プロテイン

【2020年】コスパ最強おすすめプロテイン10選!【買ってよかった】

「プロテイン飲みたい…、どれにしよう?」

「美味しいプロテインはあるのかな?」

 

こんにちは!くりです。

筋トレをはじめたときに、飲みたくなるがプロテイン。

そこでぼくは、

くりたび
くりたび
プロテイン沢山あるな…、どれが美味しくてコスパいいんだろう?

と、悩んでいました。

 

そこで!過去のぼくのような方に向けて、

プロテインおすすめ10選

をご紹介したいと思います。

ぼくが実際にすべて飲んで試したプロテインなので、信頼性はあるかなと。

もし気になった製品があったら、ぜひ試してみてください!

 

※筆者は筋トレを一年以上続けています。この背景をもとに「【2020年】コスパ最強おすすめプロテイン10選!【買ってよかった】」を書いていきます。

 

プロテインの選び方

プロテインの選び方はただ一つ。

飲み続けられそうなプロテイン

を選ぶといいと思います。

 

というのもプロテインは栄養補助食品であって、たんぱく質を取るために飲むもの。

くりたび
くりたび
なので、結論たんぱく質を取れれば良い!

 

どのプロテインを飲んでも、たんぱく質を取る目的は達成されるので、

  • 美味しさ
  • コスパ
  • 溶けやすさ
  • 泡立ちのなさ

など、実際に飲んでみて、自分に合った製品を見つけるといい感じです。

プロテインの種類など詳しくは、プロテインの基本知識5つ!【筋トレするなら知っておきたい】で解説しているのでよかったらどうぞ!

WPCは乳糖が残っている状態なので、乳糖不耐症(牛乳でお腹を下す)の方は、お腹の調子が悪くなる可能性があります。

その場合は、WPIを含むプロテインを選びましょう。

 

ちなみに、プロテインはプロテインシェイカーに、

水or牛乳+プロテイン

を混ぜて飲みます。

 

買ってよかったコスパ最強おすすめプロテイン10選

ここからは、たくさんのプロテインを飲んできたぼくが、おすすめ10選をご紹介します。

良さげなプロテインが見つかったら、ぜひ試してみてください。

くりたび
くりたび
この記事で紹介するプロテインの一覧表です!クリックすると詳細まで飛びます。

製品名 種類 溶けやすさ 泡立ちのなさ 値段(1kgあたり) 販売元

ゴールドスタンダード

ゴールドスタンダードダブルリッチチョコレート味の購入レビュー
ホエイ
(WPI+WPC)
7,555円(3,328円) AmazoniHerb

エクスプロージョン

エクスプロージョン ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
5,476円(1,825円) Amazon

ボディウイング ホエイ

ボディウイング ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
2,190円 Amazon

マッスルファーム コンバット

ホエイ
(WPI+WPC)
6,375円(2,897円) AmazoniHerb

オールマックス オールホエイクラシック

ALLMAX オールホエイクラシック レビュー
ホエイ
(WPC+WPI)
5,476円(2,412円) AmazoniHerb

GronG ホエイ100

GronG ホエイプロテインをレビュー
ホエイ
(WPC)
2,480円 Amazon

ニチガ GP800

ニチガ ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
1,890円 Amazon

ボディウイング 大豆

ボディウイング ソイプロテイン レビュー
ソイ 2,100円 Amazon

Dymatize ISO100

ホエイ
(WPI)
9,589円(4,224円) AmazoniHerb

Lake Avenue Nutrition

Lake Avenue Nutrition ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC+WPI)
6,222円(2,740円) iHerb

※価格は執筆時のAmazonの情報を反映させています。

 

1.ゴールドスタンダード

ゴールドスタンダード」は、世界シェアNo.1のプロテインです。

ゴールドスタンダードダブルリッチチョコレート味の購入レビュー

こちらはアメリカ製のプロテイン。

「アメリカのプロテイン…なんか怖い!」と思うかもしれませんが、厳しい検査(cGMP)に通過しなければ発売できないことになっています。

成分表などを見ると一発でわかるのですが、日本製よりアメリカ製のほうがくわしく記載されるほど健康意識は高く、

日本人でも安心して摂取できます。

 

ゴールドスタンダードで、一度に摂取できるたんぱく質は24gです。

筋分解を防いだり免疫力を高めてくれるグルタミンが4g、筋トレのパフォーマンスを上げるBCAAが5.5g入っています。

アスリートのために開発された、高品質プロテインという印象ですね。

 

どこかで見たのですが、とあるボディビルの大会で、参加者の半数以上がゴルスタを愛用していたそうです。それほど人気の高いプロテイン!

 

一番人気の味、ダブルリッチチョコレートを選んでみました。

すぐに溶けて、泡立ちもありません。ストレスフリーです。(←ここ重要)

水に混ぜても甘くて美味しいし、牛乳も入れると完全にチョコレートドリンクになりました。

くりたび
くりたび
筋トレ後のご褒美!

高品質でお手頃価格、コスパ最強で世界トップシェアということも頷ける製品です。(世界で累計20億個売れたそう)

非の打ち所のないプロテインなので、かなりおすすめします。

ゴールドスタンダード1杯(30.4g)の成分はこちら。↓

カロリー 120kcal
総脂質 1g
コレステロール 30mg
ナトリウム 130mg
総炭水化物 3g
たんぱく質 24g

※4gのグルタミンとグルタミン酸、BCAA5gが含まれています。

iHerb紹介コード:AXI9770

iHerbで安く買う方法を見る>>>

 

2.エクスプロージョン

エクスプロージョン ホエイプロテイン」は、Amazonで大人気の製品です。

エクスプロージョン ホエイプロテイン レビュー

Amazonレビューは2,000件以上で、星4.5を超えています。

そして、3kgで価格はなんと6000円以下。安すぎます。

なんともお金のない学生でも飲めるように開発されたプロテインだそうで、飲み続けられるような値段設定をしているようです。

くりたび
くりたび
学生のぼくは、まじで嬉しい値段!

 

1kg2,000円前後で売られているプロテインは、味なし(プレーン)が多いんです。

しかしエクスプロージョンは、19種類以上のフレーバーが発売されています。

日本製のプロテインは味が少なめなので、これは嬉しいポイント。

 

エクスプロージョンは、一回25gのたんぱく質が摂取できます。

たんぱく質の含有率は、約70%になります。

少し高めのプロテインはビタミンなどが入っていますが、こちらには入っていません。本当に安くたんぱく質を取るために作られていますね。

 

できあがりはこんな感じです。

味は美味しいです。ただ少し薄い気がします。

それでも牛乳やフルーツジュースに混ぜると、結構イケます。

たんぱく質だけを取るために作られ、学生でも買える良心的な価格。筋トレ初心者の方にピッタリかなと!

さらにエクスプロージョンは、ボディビル日本一に輝いた横川尚隆選手も愛用しています。これは間違いないですね。

エクスプロージョン1食(30g)の成分表。↓

エネルギー 119kcal
たんぱく質 20.9g
脂質 2.9g
炭水化物 3.6g
ナトリウム 0.2g

 

3.ボディウイング|ホエイプロテイン

※追記:お気に入りのプロテインだったのですが、改良されEX版となりました。(ここでは改良前を紹介しています)

実際に飲んでみたところ、変化は以下のとおりです。

  • 価格:安い→かなり安い
  • 溶けやすさ:溶けやすい→溶けにくい
  • 味:美味しい→少し美味しい

安さを優先した結果、飲みにくいプロテインになってしまいました…。

とはいえビタミン含有量を考えると、コスパはかなり良いのは変わりません。でもできれば改良前に戻して欲しいですね…。

次は「ボディウイング ホエイプロテイン」です。

ボディウイングのホエイプロテイン

ボディウイングは、体に優しい製品開発をしていて、コンセプトは、

余計なものを入れない、原料は厳選する

だそうです。ここまで掲げてくれると信頼できます。

そしてビタミンが7種類配合されていて、一回分で一日のビタミンが1/3取ることができます。

くりたび
くりたび
ビタミンは筋トレに重要な栄養素なので、嬉しすぎる!

 

ボディウイング ホエイプロテインは、たんぱく質を一回18.6g摂取できます。

さらに特徴的なのは、植物性甘味料(ステビア)を使っていること。

普通のプロテインだと、人工甘味料が使われているのですが、ボディウイング ホエイプロテインは体に優しいステビアが使われています。

苦味があるステビアをあえて使う、企業努力に感動します!

 

味は、甘くて美味しい!

牛乳に混ぜると、完全にバナナシェイク。ステビアの苦味もうまく隠されています。

ステビアやビタミン7種類入りで1kg2,500円以下。3kgでまとめ買いすれば1kg2,000円以下。ここまでコスパの良いプロテインはなかなか見つかりません。

ボディウイング ホエイプロテイン1食(24g)の成分表。↓

エネルギー 96kcal
たんぱく質 18.6g
脂質 1.0g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 50mg
ビタミン 7種類

※ビタミン7種類内訳(ビタミンC、33mg|ビタミンB1、0.5mg|ビタミンB2、0.57mg|ビタミンB6、0.6mg|ビタミンB12、2.0μg|ナイアシン、4.3mg|パントテン酸、2.6mg)

 

4.マッスルファーム|コンバット

マッスルファーム コンバット」は、ゴルスタと並ぶアメリカの人気プロテインの一つです。

 

コンバットは、一杯でたんぱく質を25g摂取できます。

さらにグルテンフリーなので、「プロテインを飲んだらお腹が変になる…」という方は改善されるかもしれません。

 

コンバットの味は、かなり甘いです。

今まで飲んできたプロテインで、一番甘かった気がします笑。

しかしコンバットを飲んでいる期間は、いつもより重いダンベルを持ち上げたり、やる気に満ちていました。(たまたまかも)

なにかそういう成分が入っているのでしょうか笑。

コンバットも超有名プロテインなので、選んでも間違いはないでしょう。

マッスルファーム コンバット1杯(33g)の成分は以下のとおりです。

エネルギー 130kcal
総脂質 1.5 g
コレステロール 35 mg
ナトリウム 70 mg
カリウム 300 mg
総炭水化物 3 g
たんぱく質 25 g

紹介コード:AXI9770

iHerbで安く買う方法を見る>>>

 

5.オールマックス|オールホエイクラシック

ALL MAX オールホエイクラシック」は、WPI+WPCプロテインです。

ALLMAX オールホエイクラシック レビュー

実はぼくのお気に入りプロテインです。

くりたび
くりたび
なぜなら安いから!笑

ゴルスタなどより1,000円ほど安いんですよね。

 

あとこのスプーンが洗剤用みたいで、面白いから笑。

スプーンを見るたびに笑ってしまいます。(アタックとかすくえそう)

 

これはALL MAXの製品だけなのですが、フタ部分にスプーンを置くことができます。

これはかなり消費者に優しい設計だと思います。奥に入ったスプーンを探す手間がかかりません。

 

オールホエイクラシックの味は、甘くて美味しいです!

少し甘すぎる気がしますが、飲めない程ではありません。辛い筋トレ後には嬉しい甘さ。

溶けにくいのか、若干プロテインの粒が残ることがありました。

それでも安いのでかなりコスパが高いと思います。お気に入りのプロテインです。

ALLMAX オールホエイクラシック1杯(43g)の成分は以下のとおりです。

エネルギー 170
総脂質 2g
コレステロール 75 mg
総炭水化物 8g
たんぱく質 30 g
カルシウム 187mg
鉄分 0mg
ナトリウム 150mg
カリウム 279 mg

iHerb紹介コード:AXI9770

iHerbで安く買う方法を見る>>>

 

6.GronG|ホエイプロテイン

GronG ホエイプロテイン」もかなり安く買うことができます。

GronG ホエイプロテインをレビュー

公式サイトなどを見ればわかるのですが、GronGはネットに力を入れています。プロテインメーカーって、謎に包まれているというか、露出が少ないんですよね。

でもGronGさんは顔出しで宣伝などしているので、ぼく的には安心できます笑。

 

GronG ホエイプロテインは一杯で、たんぱく質21.8gを摂取できます。

そして、11種類のビタミンを配合されているのも嬉しいところ。

 

できあがりはこんな感じです。↓

溶けやすくて、泡立ちもなしです。

味は美味しい!

レビューでは賛否両論でしたが、結構美味いです。牛乳に混ぜたからかな?

現在では10種類のフレーバーを揃えているので、お好みの味を選ぶことができます。

また3kgでまとめ買いすると、1kg2,000円以内で購入可能。コスパの良いプロテインです。

GronG ホエイプロテイン1食(29g)の成分表。↓

エネルギー 118kcal
たんぱく質 21.8g
脂質 2.2g
炭水化物 2.9g
食塩相当量 0.15g
ビタミン 11種類

※ビタミン11種類内訳(ビタミンA、269μg|ビタミンD、1.76μg|ビタミンE、1.83mg|ビタミンB1、0.659mg|ビタミンB2、0.406mg|ナイアシン、3.77mg|ビタミンB6、0.458mg|ビタミンB12、0.835μg|葉酸、76.6μg|パントテン酸、1.82mg|ビタミンC、32.0mg)

 

7.ニチガ|GP8000

次は結構お気に入りである、ニチガ GP8000です。

ニチガ ホエイプロテイン レビュー

ニチガのプロテインは、パッケージにしっかりと成分を表記してくれていて安心感があります。

さらにでかでかとWPCと書いてあるのもポイント。

アメリカのプロテインは、WPCとWPIの分類を必ず表記しています。しかし、日本のものは隠しがち。

なのでしっかりと表記するニチガさんは、事実を隠さない優良なサプリメントメーカーだと思います。

 

ニチガ GP8000は一杯で、15.3gのたんぱく質を摂取できます。

若干少ないですが、プロテインを多めに入れればオッケーです。

 

出来上がりはこんな感じ。↓

泡立ちは多めで、溶けにくい印象はなしです。

飲んでみると、さっぱりしています。冷たい水で飲むと、ほぼ水です笑。

人工甘味料0のプロテインを何種類か飲んできましたが、一番さっぱりしていました。

甘いプロテインに飽きてしまったことがあり、このプロテインをリピート購入しました。3kgのまとめ買いをすると、5,000円をきるので安すぎます。

ニチガGP8000ホエイプロテインレビュー

くりたび
くりたび
学生のぼくにはありがたい!

ただはじめてのプロテインなら、飲みにくいかもしれません。

ぼくみたいに、人工甘味料が飽きた人におすすめしたいです。

ニチガ GP8000 1食(20g)の成分表。↓

エネルギー 78kcal
たんぱく質 15.3g
脂質 1.22g
炭水化物 1.82
ナトリウム 72.2mg
カルシウム 134mg
カリウム 107.8mg

 

8.ボディウイング|大豆プロテイン

ボディウイング 大豆プロテイン」です。

ボディウイング ソイプロテイン レビュー

上で紹介した、

余計なものを入れない、原料は厳選する

のボディウイングのソイプロテインverになります。

ソイプロテインなので植物性たんぱく質、そしてイソフラボンが含まれていので女性にはメリットかなと。

あと大豆のおかげが、お腹の調子が良くなりました。

くりたび
くりたび
結構嬉しい!

 

ボディウイング 大豆プロテイン一杯で、16.92gのたんぱく質が取れます。

ソイプロテインなので、たんぱく質含有率は84.6%と高めです。

 

出来上がりはこんな感じ。↓

泡立ちはしませんが、若干溶けにくいです。

味は、豆乳みたいで飲みやすいです。

水だけで混ぜると微妙なのですが、水+牛乳だとほぼ豆乳。

あとアメリカの大味なプロテインと混ぜると、いい感じの甘さに調節されます笑。

ぼくが初めて買ったプロテインで、その時リピート購入をして、今でもたまに注文するくらいお気に入り。

3kgでまとめ買いすると5,500円以内なので、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。

ボディウイング 大豆プロテイン1食(20g)の成分表。↓

エネルギー 72kcal
たんぱく質 16.9g
脂質 0.04g
糖質 1.02g
食物繊維 1.38
ナトリウム 104mg
カルシウム 123mg

 

9.Dymatize|ISO100 ホエイプロテイン

Dymatize ISO100ホエイプロテイン」は、WPIプロテインです。

今までご紹介したのはWPCかWPI+WPCのプロテイン。こちらは100%WPIなので高品質でちょっとお高めです。

 

Dymatize ISO100では、一杯25gのたんぱく質が摂取できます。

さらに筋分解を抑えるBCAAs5.5g、筋肉づくりのサポートをしてくれるロイシン2.6gも入っています。

※ロイシンが体の中で代謝されたものがHMB。筋肉量の増加が期待できます。

 

Dymatize ISO100の味も美味しかったです。

とはいえゴルスタと同じような味だったので、品質がレベルアップしたものと考えていいと思います。

筋トレyoutuberのJINさんが愛用しているプロテインで、このストロベリー味が激ウマだそう!

「少し高くてもいいから、筋トレ用の高品質なプロテインがいい!」という方にぴったりな製品です。

Dymatize ISO100一杯(32g)の成分はこちら。↓

カロリー 120kcal
総糖質 0.5g
コレステロール 10mg
ナトリウム 160mg
総炭水化物 2g
プロテイン 25g
カルシウム 100mg
鉄分 1mg
カリウム 230mg

※ロイシン2.6g、BCAAs5.5gが含まれています。

iHerb紹介コード:AXI9770

iHerbで安く買う方法を見る>>>

 

10.Lake Avenue Nutrition|ホエイプロテイン

Lake Avenue Nutritionのホエイプロテインは、iHerbのプライベート商品になります。

Lake Avenue Nutrition ホエイプロテイン レビュー

他のプロテインと違うところは、体に優しく作られていることです。

まずお腹の調子を整えるプロバイオティクス入りです。よくヨーグルトに入っていますね。

さらに人工甘味料を使わずに、植物性甘味料のステビアが使われています!

甘いプロテインを飲み続けると、人工甘味料によって胃が疲れるときがあります。そんな時にステビアのプロテインはぴったりだと思います。

 

Lake Avenue Nutritionのホエイプロテインは、一杯で24gのたんぱく質が摂取できます。

 

Lake Avenue Nutrition ホエイプロテインの味は、まあまあ美味しい、といったところ。

薄いココアの味で、少し苦さがある気がします。(ステビアの苦さ?)

お湯で苦さは解消できたので、ぬるい水か牛乳に混ぜるのがおすすめです!

Lake Avenue Nutrition ホエイプロテイン1食分(34.5g)の成分はこちらです。↓

カロリー 140kcal
総脂質 2g
コレステロール 70mg
ナトリウム 110mg
総炭水化物 6g
たんぱく質 24g
カルシウム 155mg
鉄分 1.2mg
カリウム 234mg

iHerb紹介コード:AXI9770

iHerbで安く買う方法を見る>>>

 

iHerbで安く買う方法

アメリカ製のプロテインは、iHerbで買うほうがお得になります。

※iHerb(アイハーブ)とは、世界150カ国以上で利用できる「健康」をテーマとする通販サイト。創業から20年以上経ち、昔から多くのトレーニーが利用している。

 

そしてiHerbでは、紹介コードを使うと割引が適用されます!

日々価格変動しています。最安値を見つけるなら、Amazonなども確認したほうがいいかもです。

 

紹介コードを使う

iHerbで商品を購入するとき、紹介コード使うと5%オフになります。

初回利用もリピーターでも、5%オフです。

紹介コードは一人ひとりに割り当てられています。

ちなみにぼくのは「AXI9770」です。

もしよかったら使ってください!

 

購入画面に「紹介コードを使う」を使うという入力欄が表示されるので、「AXI9770」を入力すれば、完了です。

 

買ってよかったコスパ最強おすすめプロテイン10選まとめ

この記事は、「【2020年】コスパ最強おすすめプロテイン10選!【買ってよかった】」を書きました。

プロテインと言っても、たくさんの種類があったり、それぞれの特徴があります。

なので実際に試してみて、自分に合うものを探すといい感じ!

ぼくみたいに、ぜんぶ飲み比べても面白いかと思います。

くりたび
くりたび
良い筋トレライフを!

以上、「くりたび」でした。

製品名 種類 溶けやすさ 泡立ちのなさ 値段(1kgあたり) 販売元

ゴールドスタンダード

ゴールドスタンダードダブルリッチチョコレート味の購入レビュー
ホエイ
(WPI+WPC)
7,555円(3,328円) AmazoniHerb

エクスプロージョン

エクスプロージョン ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
5,476円(1,825円) Amazon

ボディウイング ホエイ

ボディウイング ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
2,190円 Amazon

マッスルファーム コンバット

ホエイ
(WPI+WPC)
6,375円(2,897) AmazoniHerb

オールマックス オールホエイクラシック

ALLMAX オールホエイクラシック レビュー
ホエイ
(WPC+WPI)
5,476円(2,412円) AmazoniHerb

GronG ホエイ100

GronG ホエイプロテインをレビュー
ホエイ
(WPC)
2,480円 Amazon

ニチガ GP800

ニチガ ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC)
1,890円 Amazon

ボディウイング 大豆

ボディウイング ソイプロテイン レビュー
ソイ 2,100円 Amazon

Dymatize ISO100

ホエイ
(WPI)
9,589円(4,224円) AmazoniHerb

Lake Avenue Nutrition

Lake Avenue Nutrition ホエイプロテイン レビュー
ホエイ
(WPC+WPI)
6,222円(2,740円) iHerb

※価格は執筆時のAmazonの情報を反映させています。