海外建築

ルイ・ヴィトン財団美術館に行ってきた【建築特徴、行き方、チケット購入方法など】

「ルイ・ヴィトン財団美術館ってどんな建物?」

「今度行ってみるから、アクセスが知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

フランスのパリには、ルイ・ヴィトン財団美術館があります。

貧乏バックパッカーなので、行くことに躊躇していました。ですが有名建築家が建てたと知って、実際に行ってみました。

実際に目で見てみたら「建築とはなんだろう」と改めて考えさせられました。

とにかく行ってよかったです!

そんな不思議なルイ・ヴィトン財団美術館の情報を、ここでまとめたいと思います。

僕が撮った写真とともに、行き方、入場料、開館時間などの情報と、建築情報をつらつらと書いていきます。

実際に行ってみたい方、行く機会のある方は、役に立つ記事となるでしょう!

 

ルイ・ヴィトン財団美術館とは?

 

まずはじめに、ルイ・ヴィトン財団美術館と、設計者の「フランク・O・ゲーリー」について簡単に説明します!

 

ルイ・ヴィトン財団美術館(Fondation Louis Vuitton)

ルイ・ヴィトン財団が運営する、11のギャラリースペースやコンサートホールを持つ、美術館です。

設計者は、世界的に有名なカナダ人建築家、「フランク・オーウェン・ゲーリー」。

パリ西部、ブローニュの森に位置し、現代アートや文化を広めることをコンセプトとしています。

 

建物をヨットや船に見立てていて、外観のガラスがブローニュの森に反射をして、自然に建物が溶け込むようになっています。

依頼主「アルベール・アルノー」氏の、個人コレクションを中心とする現代アートを主に展示しています。

素材は、ガラス、木、鉄骨、コンクリートを使用している、とても珍しい建築。

 

フランク・O・ゲーリー

引用:wiki

現在89歳、カナダ・トロント出身の建築家。

プリツカー賞受賞者です。(建築界のノーベル賞のようなもの)

脱構造主義(今までの構造という概念から離れること)を掲げています。

代表作は、ウォルト・ディズニー・コンサートホールや、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムなど。

関連記事:ヴィトラキャンパスに行ってきた【建築情報、行き方や入場料など】

 

住所:8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris, フランス

TEL:+33 1 40 69 96 00

アクセス:「Fondation L. Vuitton」駅、下車すぐ

ルイ・ヴィトン財団美術館のHPはこちら>>>

 

 

ルイ・ヴィトン財団美術館の開館時間、休館日

展示によって異なるので、しっかりと確認しておきましょう!

※2019年現在

2/20~6/17

月水木 11:00~20:00

金 11:00~21:00

土日 10:00~20:00

※チケットは閉館30分前までに購入可能です。

 

休館日:火曜日、1/1、5/1、12/25

>>>詳しくはこちら

 

Sponsored Links

ルイ・ヴィトン財団美術館の入場料金、チケット予約

一般:9ユーロ

学生:4ユーロ

チケット予約はこちら>>>

チケットは現地でも購入できます。僕は当日に現地で買いました。

 

ルイ・ヴィトン財団美術館までの行き方

シャトルバスで行く

100%電気で動いているシャトルバスで、凱旋門→ルイ・ヴィトン財団美術館まで行くことができます。

バス停は、凱旋門すぐそば(Avenue de Friedland)のメトロ入り口にあります。

料金は2ユーロ、時間間隔は20分。

注意:美術館入場チケットを提示しないと、このバスには乗れません。

もしも利用するならば、行く前にネットで入場券を購入しましょう。

 

メトロで行く

Line①の「Les Sablons」駅から徒歩20分です。

 

バスで行く(週末のみ)

Line244で「Fondation Louis Vuitton」駅まで行くことができます。

 

 

案外行きづらいですね。

僕は貧乏バックパッカーなので、歩きで行きました。笑

ブローニュの森を突き抜けましたが、相当気持ちが良かったです。ブローニュの森、パリの癒やしスポットです。

 

Sponsored Links

ルイ・ヴィトン財団美術館の内観、外観をご紹介します

ここからは僕が撮影した写真とともに、ご紹介していきます!

 

ルイヴィトン財団美術館をパリで見た

写りきらない全体です。とても大きい。

 

曲線ガラスが美しいです。

 

入り口です。屈強な警備員が立っていました。ここでチケットを購入します。

主な客層はお金を持っていそうな方たちでした。

そういうところでもない気がします。ルイ・ヴィトンの過去の製品が並んでいるわけでもありませんし。

誰にでも楽しめる場所でした。

 

エントランス。おしゃれなお土産を購入できます。

なんとフリーwifiが飛んでいました!これは嬉しい。

 

 

おしゃれです。背面はすべて鏡です。

 

 

地下には水が流れています。

 

視察をしているのような集団が多くいました。

 

 

2階からエントランスが見えます。すごい形ですね。

ところどころ、上の階や下の階がガラス越しで見えるので、今ドコにいるか不思議な感覚に陥ります。

 

階段がねじれています。これは面白い。

 

テラスに行ってみます。

 

 

 

梁に、鉄骨と木材が使われています。

「どっちかでよくない?」と思ってしまいましたが、とても珍しいので写真をバシャバシャとりました。

 

 

テラスからは、パリ中心部の景色が見渡せます。

エッフェル塔などもみえました!

 

模型です。とても複雑な形をしています。

今まで見てきた美術館は四角い箱型なのに、ここは未来の宇宙船のようです。

 

15000トンの鉄骨を使用して、46mの建物などなど。

依頼主は、昔からフランク・ゲーリーの作品に魅了されていた、と書かれていました。

 

設計前のスケッチですね。

頭にある膨大な知識と想像が、とても一枚の紙では表現できない、そのように感じます。それか面倒くさかったのか。

 

夜になっても美しいです。

 

隣には静かで落ち着く公園がありました。

ご老人が散歩していたり、おしゃべりの場としていたので、とてもリラックスのできる所でした。

 

まとめ:パリに行くなら、ルイ・ヴィトン財団美術館は行くべき

この目で見た時はとても興奮しました。

こんなものが作られている時代になったのかと。

建築の概念が変わっている、そんな時代の変わり目とも言える建築を、是非見ていただきたいです!

 

 

関連記事:【完全版】今までに行ったヨーロッパ建築まとめ

【完全版】今までに行ったヨーロッパ建築まとめ「海外の建築物をたくさん見てみたいな~」 「今度フランスで建築を見にいくから参考にしたい!」 こんにちは!くりです。 建築は芸...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。