バルセロナにある日本人建築家の全6作品を巡ったのでまとめます【スペイン】

「バルセロナにある日本人建築が見たい!」

「ガウディ建築以外の知りたいな」

 

こんにちは!くりです。

昨年2018年の秋に、バルセロナに訪れました。

やはり有名なのはガウディ建築、サグラダファミリアですね。そのまえには沢山の人で溢れていました。

しかし!バルセロナには日本人が設計した建築も多いのです。

建築に興味のある方は、ガウディもいいですが、日本人が設計した建物も見てみることをおすすめします。

今回はぼくの撮影した写真とともに、バルセロナにある日本人建築家が設計した建物をご紹介します!

これからバルセロナに観光に行く建築好きの方にぴったりな記事になっています。

 

バルセロナにある日本人建築家の全6作品をご紹介

これからぼくが撮影した写真とともにバルセロナにある日本人建築を紹介します!

 

1.パラウ・サン・ジョルディ(磯崎新)

1990年竣工、設計者:磯崎新。

バルセロナオリンピックを機に建てられたオリンピックスタジアムです。

設計はなんと磯崎新さん。今年のプリツカー賞(建築界のノーベル賞)を受賞したお方です。

このドームはパンタ・ドーム工法で建てられています。

※パンタ・ドーム工法とは、電車の上にあるパンタグラフのように、屋根をジャッキで持ち上げる工法のこと。

この工法で建てられたのは世界で3つ目だったので、世界に日本の建築技術を見せた証でもあります!

 

屋根部分も結構面白くて、なんと瓦でできているんですよ!さらに頂部の点々が、大仏のあたまのようですね。バルセロナにある建物ですが、しっかりと日本古来の特徴を出しています。

というか日本人が外国のオリンピックスタジアムを担当するってスゴイですね!

残念ながら中には入れませんでした…。

 

住所:Passeig Olímpic, 5-7, 08038 Barcelona, スペイン

公式HP>>>

 

2.カイシャ・フォーラムのエントランス部分(磯崎新)

2002年竣工、設計者:磯崎新。

こちらも磯崎作品。カイシャ・フォーラムという美術館のエントランス部分です。

スペイン国内第3位の規模を誇る、ラカイシャが所有している美術館のエントランスを、磯崎新さんが改装しました。

ぶっちゃけ見ても「おーなるほど」と言うしかないです。でもパラウ・サン・ジョルディの近くにあるので、ついでに寄ってみてください。

 

住所:Av. Francesc Ferrer i Guàrdia, 6-8, 08038 Barcelona, スペイン

 

3.スイーツアベニューホテル(伊東豊雄)

 

2009年改修、設計者:伊東豊雄。

バルセロナの最も賑わいのあるグラシア通りにあるホテルです。伊東豊雄さんがファサード(白い層)をデザインしました。

プリツカー賞を受賞された伊東豊雄ですが、とてもガウディに受けているそう。なのでこの白いファサードも、斜め前にあるカサ・ミラを意識されています。

ここはホテルなので泊まることもできます!部屋の中からファサード越しで、バルセロナの風景が見えるので面白いです。

興味がある方は下からどうぞ!

» エクスペディアから「スイーツアベニューホテル」を検索する

» Agodaから「スイーツアベニューホテル」を検索する

 

住所:Passeig de Gràcia, 83, 08008 Barcelona, スペイン

 

4.トーレス・ポルタ・フィラ(伊東豊雄)

 

2010年竣工、設計者:伊東豊雄。

こちらも伊藤建築、ホテルとオフィスビルです。Emporis Skyscraper Award 2010を受賞しました。

赤い部分は細いパイプが何本も連なっていました。近くでみると赤い細い棒の集合体だとわかります。

曇っていてわかりにくいのですが本当に真っ赤。すごく個性的ですね。住民の反発が起こりそうな気もしますが、派手なガウディ建築に慣れているので、気にならないのでしょうか。

ここも泊まることができます!立地のおかげか先程のホテルより安いです。

» エクスペディアから「ポルタ・フィラホテル」を検索する

» Agodaから「ポルタ・フィラホテル」を検索する

 

住所:Plaça d’Europa, 45, 08908 L’Hospitalet de Llobregat, Barcelona, スペイン

 

5.バルセロナ見本市会場 (伊東豊雄)

 

またまた伊東豊雄作品。おもしろい形。

ポルタ・フィラの目の前にあります。今ではイベントや会議が催されているそうです。

ぼくが行ったときは、スーツを着た人がたくさん集まっていました。なにかの会議かな?

 

住所:Av. Joan Carles I, 64, 08908 L’Hospitalet de Llobregat, Barcelona, スペイン

 

6.カンペール ‹パセオ・デ・グラシア店›(隈研吾)

出典:建築家 隈研吾氏が手掛けた CAMPERショップ がオープン

2019年改修、設計者:隈研吾。

今年にできたのでぼくは行っていませんが、ご紹介します。

スペインの靴ブランド・カンペールの内装を、隈研吾さんがデザインしたものです。

まーおしゃれ。隈研吾さんはブランドの内装をよく手がけますね。プリツカー賞の受賞も近いのではないでしょうか。

 

住所:Passeig de Gràcia, 100, 08008 Barcelona

 

まとめ:ガウディ建築もいいですが、日本人の建築もあるので巡ってみましょう!

スペイン・バルセロナにある日本人建築をご紹介しました。

ガウディ建築もいいですが、せっかくなら日本人の活躍を見てみましょう!

 

関連記事

【マップ付き】バルセロナのガウディ建築、全9作品を巡ったので紹介します!