プロフィール

 

こんにちは!

 

ブログを書いている人がどういった人物なのか気になりますよね。

僕は人のブログを見るたびにプロフィールを確認してしまいます。

なので僕もブログを始めるにあたって自己紹介をします。

 

21歳、建築を学ぶ大学3年生。

東京都生まれ。

 
 

小学生時代

 

6年間サッカーをする。

サッカークラブに入っていたため、友達が勝手にできる。

結構楽しい小学生を送ったと思う。

中学受験をして、中高一貫校に入学する。

 

 

中学生時代

 

友達の作り方が分からず、入学した2,3ヶ月は無言で通う。

バスケ部に入るが馴染めずに半年で退部。

話しかけられても愛想笑いで乗り切る(なぜに?)。

いわゆる人見知りと言うやつ。

 

その後、少し友達ができながら無難な中学時代を過ごす。

エスカレーター式で高校に進学する。

まじで思い出というか記憶がない。

 
 

高校生時代

 

学校が終わって遊ぶ友だちがいないので、直帰してパソコンするか海外ドラマを見る日々を送る。

海外ドラマと洋楽に長時間浸かっていたので、海外に憧れるようになる。

 

たまたまニコニコ動画で「ニートジョンの自転車日本一周」という動画に感化されて、東京から大阪まで5日間ぐらいかけて自転車で行く。

これがはじめての旅。

 

勉強も遊びも全くせずに過ごした高校時代。

今考えると、中高時代はなんのために生きていたのか謎。

中高時代を知る友達に「お前は人間じゃなかった」と最近言われた。

 

その後無難に過ごし、大学受験。

全く勉強していなかったので、高2冬のセンター同日模試で冗談抜きで全教科3点ずつくらいしか取れなくてビビる。

 

高3は受験勉強に励む。試行錯誤しながらも、東京都市大学環境学部に合格、進学する。

 

 

大学生(1回目)時代

 

友達もでき、サークルにも入る。

しかし中高時代と全く変わらないつまらない生活を送る。

いつも受動的、友達も少ない。

人生ってこんなものなんだ。

 

ネットを見ていたら大学受験で逆転合格をした人の記事と出会う。

俺でも頑張れば、もっといい大学に行けるのでは…?

 

大学一年の夏、仮面浪人を決意。

周りから大反対を受ける。特に親から。

親を説得するには相当の期間と気力が必要だった。

バイトで受験費用を稼ぎながら勉強する毎日。

 

バイト先で人見知りを発揮し業務上の会話しかしなかった。

他のバイトの人に「あいつは深い闇を抱えている」と言われていることを知り、少しダメージを受ける。

 

11月になり、バイトを辞め勉強に集中する。

毎日起きて勉強、飯食って勉強寝るだけの生活をおくる。

11月~1月で太陽を浴びたのは数回だけだと思う。

 

センター試験を受ける。5教科7科目で6割しか取れなかった。

その後国立大と私立一校ずつ受ける。

センターの私理教科は8~9割だったので、どっちか受かるだろうと過信していた。

でも両方共落ちた。○のうかと思った。

 

急いで私立後期を適当に出願した。

3校ぐらい受かって田舎に行きてえと思い、東海大学工学部建築学科に進学。

 

再受験は大きな挫折。プラスでいろいろあった。

ここが人生の転機。

 
 

大学生(2回目)時代

 

受験失敗したので、友達を作らず4年間勉強だけで過ごそうと決意。

最初は無言で通っていたが、必修のゼミで講義を一緒に受ける友達ができる。

大学生活で色々な体験をする。昔の受動的で何もしないでもプライドは高い、そんな自分が嫌だった。

 

土方のバイトをする。

時給1000円から2000円へ。

どうしたら人より金を稼げるか理解する。

 

アイルランドをヒッチハイクで一周する。

2週間の初海外一人旅。

人の優しさを少し理解する。

 

 

スカイダイビングをする。

友達に誘われて乗り気ではないが体験する。

一生忘れられない思い出ができる。

何事もやってみないと分からないを学ぶ。

 

バイト先で人見知りをまた発揮する。

サイレント〇〇というあだ名を一人の先輩から言われ、流石にダメージを受ける。

でも可愛がってくれてた気がする。

 

ヨーロッパ横断する。

一ヶ月スーパーの安いパンを食べ、公園で寝てすごす。

人はどこでも生きれることを学ぶ。

海を隔てようと、太陽の位置が違えど、ホームレスでも高額納税者でもみな同じ人間で同じ道路を歩いている。

そんな大きな考えを持つ。

 

 

友達と国内外を旅行する。

楽しかった。

 

朝まで飲む。

朝焼けの渋谷は意外に美しい。

 

 

 

 

 

 

そして僕は世界一周の旅に出る。

 

自分のやりたいことをする。それが人生の楽しみ方だと気づいた。

心からワクワクしたい、それだけの気持ちで僕は旅に出る。

 

 

総評

 

なんか変な人生送ってるな~。

と自分でも思います。

 

再受験というものが自分の人生を変えました。

あのまま都市大に通っていたら、平坦でつまらない人生を送っているだろうと思います。

再受験をするか悩んでいる時、大学帰りに寄り道をして、座りながら多摩川をぼーっと眺めていた時間が僕には必要だったのかもしれません。

今では楽しく人生を送っているだろうと思います。

 

色々な人生経験を積んだおかげで、多少のことでは凹まなくなりました。

大学で英語で簡単な自己紹介をする機会があったのですが、緊張しすぎて2分間の沈黙を作ってしまいました。

「え、これなんの時間?」とみんなに思わせたとおもいますが、僕はへこたれません。

たまに思い出して顔が赤くなりますが。

 

人の想像できることは必ず人が実現できる。

というのはCMの受け売りですが僕はそうだと思います。

たくさんの夢を持ち、行動して、努力して、叶える。

 

 

 

そんな僕の最初の夢は世界一周です。

 

 

 

 

2018/07/09、Akira