海外建築

ラ・トゥーレット修道院に行ってわかった、行き方、宿泊、建築特徴などまとめ

「ラ・トゥーレット修道院のアクセスは?」

「営業時間や休館日は?」

 

こんにちは!くりです。

フランスには、ル・コルビュジエの作品が多く存在します。

世界的に有名なロンシャン礼拝堂やユニテ・ダビタシオンなどなど。

その中の一つでもある、ラ・トゥーレット修道院に実際に行ってきました。

その時に分かった、行き方、営業日、開館時間など役に立つ情報を、僕が撮影した写真とともにご紹介します!

実際にラ・トゥーレット修道院へ訪れる時に、役に立つでしょう!

 

ラ・トゥーレット修道院とは?

まずは、ラ・トゥーレット修道院と設計者のル・コルビュジエについて、簡単にご紹介します!

 

ラ・トゥーレット修道院

フランスのリヨン郊外、自然豊かな丘の上に建つ修道院です。

カトリックドミニコ会に依頼されて、1956年着工、1960年に竣工しました。

ル・コルビュジエの後期傑作として、世界の建築家に影響を及ぼします。

この建築は2016年に、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」として世界遺産に登録されました。

ロンシャン礼拝堂から約4年後に建てられています。

 

住所:Route de la Tourette, 69210 Éveux, フランス

TEL:+33 4 72 19 10 90

ラ・トゥーレット修道院のHPはこちら>>>

 

ル・コルビュジエ

出典:wikipedia

1887~1965年。

 

代表作品は、「ユニテ・ダビタシオン」や「ロンシャン礼拝堂」があります。

 

ラ・トゥーレット修道院の営業日、見学方法について

ラ・トゥーレット修道院は、ガイドツアーでしか中に入ることはできません!

そんなことを知る由もなく、僕は中に入ることはできませんでした。笑

 

ガイドツアーについて

日曜日=14:30のみ。

ツアーの定員は45人まで。

ツアー時間は1時間半。

 

ガイドツアーの料金

一般=8ユーロ

学生=5ユーロ

※1ユーロ=126円

 

ラ・トゥーレット修道院の宿泊について

ラ・トゥーレット修道院に宿泊するには事前予約が必要です。

予約サイトがないので、メールか電話で予約します。

 

シングルルーム(夜食、朝食付き)=54ユーロ

レセプションが18時に閉まるので、17:30までに到着しなければいけません。

>>詳しくはこちら

 

ラ・トゥーレット修道院への行き方(アクセス)

「ラ・トゥーレット修道院にまで、どうやっていったらいいかわからない」

という方のために、僕が使った代表的なアクセス方法をご紹介します!

 

1.フランス・リヨンに行こう

とりあえずフランスの第2の都市、リヨンに行きましょう!

リヨン駅から目的地の最寄り、「l’Arbresle」にアクセスできます。

 

パリから行くことを想定すると、

  • 電車TGVに乗り約2時間
  • バスなら高速バスで約6時間

です。

 

僕はユニテ・ダビタシオンを観たあとなので、マルセイユから行きました。

高速バスで約4時間でした。

関連記事:マルセイユのユニテ・ダビタシオンに宿泊した【行き方、場所、料金など】

 

2.電車でリヨン駅から「l’Arbresle」駅に行こう

雨上がりのリヨン

リヨンを一通り楽しんだら(リヨンはいい街、てかフランスが好き)、「l’Arbresle」駅を目指して電車に乗りましょう。

 

この機械でチケットを購入します。

 

実際のチケットです。

「l’Arbresle」駅まで料金は6.3ユーロ、約40分で到着します。

 

こんな電車に乗ります。

 

3.「l’Arbresle」駅からラ・トゥーレット修道院まで歩いていく

無事「l’Arbresle」駅についたら、まず食事を済ませておきましょう!ラ・トゥーレット修道院の周辺には何もありません。

空腹を満たしたら、「ラ・トゥーレット修道院はこちら→」という看板を見つけましょう。

 

こんな看板がいたるところにあります。

矢印通りに進むと、ラ・トゥーレット修道院にたどり着きます。

「この看板だけで大丈夫か?」と心配していましたが、全く迷うこともなく到着しました。

 

こんな上り道をずんずん登っていきます。

スーツケースや大きな荷物を持っていくことはお勧めしません。宿においてきましょう。

 

住宅道を通ったり、くねくねする道を抜けると、こんな風景が見えてきます。

フランスの田舎っていいですよね。

 

約40分歩くと、ラ・トゥーレット修道院の受付に到着です!

遠いですが、周りの景色を見ていると、あっという間に着きますよ。

 

4.ラ・トゥーレット修道院を見よう

ついに到着です。長い道のりでした。

 

ラ・トゥーレット修道院を写真で紹介します

これからは僕が撮った写真とともにご紹介します!

 

コルビジュエ建築、ラ・トゥーレット修道院に行ってきた

有名なアングルです。

傾斜で支えているコンクリートが、華奢に見えるのが凄いです。

 

 

 

このアングル好きです。これは背面なんですよね。

 

入り口です。

中に入れないのでぶらぶらしていたら、近くにいた女の子の学生が、職員に建物に関しての質問をしていました。

僕と同じように入れなかったので、インタビューしていたのでしょう。そんな根性はない僕は、熱心に写真をがんばりました。

 

 

受付?です。ロンシャン礼拝堂の壁と塗料が同じですね。

 

この入口のシンプルな形をしたコンクリートがなんとも言えません。

 

 

下に潜ってみます。

 

柱が細い!

 

 

中入りたかったです。

 

 

 

ラ・トゥーレットといえば、という写真です。

この鐘の部分を別の建物にするのは、丹下健三の「東京カテドラル聖マリア大聖堂」と似ています。

インスパイアされたのでしょう。

 

ラ・トゥーレット修道院から、自然を楽しめるルートが延びています。

お散歩にも適しています。

乗馬している人もいました。

 

奥に進むと自然が広がっています。

コルビュジエ作品は、丘の上にあるものが多いので、自然を楽しむことができますね。

 

まとめ:絶対ラ・トゥーレット修道院を見にいくべき

今回は2時間ほど滞在しました。

有名なラ・トゥーレット修道院を、この目で見れたことは貴重な体験となりました。

ぜひ、フランスやリヨンに行くことがある人は、ラ・トゥーレット修道院を見にいきましょう!

 

 

関連記事

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。