観光地

【リトアニア】十字架の丘に行ってわかった、行き方、歴史、画像などまとめ

「シャウレイにある十字架の丘はどうやって行くんだろう?」

「たくさんの画像が見たい!」

 

こんにちは!くりです。

僕は2017年の夏、バックパッカーとしてヨーロッパ横断をしていました。

旅先でのアクシデントを乗り越え、最後の国、リトアニアにたどり着きました。

ヨーロッパに観光でくる人はリトアニアを飛ばしがちですが、この国、実は結構見どころがあります。

その中でもひときわ目を引くのは「十字架の丘」です。

僕もその壮大さに驚きました。

 

そこで今回は、実際に行ってみて分かった、十字架の丘へのアクセス、歴史などを、僕が撮った写真とともにご紹介します!

リトアニアが好きな僕が魅力を語ります。今度行ってみたいという方にはピッタリの記事です!

 

十字架の丘とは?(歴史)

まずは、リトアニア・シャウレイにある十字架の丘をご紹介します!

 

十字架の丘

リトアニアの観光名所となりつつある十字架の丘ですが、そこには古い歴史に関係しています。

十字架の丘に初めて十字架が立てられたのは、1831年、ロシアに対して反乱を起こした後だと言われています。

十字架を立てた理由は、ロシアに処刑された人々や、そしてシベリアへ島流しされたリトアニア人に対する、追悼の意を込めた行動になります。

一度ロシア軍に回収されてしまいましたが、それでも十字架を手向け続けました。今では5万以上もの十字架があり、日々増え続けています。

そして2008年、「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」として、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

 

十字架の丘への行き方(アクセス)

ここからは実際に僕が使った十字架の丘へのルートを書いていきます!

 

1.シャウレイに行こう!

十字架の丘はシャウレイという街にあります。なのでまずシャウレイまで行きましょう。

リトアニア内はこの赤い電車が便利です。

安くて、キレイで、wifiもトイレもあります。リトアニアを移動するならこの電車がおすすめ。

「リトアニアの街はあまり整備されていないのに、なんでこんな電車はキレイなんだろう?」

と思っていたら、この電車はEUがお金を出したらしいです。納得。

 

シャウレイです。特に何かあるわけでもありません。

3~4件のカフェを巡りましたが、wifiのあるところは一つもありませんでした!

観光客も来るので、もうちょっと整備してほしいですね。

ちなみにwifiを使いたいなら、バスターミナル内にあるバーガーキングに行きましょう。僕もそこで時間を潰していました。

 

シャウレイにはこんな湖があります。地元の方たちがお散歩を楽しんでいました。住みやすそうです。

貧乏バックパッカーの僕は、このすべり台の上で野宿しました。笑

いや雨降ってたんですよ。足はずぶ濡れになりました。

 

2.「ドマンタイ」行きのバスに乗ろう!

そしてシャウレイのバスターミナルに行きます。

 

 

この地元の人が利用するようなバスに乗りましょう。

乗る時に「ドマンタイ?」と聞くと、うなずいてくれます。

そして到着すると、「ドマンタイ!!」と運転手さんが叫んでくれます。

ここで聞いておけば、間違えることはないでしょう。

 

時刻表は以下の通りです。(2019年現在)

「シャウレイ」→「ドマンタイ」の時刻表

6:25, 7:25 (no Sunday), 8:20 (Only on Sunday) 8:25 (Monday-Friday), 9:00 (no Sunday),10:25, 11:00, 12:15, 13:10, 13:50 14:45, 15:40, 17:30, 18:00,  20:30.

 

「ドマンタイ」→「シャウレイ」の時刻表

7:33 (no Sunday), 8:07, 8:11,  9:32 (no Sunday), 10:43, 11:47, 12:12, 13:03, 14:03, 15:02, 16:22, 17:27, 18:20, 20:15.

 

3.「ドマンタイ」から十字架の丘まで歩こう

僕が降りたら、二人の日本人がつづいて降りました。日本人多っ!

リトアニアに旅をする日本人、結構多いです。これから人気になるのでしょうか。

 

ドマンタイで降りたらこんな風景です。ここから十字架の丘は見えません。

ここで左手に曲がります。

 

こんな道を真っ直ぐ行くと着きます。

さっきの日本人と仲良くなり、お互いの旅の話をしながら行きました。

 

4.十字架の丘に到着!!

ドマンタイから25分ほど歩くと、十字架の丘に到着です。じっくりとその神秘的な遺産を感じましょう。

 

 

十字架の丘を写真とともに紹介します

これから十字架の丘を僕が撮影した写真とともにご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ:リトアニアにある「十字架の丘」は、実際に見るべき遺産である

リトアニアの十字架の丘をご紹介しました。

この神秘的でリトアニア人の思いが詰まっている遺産は、実際に見て体験しないと、その思いは感じ取れないと思います。

なので十字架の丘に行ってみましょう!オススメです。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。