旅ノウハウ

ヨーロッパ旅行の費用を格安にする方法を公開します!【おすすめ物価の安い国】

「今度ヨーロッパを安く旅行したい!」

「欧州の物価の安い国はどこ?」

 

こんにちは!くりです。

ぼくはヨーロッパが好きすぎて3年連続で旅行をしています。

今まで訪れたヨーロッパの国は計20カ国!!

でも普通は「そんなに国の数あるんだ!」と思う方が大半だと思います。

 

そんな知っていそうで知らないヨーロッパに旅行するのは誰でも憧れますね。

しかし計画をたてる前に、まずはこう思いませんか?

「ヨーロッパに旅行するのはお金が沢山かかりそう!!」

 

確かにヨーロッパは単純に遠いし、物価も高いので、旅費は結構かかかります。しかしいくつかのコツを抑えておけば、いくらでも安くなります。

ヨーロッパ旅行に行くための旅費に関してお悩みの方に向けて、

  • 実際に掛かったヨーロッパ旅行の費用
  • 安くヨーロッパを旅行する方法
  • 意外と物価が安かった国

を書いていきたいと思います。

「憧れのヨーロッパに旅行したいなあ、でもすごいお金がかかりそう。バックパッカーの意見を参考にしてみたい」

とお考えの方にぴったりの記事になっています。

 

実際にヨーロッパ旅行(横断)をした費用はいくらだったの?

まずは自分がヨーロッパに行っていくらかかったかをお教えします。

去年、ぼくが一ヶ月間のヨーロッパ横断をしました。

その時に訪れた国はイギリス・ベルギー・オランダ・ドイツ・チェコ・ポーランド・ウクライナ・リトアニアの計9カ国。

このヨーロッパ横断では、往復飛行機代9万円+生活費8万円かかりました。

計17万円でした!!

 

ちなみに今ままでの旅費は、

2016年:アイルランド2週間…約25万円

2017年:ヨーロッパ横断1ヶ月…約17万円

2018年:ヨーロッパ周遊2ヶ月…約30万円

という感じです。

旅費を日数で割ると、毎回安くなっています。旅をする度に安くするコツを学んでいますね。笑

この記事に全てのノウハウを詰め込んでいるので、ぜひ最後までお読みください!

 

これからヨーロッパ旅行をとても安く済んだ、その理由を紹介していきます。

 

ヨーロッパを最安の費用で旅行をするために

先程の16万円という金額は、常識内だと最安値だと思います。

正直、参考にならないと思いますが、なぜこんなに安くなったのかご紹介します。

 

ヨーロッパでヒッチハイクをした

ぼくはヒッチハイクで交通費を浮かしていました

ヨーロッパの長距離バスは意外と安いのですが、ヒッチハイクだと地元の人と話せる利点があります。

若い方には、ヒッチハイクは超おすすめですよ。

関連記事:コミュ障大学生はとりあえず国道に立ってヒッチハイクをすればいい

 

ヨーロッパで野宿をした

ぼくはヨーロッパの公園や空港で野宿しまくりました

後述しますが、ヨーロッパ旅行でお金がかかるのは宿代だと思います。なので野宿した僕はかなりのお金が浮きました。

 

ぼくも初めてヨーロッパ行ったときには、毎日宿に泊まっていました。でも一晩寝るだけで、2000~3000円取られるってなかなかきつくないですか?

しかもドミトリーだったらプライベートはないし。まあ野宿でもプライペート皆無なのですが。

関連記事:10カ国以上の空港で寝たので、空港泊の方法、必要なもの、注意点などまとめます

 

ちなみに…

夏にアイルランドを一周した時は2週間で約20万円かかりました。

ヒッチハイクをしたこと以外は、特に節約はしていません。毎日外食をして、バーでギネスビールを飲んで、野宿はせず宿に泊まり、お土産も購入しました。

なのでもしも節約をあまり考えていない、一週間程のヨーロッパ旅行ならば、約20万~25万円は必要だと思います。

 

ヨーロッパ旅行の費用を格安にする方法を公開します!

ここから誰でも参考にできるヨーロッパ旅行を安くする方法を紹介していきます!

 

1.毎日の食費を抑える

ヨーロッパ旅行でお金がかかるのは食と宿。しかし食は、個人の力でなんとかなります。日本と同じことですが、宿で自炊をしましょう

共有のキッチンがついている安宿はたくさんあります。そこに泊まり毎日自炊です。

 

ヨーロッパならパスタを作るのがベストでしょう。

スーパーでパスタ、トマトソース、ズッキーニを買います。パスタを茹で、火を通したズッキーニとトマトソースを混ぜれば完成!

ヨーロッパで外食するとしたら安くて2000円、ファストフードでも1000円はかかります。でも自炊をすれば200円で作れちゃうのでかなりの節約に。

宿に塩などの調味料は誰でも使えるように置いてあることも多いです。

 

共有キッチンを使う利点がもう一つあります。

それは他の旅人と仲良く慣れること。

キッチンで料理していると、何作ってるの?と話しかけられることがあります。そこから話が発展して仲良くなるパターンが多い。

わざと調味料を忘れたふりをして話しかける人もいるようです。

 

ちなみに共有キッチンを使えもしない野宿をしていたぼくは、スーパーで買ったバナナやトマト、食パンを常食としていました

悲しいですね。

 

2.宿泊費用を抑える

宿代はかなりお金がかかります。宿代を抑えましょう。

その国の物価によりますが、安いところは本当に安い。例えばウクライナの宿に250円で泊まったことがあります。

どれくらいのクオリティを求めるかに関わりますが、安い宿は何処の国でもあります。

ただシングルルームを希望するなら物価の高い国は厳しいと思います。

 

「無料で宿に泊まりたい!」という方は「カウチサーフィン」を利用するもいいでしょう。

世界中のホストが、無料で宿や食事を提供していて、その代わりに旅行者との交流を図る、というマッチングサイトです。

登録者は200万人以上いるので、結構利用する旅人は多い感じ。

ぼくは使ったことはありません。

なんか無料で宿屋や食事を利用するなんて申し訳なく思ってしまいます。相手が期待しているような人物に、自分はなれるのかも心配ですし。

まあ、そこまで考えなくてもいいようなサービスだと思いますけどね。

 

3.洗濯を手洗いでする

海外での洗濯は、コインランドリーを使うことは想像できるかもしれません。

しかしヨーロッパのコインランドリーは、高いことが多いです。たとえば、ドイツの中心地で利用しようとしたら1回900円で驚きました。

宿に無料の洗濯機がついているところもあります。ただ安い宿の場合、故障中のことがしょっちゅうです。(洗濯機利用可、で客をおびき寄せる悪質なパターン)

 

意外とお金のかかる洗濯ですが、手洗いをすると安く済みますよ。簡易洗濯バケツで洗ったり、スクラバウォッシュバッグという洗濯グッズで洗うことも!

詳しくはこちらをお読みください。

関連記事:バックパッカーの海外旅行中に洗濯する方法5つ【グッズもご紹介!】

洗濯を工夫することで、節約することができます!

 

4.ヨーロッパ内の移動は全てバスを使う

フリックスバス

ヨーロッパを移動する際にヒッチハイクもしていましたが、主にバスを利用していました。

ヨーロッパはいくつものバス会社があり、バス網が張り巡らされています。その中でもフリックスバスをお勧めします。

ぼくのヨーロッパ横断、周遊ともにフリックスバスを何度も利用して、20回以上は乗ったかと。

 

高速バスと言うと、日本の深夜バスを想像してしまいますが、フリックスバスは

  • 清潔感がある
  • 席間が広い
  • あまり人が乗っていない
  • WiFiが飛んでる
  • トイレもある

という感じなので、飛行機より快適です。

もしも個人手配で国を移動するなら、フリックスバスをオススメします。

フリックスバスについて詳しく説明しているサイトがあるので、興味がある方はこちらへ。外部リンク:ヨーロッパの格安長距離バス「FlixBus(フリックスバス)」の予約方法

 

5.格安航空券を血眼になって探す

個人手配にする場合、飛行機は自分で予約しなければいけません。

そして航空券の値段は日々変動しています。なのでいつ購入すればいいか迷ってしまうことも。

ネットには「3ヶ月前に買うのはお得」「一ヶ月前にまでに購入すべき」など見受けられますが、そんなことはありません。

「1週間前が一番安い」なんてこともよくあります。

 

ということで、解決方法は、一週間航空券の予約サイトにへばりついて、毎日値段を確認すること。そして直感で買う!

航空券の値段は誰にも予想できないことなので、自身の直感で購入する時期を見極めましょう。

 

あと他国経由の航空券は、本当に安いです。ぼくは中国、ロシア、マレーシア、サウジアラビアなどの経由の飛行機で、旅行したことがあります。

少し不安になるような国のラインナップですが、総じて満足度が高いものでした。(マレーシア航空なんて過去に消えた経験があるのに!)

 

一つ注意すべきことは、預け荷物が有料の飛行機は利用しないこと。

預け荷物が有料の飛行機は、めちゃ節約志向なのでご飯も出ないし、席もキツキツ。長時間フライトならまじで辞めといたほうがいいですよ。

 

格安航空券は大手サイトの「skyticket.jp」というサイトで探すのがいいでしょう。

一週間ほど張り付いて、ここだ!というタイミングで購入しちゃってください!

 

6.ツアーなら早割で予約する

もしもヨーロッパ旅行でツアーを申し込もうとするならば、3~4ヶ月以上前に予約することをオススメします。

なぜなら早割が効くから。

例えばJTBのツアーで120日前に申し込むと、一人5万円の早期割引が適用されます。これは利用しない手はないですね。

 

海外ツアーを利用すると旅費がぐっと上がってしまいますが、それと比例して満足度や快適度がぐっと上がります。

ぼくもアメリカ旅行のときに海外ツアーを利用しましたが、個人手配では気づけないような文化や知識などを教えてもらったり、手際の良い案内で、感動した覚えがあります。

さすが旅行会社ですね。統計と分析を繰り返しているので、旅行者の気持ちを汲み取って、旅程が決められているんだなと。

 

せっかくのヨーロッパ旅行だから、お金より満足度だ!という方は、ツアーを早割で予約しましょう!

>>>H.I.S(エイチ・アイ・エス)で海外旅行を検索

>>>JTBで海外旅行券・ツアーを検索

 

7.旅行シーズンを外す

8.海外旅行保険はクレジットカード付帯で

【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です「今度外国に旅行するつもりなんだけど、知っておくべきことはあるかな?」 「海外一人旅にクレジットカードって必要なの?」 こんにち...

9.海外レンタルWiFiを利用しない

海外旅行にレンタルwifiは必要?←旅の仕方による【実際に借りてみた】「今度のヨーロッパ旅行に行くけど、wifiは必要なの?」 「海外で利用できるポケットwifiのおすすめを聞きたいな」 こんにちは...

10.学生なら国際学生証を利用する

 

結局はヨーロッパの物価の安い国に旅行をすることがいちばん

物価の安い国に行くことが一番の節約法です!

ちなみに物価の高い国は北欧、フランス、スイス、イギリス、ドイツ、アイルランド、オーストリアなど。ここらへんは諦めたほうが無難です。

※お金が多少あるならアイルランド一択ですよ。

初めてのヨーロッパ一人旅はアイルランドが絶対におすすめ!自然と人が豊かな国「ヨーロッパに一人旅したいけど、ドコの国いこう?」 「アイルランドが、少し気になってるけどどんな国?」 こんにちは!アイルランド...

 

これからヨーロッパの20カ国以上行ったぼくが、物価が安く観光もできるおすすめの国をご紹介します。

 

1.スペイン

ヨーロッパの物価が安いはスペイン旅行

行ってみて驚いたのですが、スペインは意外と物価が安いです。

 

宿はドミトリーだと、1700円からあります。

 

そして安く外食もできました。バルセロナでパエリアを食べたのはいい経験です。(オリーブオイルがすごかった)

食はパエリア、ピンチョス、ビールなどが有名で、美食の国と言われています!

 

なんと言ってもスペインにはサクラダファミリアがあります。

サクラダファミリアは2026年完成予定なので、今のうちに行けば工事中のところを見れます。そして自分の子供に「俺が行った時は工事中だったんだよ」としみじみと呟くことも。

バルセロナにあるガウディ建築を見に行くだけでも価値はありますよ

関連記事:【マップ付き】バルセロナのガウディ建築、全9作品を巡ったのでご紹介!

 

2.ギリシャ

ヨーロッパの物価が安いはギリシャ旅行

ギリシャは物価がとても安いです

 

ドミトリーも900円からあります。

食はあまり有名なものはありませんが、観光地としては最適です。

ギリシャの首都アテネには古代遺跡がいくつもあります。

 

なかでもパルテノン神殿を見た時には本当に感動します。ただの石の塊でしょ、と思っていた僕をいい意味で裏切ってくれました。

パルテノン神殿を見るために、大きなお金を使うことはまったく損だとは思いません。

それほど素晴らしく、教科書にも載っているパルテノン神殿を見れるギリシャはおすすめです。

当時の世界一周日記

 

3.ウクライナ

ヨーロッパの物価が安いはウクライナ旅行

ウクライナの物価は本当に安いです。引くほど安い。怖いくらい安い。じつは東南アジアより安いです。

 

宿は500円から、カフェで飲むコーヒーは100円以下、外食しても1000円は超えません。

ウクライナはコーヒー文化優れているため力を入れています。上の写真のカフェでコーヒーとパンケーキを食べて、なんと300円でした。

 

このパフェとエスプレッソで300円を超えませんでしたからね。

物価の安さは、情勢が悪いわけではなくインフレが発生しているだけ。

なので安全に安く旅できます!(逆に今だけしか安くないです、行くなら今しかねえ~)

 

4.その他、南と北の国

挙げているときりがないのですが、基本的にヨーロッパの南と北の国は物価の安い国はたくさんあります。

あとぼくはリトアニアやアルバニアもおすすめします。

【リトアニア】十字架の丘に行ってわかった、行き方、歴史、画像などまとめ「シャウレイにある十字架の丘はどうやって行くんだろう?」 「たくさんの画像が見たい!」 こんにちは!くりです。 僕は2017年...
アルバニア人が優しくて好きになった【治安や物価、観光情報などまとめ】「アルバニアってどんな国?」 「今度行く機会があるけど、治安が不安…」 こんにちは!くりです。 アルバニアに対してイメージをお...

 

こういう物価の安いヨーロッパでは、チェコがよく登場します。

しかしぼくはチェコを好きになりませんでした。なんとなく治安の悪い雰囲気が漂っていたんですよね。

でもウクライナの食堂で出会った、アメリカ人夫婦は「チェコは最高だったよ」と言っていたので、人によるかもしれません。

とりあえず迷ったら行きましょう!

海外に行くことができるのは、日本人の特権です!

 

まとめ:宿代と食費を抑えて、物価の安い国にヨーロッパ旅行をしよう

旅行でお金がかかるのは宿代と食費です。そこはがんばって節約をしましょう!

ぼくがおすすめしたいのは、スペインかギリシャに長期滞在することです。

物価も安いし、誰にでも楽しめる世界的な観光地になります。

そして長期滞在をすれば交通費もかからずその国のことを深く知ることができます。

 

関連記事

世界一周に向いていない人がもつ特徴5つを、途中挫折者が挙げてみる

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。