観光地

初めてヨーロッパに旅行するならパリ一択です【20カ国観光したぼくがおすすめ】

「今度ヨーロッパへ旅行に行きたいんだけど、どの国に行こう?」

「初めてのヨーロッパでおすすめが知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

僕はヨーロッパが好きすぎるあまり、3年連続で旅行でヨーロッパに行きました

そして多くの国を、バックパッカーとして旅しました。

 

ヨーロッパを20カ国旅した僕がハマったのは「パリ」です。

割とベタかもしれませんが、初めてのヨーロッパへ旅行する人にはパリをおすすめしたいです!

この記事は、

  • 初めてのヨーロッパはどこに行こう?
  • ヨーロッパに旅行に行くけどどこに観光地に行こうかな?
  • パリってどんな場所なの?

と悩んでいる方へ向けて書いています。

ぜひ次の旅行の参考にしてみてください!

 

当時の世界一周日記↓↓

 

フランス・パリとは?

パリはフランスの最大都市であり、ロンドン、ニューヨーク、東京などと肩を並べる世界都市です。

パリの市域は山手線より一回り大きい面積(86.99m*2)になっています。

有名な観光スポットでは、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館などがあります。

あと映画「アメリ」のロケ地でもあります!

 

 

ヨーロッパ旅行におすすめのパリの魅力3つ

ここからはぼくが実際に行ってわかった、パリの魅力を紹介していきます!

 

パリの魅力①、いるだけで非日常を味わえる

パリはおしゃれすぎます

こう言うと笑われることもありますが本気でこう思っています。

特にパリに憧れている人間だったかと聞かれると、そうではありません。

「え?パリ?あーヨーロッパにあるやつね」くらいの認識でした。

しかし実際にパリの街を歩いていると、たとえもしその時にどんなに気分が落ちていても、心がワクワクしてします。

 

街並みがおしゃれで、中心にライン川が流れていて、近くにある森はほんの題材になりそうなところで、どこでも素敵なストーリーが始まり、そして終わる。

そんなイメージを膨らませてくれます。

 

とくにライン川が好きです。

はしゃぐ子供たち、芝生で寝転がるカップル、木陰で小説を読む婦人、仲良く散歩する老夫婦、どこを切り取っても絵になります。

ライン川を眺められるカフェで、朝クロワッサンを食べながらコーヒーを飲んだりしたら最高のひとときになること間違いなしです。

今までの経験上、いるだけで非日常を味わえるのはパリだけだと思います。

 

パリの魅力②、パンがうますぎる

フランス人はフランスパンを片手によく歩いています。ベタすぎてウケますね。

そんな感じでパンを愛しているフランス人は、世界一のパンをつくります。

適当に入ったカフェで、できたてのクロワッサンを食べました。

美味しすぎて今までのクロワッサンを疑いました

そして貧乏旅なので、スーパーに売っている食パンをよく食べていたのですが、桁違いにクオリティが高かったです。

「食パンってこんなうまいの?」と食べるたびに感動していました。

日本で米が美味しいように、フランスではパンが美味いです

ぜひ味わってみてください。

 

パリの魅力③、沢山の歴史的建築物がある

パリは建築の街でもあります。

エッフェル塔、ポンピドゥー・センター、アラブ世界研究所、ラ・ロッシュ邸など沢山の有名建築があります。

もし建築に興味ないのなら

  • エッフェル塔
  • ポンピドゥー・センター

だけでも抑えればいいと思います。

 

僕はエッフェル塔が大好きです。

以前までただの東京タワーみたいなものかと思っていました。

ですが、間近でエッフェル塔を見ると構造の繊細さに感動して涙が出そうになります。

本当にかっこいいです

 

パリの悪いところもご紹介します

魅力的なパリですが、悪い部分もあります。

ここで紹介します。

 

①治安が悪い

多くの移民がパリに流れ着いています。

街中には普通に沢山のテントが張っていますし、駅前には移民の黒人がたくさんいます。

特にスリに注意してください

パリの地下鉄では日本語で「スリにお気をつけください」と流れています。日本人が標的になりやすいです。

軽犯罪が多く、重犯罪はあまり起こりません。

ですが日本とは確実にレベルが違うので気を引き締めていきましょう

 

②物価が高い

ここですね。物価がとにかく高いです。

マクドナルドのセットは1000円、スタバのブラックは430円、宿のドミトリーでも3000円以上はします。

僕はパリで食パンを主に食べて、野宿して、電車は使わずに歩き回りました。

もちろん貧乏バックパッカーではないと思うので、しっかりとお金をためてから行くのが良いでしょう。

関連記事:【バックパッカー直伝】ヨーロッパ旅行の費用をとっても安く方法【物価の安い国】

 

③街が汚れている

フランス人はポイ捨てを余裕でします。

日本にはありませんが、ヨーロッパにはゴミ箱が沢山あります。なのに街が汚いです。

特にセーヌ川は夜行かないほうがいいです。気分悪くなるので。

 

まとめ:魅力たっぷりのパリをおすすめしたい

パリの魅力は伝わりましたか?

少し悪いところもありますが、それを数段上回る魅力を持つ街だと思います。

簡単にまとめると、

日本では見れないおしゃれな街並みで、非日常を味わいながら美味しいパンを食べれます。

ぜひ次の旅先にパリをご検討ください。

 

関連記事

世界一周に向いていない人がもつ特徴5つを、途中挫折者が挙げてみる

ヨーロッパ旅行の費用をとても安くする方法を教えます

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。