【圧倒的コスパ】世界一周の海外旅行保険を超安くする裏技を教えたい。

 

海外に行くときは海外旅行保険のことについて気になりますよね。

それが世界一周だとなおさらです。

年々海外旅行保険は値上がりしています。例えば東京海上日動の一番安いプランN2では1年間で約18万円です。

バックパッカーの18万は超大金です。そんな余裕はありません。

 

僕は世界一周予定なので、海外旅行保険を調べまくりました。

ぶっちゃけ調べた時間のバイト代で半額は払えると思います笑。

そこで誰も知らないルートを見つけました。これは今後の世界一周用の王道ルートになると思っています。

ここに記します。

 

 

注意!:このルート参考にできるのは新規クレジットカード発行が可能な社会的信用がある方のみです。

旅の為に無職になった方の別ルートを最後に書いておきました。

ちなみに僕は大学を中退する前(無職になる前)にカード発行をしまくりました笑。

 

 

 

海外旅行保険をあまり知らない人は↓を読んでください。

保険について初めに知っておきたいこと

 

海外旅行保険で重視する項目は治療費用携帯品損害

治療費用とは、海外で病院に掛かった時に支払う金額です。

例えば、アメリカで盲腸の手術をすると約200万円を請求されます(いつも思うけどアメリカで盲腸になる運悪いやついる?)。

日本の盲腸の手術では約40万でできますが、アメリカの医療費は半端ないのです。

その時に治療費用で補うことになります。

 

携帯品損害とは、持ち物が盗難や自分で壊してしまった時にもらえる保険料です。

例えば、南米でバックパックをまるまる盗まれた時に保険がおります。

心強いですよね。以前コロンビアでiphoneをすられた大学生が犯人を追いかけた所、銃で撃たれたて死亡した事件があります。とても痛ましい事件ですが、保険に入っていれば保険金が下りるので追いかけずに済んでいました。

過去から学びます。必ず保険に入るべきです。

 

クレジットカードの保険は付帯保険と利用保険がある

カードの保険の入り方には付帯保険と利用保険があります。

付帯保険とは、カードを海外に持っていくだけで保険が開始することです。

利用保険とは、カードを使うことで保険が開始することです。

なので最初の三ヶ月は付帯保険を使い、次の三ヶ月で利用保険のカードを使うことで保険を延ばす裏技があります。ここではこの裏技を使います。

 

 

 

1~3ヶ月目:クレジットカードの保険×3

 

クレジットカードに海外旅行保険がついてくることはご存知でしょうか?

海外旅行保険のことを少しでも調べたことのある人ならわかると思いますが、クレジットカードには海外旅行保険に無料で加入できる力があります

もちろん無料なので保険内容は有料の保険には大きく劣ります。

 

そこで最初の3ヶ月はカードの付帯保険(持っていくだけで保険が開始する)を利用します。

1枚では保険内容が不安なので、3枚使用します。

 

1枚目:エポスカード

 

【エポスカード】 を選ぶ理由は、

  • 保険料の高さ
  • 敷居が低い
  • キャッシュレス対応

です。

 

 

エポスカードは無料のカード保険にしては高額の保険料となっています。

例えば疾病治療費用(病気を治療すること)は270万です。それに対し楽天カードは200万までしか保証されません。

 

エポスカードは誰にでも扱いやすいカードとなっていて、若い世代に「1番最初に持ったクレジットカードは?」と聞くとよくこのカードが出てきます。

 

キャッシュレス対応というのは、保険会社と連携している海外の病院なら請求は自分ではなく、直接保険会社に行きます。

お金がなくても治療を受けられるという素晴らしい機能です。

ちなみにここで紹介するカードは全てキャッシュレス対応です。そこも考慮して調べ上げています笑。

 

エポスカードのデメリットは傷害死亡・後遺障害が500万までしかないことです。しかし次に紹介するカードでは3000万まで保証されるので組み合わせて使えば問題ないです。

 

現在カード発行をすると最大で8000ポイントが貰えます。僕はこのポイントでテントを買いました笑。

 

 

2枚目:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを選ぶ理由は、

  • 圧倒的保険料の高さ
  • キャッシュレス対応
  • 年会費が26歳まで無料
  • 敷居が意外に低い

です。

 

 

このカードの保険料は他のカード保険を凌駕しています。さすがアメックス。

例えば死亡・後遺障害保険金額が3000万まで保証されます。

そして携帯品損害は30万まであります。他のカードでは20万というのが基本です。

 

そして敷居が意外に低いです。

18歳以上、電話連絡可能な方であれば通るようです。

 

空港手荷物無料宅配サービスという地味に嬉しいサービスもあります。

 

デメリットとして26歳以上は年会費3000円がかかることです。

しかし保険に3000円で入れると考えたら安いのではないでしょうか。

 

 

3枚目、JCB CARD W

 

JCB CARD Wを選ぶ理由は、

  • トッピング保険
  • キャッシュレス対応

があります。

 

 

保険料は普通です。特に抜き出たものはありません。

トッピング保険という画期的なサービスがあります。

トッピング保険とは、月々いくらか払うことで保険に入れるものです。

注目したいのが、月々240円払えば携行品損害 30万円に入ることができます。

 

例えば高額なPCやGo proを持っていき、数枚のカードの保険料では足りない場合、トッピング保険で30万円分上乗せすることができます。

これは後々に活躍します。

 

デメリットは、旅行前に公共交通機関をカードで支払わないと保険が開始されない利用保険となっていることでしょうか。そこは普通にカードで切符を買えば大丈夫です。

 

 

1~3ヶ月目のまとめ

 

  傷害死亡・後遺 傷害治療 疾病治療 賠償責任 救援者 携行品
エポス 500 200 270 2000 100 20
セゾンブルー 3000 300 300 3000 200 30
JCB W 2000 100 100 2000 100 20
合計(万円) 3000(最大値) 600 670 7000 400 70

 

となります。

これだけあれば超心強いです。

携帯品費用が70万あるということでいつでもバックパックを盗まれても大丈夫です笑。

3ヶ月以内の旅行ならこれで十分です。

 

 

 

4~6ヶ月目:有料保険とカードの利用保険

 

ここからは有料の保険に入ります。

何故かと言うと旅の途中から保険に入れるカード(利用保険)が少ないからです。

 

でも旅の途中から入る保険なんてあるの?という疑問をお持ちの方は多いと思います。確かに日本の海外旅行保険は日本からでしか契約できません。

それなら海外の保険に入ればいい!

 

 

グローブパートナー

 

グローブパートナーとは、ドイツのアリアンツ社の旅行保険で世界中の約100万人以上が利用しています。経営には日本人が絡んでいるのでHPや問い合わせが日本語対応が可能です。

 

 

最大の特徴は

めっちゃ安い

ことです。

 

最初に紹介した東京海上日動の一番安いプランN2では18万円に対して、グローブパートナーは約9万円で入ることができます。半額ですね。

もちろん安いのでデメリットもあります。メリットと共に紹介していきます。

 

メリット

  • とにかく安い。
  • 旅行の途中から加入できる。
  • 保険では珍しい歯科治療がある。
  • 補償内容は十分ある。

 

デメリット

  • 通訳がつかない。
  • キャッシュレスが入院時のみ。
  • 携帯品損害がない。

 

 

デメリットが結構痛いです。特に携帯品損害がない所がキツイですね。

荷物を盗まれたら終わりですもんね。

しかしめちゃくちゃ調べてるのでもちろん対策はしています

 

補償内容は十分にあります。

治療費は100%保証されます。補償内容の詳しくはHPを御覧ください。

この保険はサービスを無視したLCCのようなものです。ここでは安さ重視でいきます。

 

1年間の旅行を想定した場合、この保険に9ヶ月(約7万円)に加入します。

7万は払うことになりますが仕方ないです。アメリカから強制帰国とか嫌ですよね。7万ぐらい働いて稼いでください。

 

 

デメリットを解消するために、クレジットカードの付帯保険に加入します。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードを選ぶ理由は

  • 数少ない利用保険のカード
  • キャッシュレス対応
  • ネームバリュー

です。

 

 

このカードは利用付帯(カードを利用したら保険が始まる)なので旅先から加入できます。

デメリットで保険料が平均より低いのですが、有料の保険に入っているので関係ありません。

 

申込みはこちらから↓

三井住友VISAクラシックカード

 

 

グローブパートナーには携帯品損害がないのでこのカードで補います。

そして24時間で日本語でサポートしてくれます。

 

旅先で事件が起こったら、まずカード会社に連絡して紹介された病院に行き、治療費が限度額を越えてしまったらグローブパートナーで補うようにします。

グローブパートナーは日本語に対応してますが、電話なら日本の保険会社の方が安心できますよね。

 

カードの保険では携帯品損害が15万までとなっています。

これだけでは正直少ないです。

ここで先程紹介したJBCのトッピング保険を利用します。

トッピング保険で月々240円で30万の保険に加入できます。

カードとトッピング保険を合計して45万円になりました。

携帯品損害の補償がないグローブパートナーの欠点を補うことができました。

 

 

 

4~6ヶ月目 まとめ

 

  傷害死亡・後遺 傷害治療 疾病治療 賠償責任 救援者 携行品
グローブ 100 1800 1800 60000 100% 0
三井住友 2000 50 50 2000 100 15
トッピング 30
合計 2000 1850 1850 62000 100% 45

 

となります。

弱いところをいい感じに補っていますね。

 傷害死亡・後遺が少なく感じますが、旅行者が保険に入る時1番削る項目なのでそこまで心配しなくてもいいと思います。

 

 

7~12ヶ月目:有料保険とカードの利用保険

 

先程と同様に、グローブパートナーとカード保険とトッピング保険で補います。

 

リクルートカード

リクルートカードを選ぶ理由は

  • 数少ない利用保険のカード
  • キャッシュレス対応
  • 年会費無料
  • 同時に2枚作れる

です。

 

 

旅先で加入できる利用保険のカードで一番良い保険内容となっています。

更に2枚同時に作る事ができます。

2枚作れるということは、3ヶ月+3ヶ月の6ヶ月の保険に入ることができます。

 

 

7~12ヶ月目 まとめ

 

  傷害死亡・後遺 傷害治療 疾病治療 賠償責任 救援者 携行品
グローブ 100 1800 1800 60000 100% 0
リクルート 2000 100 100 2000 100 20
トッピング 30
合計 2000 1900 1900 62000 100% 50

 

となります。安く済む割に十分ですよね。

 

これら流れで1年間の海外旅行保険を格安で済ますことができます。

 

 

 

 

カード発行が難しい方へ

 

新しいカードを作る事が難しいための方に簡単に説明します。

 

1~3ヶ月目は楽天カードの付帯保険を利用します。

楽天カードは審査がゆるのですが、海外旅行保険の内容がしっかりとしています。

 

 

大きな病気や怪我をしなければこれで十分だと思います。

しかし万が一のことを考えると少し不安です。やはりカードを複数作り合算したほうが安心できます。

 

旅人から見て楽天カードはとてもオススメです。

 

 

4ヶ月目以降は海外の保険、World Nomads

に加入します。

ワールドノマドはオーストラリアの保険会社で元バックパッカーが立ち上げたものです。

グローブパートナーより補償内容は優れます。

 

しかし一点の欠点があって、それは全てを英語で対応しなければならないことです。

英語が堪能な方はここ一択な気がしますが、英語ができない人は不安です。

事故で焦っている時に、電話で英語で状況を伝える。

僕は厳しいと思ったので日本語対応のできるグローブパートナーと契約しました。

 

やはりカードを複数作り、グローブパートナーに契約するほうが安心感が違います。

 

 

 

まとめ

 

すごく長くなりました。

初めに紹介した流れが、今現在で1番コスパのいい保険だと思っています

 

参考になれば幸いです。