【バックパッカー直伝!】海外旅行中に洗濯をする5つの方法【洗濯グッズも】

 「今度海外を旅しようと思うけど、どうやって洗濯しよう?」

「旅行中の洗濯に、必要な道具はあるかな?」

 

こんにちは!くりです。

これから初めて海外を旅行をするという方にとって、分からないことが沢山ありますね。

チケットの取り方、バスの乗り方、必要なもの、英語の有無など。

その中でも「洗濯」は、なかなか想像つかないものです。。

ネットにあまり詳しい洗濯情報は落ちていないので。

僕も「どうやって洗濯しよう?」と悩み、そのまま外国に行った覚えがあります。

いつもは家の中で、洗濯機に洗剤と柔軟剤を入れてまわしますが、旅中ではそんな事はできません。

そんな方に向けて、海外を20カ国以上旅をしたことのあるぼくが、旅中にしている洗濯方法を5つ挙げてみたいと思います!

これから初めて海外旅行に行く方に、おすすめできる記事です!

 

バックパッカーが教える、海外で洗濯する5つの方法(世界一周中もしてました)

これから実際に僕が利用していた、洗濯手段をご紹介します!

 

1.コインランドリーで洗濯する

 
 

海外にもコインランドリーがあります。

お金入れれば勝手に洋服を洗ってくれる、素敵なマシーン。

僕が旅をしている時たまに使いました!

コインランドリーのメリットは「とても楽」なことです。

日本でも利用する人は多いですね。

しかし楽なコインランドリーにも、相応のデメリットがあります。

 

・一回の料金が高い

コインランドリーの利用料金が高くて驚きました。

例えば、ベルギーの中心地でコインランドリーを利用しようとすると、「一回7ユーロ」と書いてありました。(中心地なので高いのですが、旅行だったら中心地しか行きませんね)

7ユーロは約900円、完全にボッタクリです…。

これを使っていては、旅が続きません。

「それでもコインランドリーがいい!」という方には、大学近くに行くことをお勧めします。

大学近くは安いコインランドリー(2~3ユーロ)がいくつもあります。

さらにwifiが飛んでいるところが多いので暇しません。ぜひ探してみてください!

 

・使い方がよく分からない

いつも利用しない方だと、コインランドリーの使い方はわからないですね。(僕も全然分かりませんでした)

たとえ普段使っていても、使い方が日本語ではないので、よく分からないと思います。

なのでその場合は、周りの人に使い方を聞きましょう!

言葉が通じなくてもジェスチャーで、優しく教えてくれるはずです。

 

40分ほど待ち、洗濯が終わったら、乾燥機にぶち込みましょう。

必ず併設してあります。

 

ちなみに僕は洗濯が終わると、濡れた衣類をビニール袋に入れ、外の公園に持っていき、そこの柵に干していました。

「乾燥機は1ユーロか、安いな」

「でも旅人だからな」

「節約したいし…」

「そうだ、外で干せばいいのか!」

という感じです。笑

 

こんなかんじで、旅中は乾燥機を使わず、外で干していました。外干しが好きなのです。

 

ある日、ドイツの公園で洗濯物を干しているとき、散歩している人たちが、僕を避けるようにルート変更をしていました。

確かにアジア人が公園で洋服を干してたら怖いですね…。

外干しをするときは、不審者にならないように気をつけましょう!

 

2.宿にある洗濯機で洗う

このように、洗濯機を置いてある宿は意外とあります。

多くの宿の場合、洗濯は有料になります。

逆に無料で利用できる宿もありますが、大抵は故障中でした。

今考えると、「無料洗濯機あり」と予約サイトでは表示して、実は使わせない、ということなのでしょうか。それだったら酷いですね…。確かに洗濯機ある宿選びますし。

 

先進国の宿なら、1~5ユーロくらいで使わせてくれます。

宿に洗濯機を付いているかは、宿代には関係ないと思います。安い宿でも、あるところはありました。なので泊まる前に確認が必要です。

 

宿で洗濯したら、衣類はベッドで干しましょう!

ベッドの端から端へと、ナイロンの紐を固定してその上に洗濯物をかけます。

 

ドミトリーの部屋でこの方法をしてたら、他の日本人旅人に「あ、やっぱり日本人ですか~」と言われました。

このベッドに紐をかけて、洗濯物を干すのは日本人特有らしいです。

 

3.洗濯バケツを使い、手で洗濯する。

 

僕は、日本からAmazonで購入した折りたたみバケツを持っていき、水と少々の粉洗剤を入れて手でモミモミしていました。

でもこれほんとに大変!

一度手洗いで洗濯してみたら分かるのですが、超大変です。手と腕の筋肉がもろに疲労します。

 

脱水はスイムタオルで挟んで足で踏むのが良いらしいです。

ですが水が出るものを踏んむ場所がないときもあります。そんなときは手で強く押して脱水します。

この作業がかなり手の力を使います。もはや苦行!!(綺麗好きだから丁寧にやりすぎた可能性が)

 

手洗いは2,3日分の衣類を洗うのに、1時間位かかります。

ですがお金がかからないので、僕の旅では手洗いがメインで、そしてたまに文明の利器に頼っていました。

 

4.スクラバウォッシュバッグで洗濯する

今は亡きスクラバウォッシュ。

 

去年、旅をするとき、amazonのレビューが良いので買ってみました。

使い方は

①バッグに水と衣類と、少量の洗剤を入れる。

②一分間床に押して、もみもみする。

③汚れた水を出して、もう一度きれいな水を入れもみもみする。

④最後は手で脱水する。

という感じです。

 

これをデンマークで使っていたころ、「うひょー楽だぜー!」と心の中で叫んでいました。

たしかに楽に洗濯ができて、お金もかからず、汚れも落ちます。

 

凄いいいアイテムだと思いますが、一つだけデメリットがあります。

それは結局脱水を自分の手ですること。これが大変な人もいるかと思います。

しかしコインランドリーでお金をかけるよりは、スクラバウォッシュで洗濯して、手で絞ったほうがいいですね!

 

旅人がよく使うらしいのですが、めんどくさくなって旅の途中からただの防水バッグとして使うようになるらしいです。

あと少し値段が高いので、もしも安いほうがいいのなら、洗濯バケツのほうがいいと思います。

 

ちなみに、スクラバウォッシュ1週間しか使っていません。途中でバックパックが消失したので。

当時の日記:高速バスに置いてかれ、バッグパックを失い大学行く格好と同じになる

 

5.ビニール袋で洗濯する

スクラバウォッシュを失い途方に暮れていた僕ですが、ビニール袋で洗う方法を見つけました。

ビニール袋に衣類、水、石鹸を入れてもみもみします。

スクラバウォッシュから思いつきました。そこそこ汚れが落ちるのでおすすめです。

 

ただ1つ難点があります。それは”みすぼらしい”こと。

ビニール袋をもみもみしている人なんて、ぼく以外見ませんでした。

皆の視線を感じまくるあのときの僕は、涙目になっていたでしょう。

まあ慣れてくるんですけどね。

石鹸代しかお金がかからないのでオススメです!

 

まとめ:海外で洗濯する方法はたくさんある

僕が今までやってきた洗濯の方法をまとめてみました。

こんな記事でも役に立てたら嬉しいです!

 

関連記事

世界一周の本当に必要な持ち物23選!これだけでいいです。

初めてヨーロッパに旅行するならフランス・パリを絶対的におすすめするよ

ヨーロッパ旅行の費用をとても安くする方法を教えます

世界一周に向いていない人がもつ特徴5つを挫折者が挙げてみる