ヨーロッパ旅

学生一人旅でヨーロッパ周遊をしてきた!【期間、ルート、注意点などまとめ】

「大学生だけど、ヨーロッパ周遊がしたいな」

「ヨーロッパ周遊の注意点を知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

ぼくは大学3年生の夏、ヨーロッパ周遊を計画しました。

そのときに、

くりたび
くりたび
ヨーロッパ周遊とか未知すぎる…。

と、悩んでいました。

 

そこで!過去のぼくのような方に向けて、ヨーロッパ周遊の体験談を書いていきます。

ヨーロッパ周遊してみたい!いまは情報を集める!

 

という方に、ぴったりの記事になっています。

 

※筆者は25カ国の旅行経験があります。この背景をもとに「学生一人旅でヨーロッパ周遊をしてきた!【計画、ルート、費用などまとめ】」を書いていきます。

 

ヨーロッパ周遊の詳細

ぼくがヨーロッパ周遊をしたときの、詳しい情報を書いていきます!

 

1.期間

2018年の夏に出発して、65日間旅をして日本に帰ってきました。

なので、約2ヶ月間のヨーロッパ周遊です。

 

でも、じつは、1年かけて世界一周をするつもりでした。

ヨーロッパスタートで地球を一周するつもりが、途中で飽きてしまい、2ヶ月のヨーロッパ周遊のみで終わりました。

くりたび
くりたび
わざわざ大学を休学したんですけどね…。

でも、後悔してませんし、あそこで切り上げてよかったと思うくらいな感じです。

 

2.ルート

ヨーロッパ周遊は、デンマークのコペンハーゲンが1カ国目で、最後はパリから帰りました。

 

訪れた国を、書き出してみます。

日本→デンマーク→ドイツ→フランス→スイス→イタリア→スロベニア→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→アルバニア→ギリシャ→イタリア→スペイン→フランス→日本

ヨーロッパ周遊で、計12カ国に行きました。

 

旅行中、「Maps.me」というアプリで、訪問国にピンを打ってました。

記録にも残るのでオススメですよ。(google mapでもおk)

関連記事:バックパッカーが入れたい、便利アプリ7選!【厳選しました】

 

3.費用(予算)

ヨーロッパ周遊で、実際にかかったお金は約30万円でした。

予算は40万円だったので、日本に戻ってからも少しお金が残りました。

 

その30万円の詳細は…、すみません、記録してないのでわかりません。

くりたび
くりたび
100円単位で記録してるブロガーさんすごすぎです

 

航空券は行きと帰りで約10万円だったので、約20万円で2ヶ月を過ごした感じです。

20万÷60日=約3,300円

一日3300円で過ごしてました。もちろん、宿代、食事、移動代込みです。

パリの宿だけで3000円はすると思うんですけどね…。

 

なぜこんな安くなっているかというと、徹底的に節約していたからです。

宿に泊まらずに公園のベンチで寝る、いつも食パンをかじる、洗濯は手洗い、などを続けていました。

 

狂った人間にしかできない(!)ことなので、参考にならないですよね…。

でも、一日6000円あれば、バックパッカーはできると思います。

普通のヨーロッパ旅行なら、一日1万円とかですね。

 

4.持ち物

持ち物を書いていると長くなるので、こちらの記事にまとめています。

関連記事:【保存版】大学生バックパッカー持ち物リスト24選!【荷物はこれだけでOK】

 

ただ、

  • パスポート
  • クレジットカード
  • スマホ

があれば、どこでも生きていけます。

 

5.移動手段

ヨーロッパ周遊は、ほぼバス移動でした。

ヨーロッパで長距離移動をする時、この緑色のフリックスバスをおすすめします。

安い、広い、wifiありと、快適なバスでした。

野宿が続いていた時は、フリックスバスの中が唯一の落ち着く空間。←

 

あと長距離バスは、思わぬ絶景を見れる可能性も。

走るバスの中から見た、ボスニア・ヘルツェゴビナにある山脈は、壮大過ぎました。思わず口が開きっぱなしに。

 

6.おすすめの観光地

ぼくがおすすめするのは、ギリシャのパルテノン神殿、

 

スペインのサクラダファミリア、

 

パリのエッフェル塔が最高でした。

ヨーロッパの建物は、歴史が深く、修繕も繰り返されているので、なんか深みがある気がします。(浅い)

 

ヨーロッパ周遊の注意点

1.お金がないと楽しめない

ヨーロッパ周遊をして気づいたのですが、ヨーロッパはお金がないと楽しめないと思います。

先程も書きましたが、かなり節約しながら旅をしていました。

 

お金を使わない旅を続けていると、「自分には価値がない」と思えてきます。

くりたび
くりたび
旅を続けるほど、精神は追い込まれていました!笑

 

なので、食事を楽しめるくらいのお金は用意したほうがいいです。

イタリアのパスタやワイン、スペインのパエリア、ベルギーのムール貝など、その国の名産は必ずあります。

食事を楽しめると、旅を楽しめると思いますね。

 

2.航空券は片道だけ

日本で買う航空券は、片道だけにしましょう!

なぜなら、いつ帰るかわからないから。

 

ぼくは帰りたい時に、帰ったほうがいいと思っています。

経験上、ダラダラと続ける旅なんて、意味ないです。

 

ヨーロッパ周遊中に、

  • 計算ミスでお金が尽きた!
  • もうつまらないから帰りたい

など、思うかもしれません。

そんな時に、すぐに航空券を買って、日本へ帰国しましょう。(ネットがあれば現地で航空券を買えます)

 

ヨーロッパ旅行は、期間が長いと飽きます。

ぼくだけの意見ではなく、同意見の友達が2人もいるので、たぶん合ってます。

 

でも、楽しんです。なぜか、毎年ヨーロッパに行ってしまいます。

ぼくは3年連続でヨーロッパに行ってますので、それほどの魅力があるのだと。

 

3.海外旅行保険に入る

ヨーロッパ周遊は、海外旅行保険が必要です。

向こうでケガをしたり、病気になったりしたら大変です。

海外で治療するのは、数十万~数百万円かかるので、海外旅行保険が必要です。

 

海外旅行保険は、ふつう有料。

しかし、クレジットカードがあれば、無料で入ることができます。

詳しくは、【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要ですで解説します。参考になると思います!

 

Sponsored Links

ヨーロッパ周遊まとめ

この記事は、「学生一人旅でヨーロッパ周遊をしてきた!【期間、ルート、注意点などまとめ】」を書きました。

ヨーロッパ周遊は、とても楽しかったです。

色々な絶景を見て、出会いもあって、トラブルに合ったり、すべて思い出です。

くりたび
くりたび
さあ、旅に出ましょう!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。