旅ノウハウ

ヨーロッパへの航空券を買うおすすめの方法、過去の相場、安い時期などまとめ

「ついにヨーロッパ旅行だ!航空券はどうやって買おう?」

「とにかく安くヨーロッパに行きたいよ…」

 

こんにちは!くりです。

ヨーロッパに行くときに必要になるのは、ずばり航空券ですね。

しかし初めてのヨーロッパ旅行ならば、航空券は買い方が分かりにくく、購入するときの注意点も知らないかもしれません。

そこで今回は、ヨーロッパへの航空券の買い方、注意点、僕が購入した実際の値段の相場など、書き記していきます。

 

ぼくは今まで、

  • アイルランドを一周
  • ヨーロッパ横断
  • ヨーロッパ周遊
  • アジア、アメリカ、中米に旅行経験あり

計25カ国以上を旅行したことがあります。

この背景を元に、航空券の購入について紹介します。

ヨーロッパ以外にも、海外に行くときに役に立ちますよ!

 

ヨーロッパへの航空券が安い時期

結論から言うと、ヨーロッパへの航空券が安い時期は「夏以外の期間」です。

みんな長期休暇で購入する人が多く、取り合いになるためですね。

さらにヨーロッパの主要国だと、夏は観光に適した気温だからです。冬のヨーロッパは寒いし、曇りが多いですからね~。

 

論より証拠というとこで、実際の値段を比較してみます。

エールフランス航空の直行便で、「成田ーフランス・パリ」の往復で以下の値段です。

・春(4~6月):約123,400円

・夏(7~9月):約151,660円

・秋(10~12月):約119,200円

・冬(1~3月):約118,400円

 

やはり夏休みはどうしても高くなってしまいますね。

そしてGW、お盆、年末年始はさらに高額になります。

 

季節を無視しても安く買いたいのなら、冬など旅行シーズンを外して購入することをおすすめします!

 

ヨーロッパへの航空券を購入する方法3選

ここからはヨーロッパへの航空券を購入する方法をご紹介します。

正直言うと、購入する手段は沢山あります。でも海外サイトで購入する、なんて言い出したらきりがないので、抑えておくべき3つの方法だけ書いています。

僕が毎回お世話になっているサイトも載せています。

 

1.大手ツアー会社

はじめはツアー会社ですね。大手の会社なら「JTB」「H.I.S」があります。

大手のツアー会社で購入するメリットは、

  • 窓口があるので相談できる
  • 安全・安心が保証されている

ですね。

 

そしてデメリットは、

  • 旅行が高く付く

といったところでしょう。

時間をお金で買う、というのがツアーで申し込む利点であります!

学生の僕にはできない選択肢です。

>>>JTBで航空券を検索する

>>>HISで航空券を検索する

 

2.サプライス!

 

お次は「サプライス!」です。

聞いたことのないサイトだと思いますが、大手旅行会社のH.I.Sが運営しています。

「サプライス!」の名前の由来は、旅の値段に驚きを与えたいというものです。

その名前通り、本当に安く買うことができ、僕は過去に5回とも「サプライス!」で、ヨーロッパへの航空券を買いました。

 

 

この手のサイトを使うと、ツアー会社で購入するようにはいかず、全てを自分で手配することになります。

その代わり、本当に安く購入できるのでおすすめしたいです!

 

その他でも、キャッシュバックされる商品もあったり、海外旅行保険を同時に申し込めたりするメリットもあります。

 

個人手配でも、意外と購入するのもかんたんですよ。Amazonで本を買うくらいかんたんです。

ホテルのセット割りなども行なっているので、ぜひ一度使ってみてください!

 

3.スカイチケット

最後は「スカイチケット」です!

もし「サプライス!」でいいのが見つからないなら、ここで探してみるといいと思います。

世界643路線・123社の航空会社の海外格安航空券を取り扱うので、国内最大級の海外格安航空券予約販売のサイトになります。

 

利用者のレビューも約5万件あるので、安全に利用できます!

購入するときに、会員登録不要なのも嬉しいところです。

 

僕の利用したときの過去相場

次は僕が実際に購入したヨーロッパへの航空券の値段をご紹介します。

購入する際に、ぜひ参考にしてみてください。

 

アイルランド・ダブリン(往復)

 

  • 旅程:2016/08/30~2016/09/14
  • 航空会社:エティハド航空
  • 値段:79,260円

 

過去に「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を受けていたエティハド航空です。

確かに今までで一番サービスが良かったです。そして本当に安く購入できた…。

最近エティハドは高くなった気がします。もう買えなくなりました。笑

 

日本→イギリス・ロンドン(片道)

 

  • 旅程:2017/08/19
  • 航空会社:マレーシア航空
  • 値段:51,480円

 

過去に(外的要因で)問題を起こしまくってるマレーシア航空です。購入してから検索欄で「マレーシア航空 消えた」と出てきたのでビビった記憶があります。笑

実際に乗ってみると、ふつうに快適な旅でした。

 

リトアニア・ヴィリニュス→日本(片道)

 

  • 旅程:2017/09/18
  • 航空会社:LOTポーランド航空
  • 値段:49,360円

 

中東やアジア経由でヨーロッパに行くと、全てで30時間以上かかります。

しかしポーランド航空はポーランド→日本に直接行くので、20時間もかからず、本当に楽でした。ヨーロッパ経由でヨーロッパに行くことをおすすめします。(ノルウェーエアなどですね)

 

日本→デンマーク・コペンハーゲン(片道)

 

  • 旅程:2018/09/06
  • 航空会社:中国国際航空
  • 値段:55,560円

 

 

フランス・パリ→日本(片道)

 

  • 旅程:2018/11/13
  • 航空会社:アエロフロート・ロシア航空
  • 値段:42,220円

 

11月に購入すると、4万円台になりました!

シーズンを外れると安くなります。

 

※おまけで、過去に購入したヨーロッパ内、ヨーロッパからアメリカの値段をご紹介します。参考程度に見てください。

 

ギリシャ・アテネ→イタリア・ローマ(片道)

 

  • 旅程:2018/10/31
  • 航空会社:アリタリア‐イタリア航空
  • 値段:7,160円

 

イタリア・ローマ→スペイン・バルセロナ(片道)

 

  • 旅程:2018/11/02
  • 航空会社:ブエリング航空
  • 値段:5,438円

 

ヨーロッパ内は1万円以下で移動できます!

 

フランス・パリ→アメリカ・ニューヨーク(片道)

 

  • 旅程:2018/11/15
  • 航空会社:ワオエアー航空
  • 値段:18,467円

 

なんとヨーロッパからアメリカまで1万円台で行けるんですよ!

これに気づいたときは、さすがに興奮しました。せっかく購入したのに、諸事情で乗りませんでしたが。

そしてなんとワオエアーは今年に廃業しました。値段のせい…?

 

航空券を選ぶたった1つのコツ

航空券を選ぶコツは一つだけです。

「預け荷物が有料なとこは避ける」

 

預け荷物が有料ということは、相当節約しているということ。なのでサービスの質が低かったり、快適に過ごせないなどの弊害があります。

ヨーロッパまでなら長時間フライトだと思うので、相当きつい思いをすることになります。

 

僕はこれだけは死守していたので、飛行機でつらい思いをしたことがありません。ほぼ快適な空の旅でした。

ということで預け荷物が無料の航空会社を選びましょう!

 

まとめ:ヨーロッパへの航空券を格安で買おう!

この記事は「ヨーロッパへの航空券を買うおすすめの方法、過去の相場、安い時期などまとめ」を書きました。

航空券は値段が常に更新されます。なのでぼくは一週間ほど検索結果をみて相場を見極め、さいごには勘で買っていました。

いつ安くなるかは誰にも予測できません。

結局、買いたいときが買うべき時なのです。

 

あなたの次の旅が、人生の大きな思い出となることを祈っています!

 

 

まだホテル予約をしていない方、出発前にしておくべきですよ!

こちらの記事で紹介しています!▼

ヨーロッパ旅行でホテルを見つけるおすすめの方法、注意点などを紹介します!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。