行保険では、疾病治療費270万円&携帯品損害20万円という、ゴールドカード並の保証金額であり、旅行に特化していると言えます。

日常でもお得に利用できて、カラオケ館や遊園地、美容院などエポスの優待で割引サービスを受けることができます。

 

ネット予約をすると、最短で当日受け取りも可能です。「やばい…明日から海外なのにクレジットカード持ってない」という場合に活躍します。

発行、年会費無料で、海外旅行保険までついてくるなんて太っ腹なクレカ!

海外旅行者に人気で、旅人の定番クレカというのも納得できます。エポスカードなら間違いないです。

 

エポスカードの公式サイトはこちら!

 

 

 

2.三井住友クラシックカードA

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 100万円
携帯品損害 20万円

※使用条件:自動付帯。(傷害死亡・後遺傷害のみ利用付帯)
※2020/02/03から新デザインになりました。

 

有名な三井住友VISAカードです。

ぼくは三井住友VISAクラシックカードA(学生)を使っています。

学生なら年会費は初年度無料で、それ以降は年250円かかります。少しお金がかかりますが、なんかカッコいいので作りました笑。(年会費は軽い条件により、回避できます)

ポイントモール制度やボーナスポイントで、ショッピングにも利用可能。何より安心できる定番の1枚。

ぼくはこのカードをiphoneに取り込んで、apple payで支払いをしています!

 

三井住友VISAカードの公式サイトはこちら!

 

 

 

3.楽天カード

保険の種類 保険金額
疾病治療費用 200万円
携帯品損害 20万円

※使用条件:利用付帯。

世の中で所有者が圧倒的におおい楽天カード。クレジットカード顧客満足度第1位を11年間、獲得してます。

利用100円で1ポイント、楽天市場での買い物なら、いつでもポイント3倍!そのポイントは楽天トラベルなどで利用可能です。

CMも流れていて、一般に浸透しているスタンダードなカードですね。

普段使いでポイントを貯めて、楽天トラベルでそのポイントを使い、安く宿を予約することができます。

 

楽天カードの公式サイトはこちら!

 

 

 

まとめ:海外旅行にクレジットカードは2枚以上必要です!

この記事は「【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です」について書きました。

何度も海外に行って分かりましたが、海外旅行にクレジットカードは必要不可欠なものです。

「どのカードを発行すればいいの?」と悩む前に、ぼくが紹介した3種類のクレジットカードをすべて必要だと断言します。

なにか起きてから後悔するのは遅いですからね。

安心材料の保険を厚くかけて、楽しい海外旅行にしましょう!

 

年会費発行無料でゴールドカード並みの海外旅行保険が付く、旅人定番クレカ。カラオケ館やサンシャイン水族館の割引としても使えるので、日常使いでも最適。発行するだけで2000ポイント貰える。

公式サイトを見る レビュー記事を見る

日本で初めてvisaを発行したクレカで歴史が長く、社会的ステータスあり。傷害死亡・後遺障害は2000万まで保証なので、エポスの弱いところを補ってくれる。年会費は軽い条件で免除できる。

公式サイトを見る レビュー記事を見る

11年間利用者満足度一位を獲得している、馴染み深い楽天カード。100円=1ポイント貰えて、楽天市場ではいつでもポイント3倍。海外旅行保険も申し分なし。入会後最大5000ポイント受け取ることができる。

公式サイトを見る レビュー記事を見る



まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。