【超厳しい】イギリスの入国審査でされた質問と答えを全て書いていく。

 

イギリスに観光やワーホリで行く人がまず心配することは、入国審査だと思います。

イギリスの入国審査は世界一厳しいと言われています。

実際に手こずってしまい、日本人でも入国できずに強制帰国した方もちらほらいるようです。

 

2018年の夏、僕は観光でロンドン・ヒースロー空港で入国したのですが審査の厳しさに驚きました。

ここでの経験をシェアしようと思います。最後に入国審査に必ず通るコツも書いておきます。

 

 

なぜイギリス入国は厳しいのか。

 

イギリスの通貨は世界の中でもとても価値が高いので、他国民が違法労働(出稼ぎ)や永住を狙って来ることが多いです。その他国民が事件や事故を起こす事が多くなりました。

なのでイギリスは信頼できる人間しか入れたくない、ということで入国審査で少しでも怪しい人を弾くようになりました。

あとはヨーロッパでテロが流行っているので、その対策でもあります。

 

実際にロンドンにいたとき、沢山の異国人を見た気がします。僕はヨーロッパの十カ国以上行った事がありますが、一番アフリカ系や中東系の人たちが多い印象でした。

別に差別とかではなく、やはり文化の違う人間が多いと比例して衝突も増えます。そのためにイギリスは嫌がっているのでしょう。

 

入国審査のされた質問と答え

 

実際に僕が受けた質問と返しを書いていきます。

 

まずは僕のスペック

  • 21歳の大学生バックパッカー
  • 中学生英語以下の英会話力
  • 初めてのイギリス
  • パスポートのスタンプは6つほど
  • 目的は観光
  • 野宿グッズを持参←

 

 

僕の担当は20代半ばの金髪の女性でした。となりのマッチョメンじゃなくてよかった…と安心しました。

 

 

なんでイギリスにきたの?

観光をしにきました。

 

どのくらい滞在するの?

4日です。

 

イギリスのどこに観光で行くの?

バッキンガム宮殿やナショナル・ギャラリーに行こうと思ってます。

 

宿は決まってるの?

朝に着くと知っていたのでインフォメーションで決めようと思います。(本当は野宿ですが)

 

所持金は?

200ユーロです。

 

クレジットカードの上限は?

答えましたが、質問と回答が合わないのか英語が伝わらないようでした。ただお姉さんを困り顔にさせました。

 

預金通帳にはいくら?

20万なんだけど英語で何ていうんだっけタハハ(日本語)、と言ったらスッと無言で紙とペンをくれました。やだかっこいい。

 

親からお金は貰った?

借りました。

 

親の職業は?

定年退職をしたので仕事はしていません。

 

あなたの職業は?

学生です、それとバイトをしています。

 

何のバイト?

中学生に英語や数学を教えています。

 

イギリスで4日間過ごしたあとは?

バスでブリュッセルに行きます。

そしてあらかじめチケットを印刷したものを見せました。

 

ブリュッセルの次は?

エストニアまで行き、飛行機に乗ります。

ここでもチケットを要求されました。

実際はエストニアではなくリトアニアからの飛行機(知識不足)で痛恨のミスをするがお咎めはありませんでした。

 

イギリスには何度目?

1回目です。

 

 

ペラペラ、バンバン、、オーケー!バイバイ

な、長い

 

片言英語で常にテンパりながら答えていました。

お姉さんは常に真顔(怖い)で、僕は笑顔で答えていました。英語が堪能な方は5分位で終えていましたが、このときは15分位かかりました。

ただお姉さんのバイバイの笑顔で癒されたので許します(何を!?)。

 

 

入国審査のコツのまとめ

 

清潔感をしっかりしておく事。

 

入国審査官は、就活や転職活動の時に出会う面接官だと思った方がいいです。入社希望の人間の髪がボサボサだったり、洋服がよれていたりしたら信用できません。

それと同じで、僕は飛行機の中で無精髭を剃ったり、襟付きの長袖シャツにわざわざ着替えました。

長期フライトで疲れていると思いますが、そこだけはシャキッとした方が確実です。

入国に手こずってしまうのはバックパッカーが多いようです。無職でスタンプが多く、見た目が旅人な人は要注意です。

 

出国のチケットを買っておく

 

入国審査で「出国のチケットは持ってません、これから買います」と言うと相当疑われます。
必ず先に買っておきましょう。

 

チケット類は見せれるように準備しておく

 

出国などのチケットを必ず見せることになるので、紙に印刷しておきましょう。

スマホのpdfで見せてもいいと思いますが、充電が切れてしまったらと考えた小心者の僕は紙で持っていきました。

 

入国してからの自分の行動を予習しておく。

 

目的があやふやな人に、検査官が反応してしまいます。なので自分が泊まるところや観光地を把握しておきましょう。

 

僕は飛行機の中でロンリープラネットを読んで、観光地を予習していました。

ロンプラは海外で売られている地球の歩き方のようなもので、英語の勉強に最適です。興味ある本を英語で読むことで英語力をつけることができます。

本で買うと3000円もしますが、amazon prime会員になれば無料で読む事ができます

僕は飛行機の中でiphoneで読んでました。

一ヶ月間無料体験ができるので、登録してロンプラを読んで、満足したら無料の内に解除することもできます。

amazon prime会員の登録はこちらからどうぞ

 

 

まとめ

 

脅すようなことを書きましたが、ただの観光なら普通に入国できます。

しかし準備はしっかりとしておきましょう。