ヨーロッパ旅

ヨーロッパ横断のメリット・デメリットを書いていく!【経験者】

「ヨーロッパ横断がしてみたい!」

「欧州横断とか大変そうだし、実際できるのかな?」

 

こんにちは!くりです。

2017年の夏、ぼくはヨーロッパ横断をしました!

大きなバックパックを背負い、イギリス・ロンドンに降り立ちます。

 

そこから、ベルギーのブリュッセルでムール貝を食べたり、チェコに寄ったり、ポーランドでアウシュヴィッツを見ました。

移動はすべてバスです。1ヶ月かけてヨーロッパの端から端までの旅。

最後は、バルト3国のリトアニアから日本へ帰国しました。

 

ぼくがヨーロッパ横断で、訪問した国はこんな感じです。

  • イギリス
  • ベルギー
  • オランダ
  • ドイツ
  • チェコ
  • ポーランド
  • ウクライナ
  • リトアニア

 

ヨーロッパ横断をしたぼくが、メリット・デメリットを真剣にご紹介します。

ちなみに、

  • 1カ国のみの旅行
  • ヨーロッパ横断
  • ヨーロッパ周遊

もしたことがあるので、比較しながら書きます!

 

この記事は、「ヨーロッパ横断のメリット・デメリットを書いていく!【経験者】」を書いていきます。

 

ヨーロッパ横断のメリット

1.多くの国に訪問できる

ヨーロッパ横断の良さは、やはり多くの国に行けること!

日本という島国から抜け出すには、どうしても飛行機に乗らなければいけません。

なので、その旅にお金がかかってしまいます。

 

ヨーロッパまで行く人は、「せっかくだから、色々な国に行きたい!」と思いではないですか。

ぼくもそんな思いで、ヨーロッパ横断を企てました。

 

ヨーロッパ横断といっても、自分でルートを決めることができます。

一番手っ取り早いのは、行きたい観光地を決めて、それを線で結ぶこと。

 

  • フランス・パリでフランスパンを食べる
  • 水の都、ヴェネチアに行く
  • スペインでサクラダファミリアを見る
  • ベルギーでワッフルを食べる

なんて想像をして、ルートを決めます。

 

とは言うものの、ぼくは航空券の安さで選びました。笑

日本→ロンドン、リトアニア→日本が、日程的に一番安かったんです。

 

2.その国の雰囲気を比較できる

ヨーロッパ横断は、色んな国をめぐることになります。

そしてその時に、国の雰囲気を比較できます!

 

たとえば、ヨーロッパの西と東でかなり違います。

東にあるロンドンは、かなり洗練された町並みでした。

 

それに比べ、リトアニアはまだ素朴さが残っている感じ。

 

スタイリッシュな街並みや自然な街、どちらとも良さはあります。

それらを比べながらヨーロッパを巡るのは、単純に面白いです。

 

3.物価の違いを体感できる

たくさんの国に行くと物価の違いが、明確にわかります。

たとえばロンドンでは、コーラ500mlが約250円でした。

対象的に、ウクライナでは250円で宿に泊まれます。

 

日本に住んでいるだけでは、他国の物価は想像できても、理解はできないところ

なので、実際に行ってみると、国ごとにお金の価値が変わることに気づけます。

 

4.箔がつく

ヨーロッパ横断をすると、箔が付きます!

 

「パリに旅行してきた」より、

「ヨーロッパ横断をしてきた」のほうが、話が膨らむ気がします。

実際、そんなことをいう時なんて無いのですが笑。

 

あと、旅行した国の数も多くできますね。

ぼくは別に訪問国の数は、どうでもいいと思っていますが、人から結構聞かれます

日本人はわかりやすい数字に弱いので、多いほうが驚いてくれるかも。

 

ヨーロッパ横断のデメリット

1.お金と時間がかかる

ヨーロッパ横断は、時間とお金がかかります

 

ぼくは1ヶ月で、全てで約17万円かかりました。

でもこれはかなり安い方です。野宿とかしていたので。

 

普通の人だったら、30万円くらい用意したほうがいいのかも。

節約しながら旅をして、お金がつきそうになったら帰国チケットを買う、というのも面白いですね。

関連記事:実際、ヨーロッパ旅行の費用はいくらなの?【3回行ってきた】

 

2.深いことは分からない

色々な国を短期間でめぐるので、その国のことがわかりません。

 

ぼくはアイルランド旅行をしたことがあります。2週間で一周をする旅でした。

そこで、アイルランドについて沢山のことを学びました。

歴史や言語、雰囲気、観光地など。

でもたった2週間なので、そこまで詳しいわけではありません。

 

そこでヨーロッパ横断の時に訪れたベルギーなら、せいぜい首都はブリュッセル、あと美食の国ということしか分かりませんでした。

ベルギーの人はどんな性格なのか、言語はなにか(3つくらいある)、ブリュッセル以外の観光地はどこか。

あまり知ることはできませんでしたね。

 

ヨーロッパ横断は、色んな意味で浅く広くです。

それがいいのか悪いのか、人によると思います。

 

3.疲れる

あと最後に、ヨーロッパ横断は疲れます。

ぼくはいつもバス移動をしていました。

 

観光して、宿に泊まって、バスで移動、新しい街に到着、これを繰り返します。

本当に休まる時は、ありません。

 

とはいえ、海外で休める場所なんて無いと思いますが。

宅は本当に落ち着ける唯一の場所、ということを発見できます。

 

Sponsored Links

まとめ:ヨーロッパ横断は面白いよ!

この記事は、「ヨーロッパ横断のメリット・デメリットを書いていく!【経験者】」を書きました。

ヨーロッパ横断のメリット・デメリットを上げてみました!

しっかりデメリットを書きましたが、決してネガティブ意見ではありません。

これも受け入れて本当の楽しさ、ということが伝われば幸いです。

くりたび
くりたび
いい旅を!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。