世界一周前に大学生が抱える3つの不安と解決方法。

 

僕は2018年9月6日から世界一周の旅をします!

 

一カ国目はデンマークになりました。

世界一周の一番最初の国は北欧に決めていました。

夏出発の世界一周なので、先にヨーロッパに行くことにしていました。

夏にアジアを横断してしまうと、冬のヨーロッパにぶつかってしまいます。野宿メインの僕にとってそれは厳しいので、先に北欧に行ってしまおうという感じです。片道航空券は約56000円でした。たっけー。

 

それで実は、世界一周が決定してからずっと不安です。5日前の夜、不安すぎて一睡もできませんでした。

世界一周前はもっとワクワク!楽しみ!になると思っていたんですけどね笑。

 

そこで自分の気持ちをまとめるためにも、つらつらと不安な点を書いていきます。不安な点だけでは更に不安になるだけなので、自分なりの解決方法も書きます。

 

 

1、お金がない。

お金がありません。

世界一周の平均の予算は150~200万と言われています。最低でも100万は必要です。

僕は40万ほどしかありません。しかもその40万は次の学費なので使いたくないのです。

 

バイトはしていて30万くらい稼ぎました。

世界一周を経験した人なら分かると思いますが、準備に費用が凄くかかります。恐らく30万全て費やすと思います。

生活費を学費で補うことになります。このことを書きながらドキドキしています。

 

解決方法

流石に対策をしています。旅中にバスキングをしようと思っています。

バスキングとは、日本の路上パフォーマンスです。

日本の路上は厳しいです。「上手いね」ということでしかお金が入りません。しかし向こうでは「上手いね」と「これから頑張れ」という気持ちでお金を投げてくれます。

 

なので「これから頑張れ」枠のお金で生活したいと思っています。

楽器に触れたことすらない僕が今一生懸命練習しています。コミュ障の僕が路上パフォーマンスをしている絵が全く見えないのですが、飯を食べるために頑張ろうと思っています。

あとは海外治験とかも考えています。

 

 

2、明確な目的がない。

世界一周の目的って結構難しいです。一応人に言うときは「将来建築家になるので、世界中の建築を見てきます」と言っています。それで「すごいね!」と言ってもらえます。

もちろん建築見学は大きな目的です。しかし1年間の旅に出なくても、夏休みだけ行って見てくることは可能です。

 

目的ならたくさんあるんです。

  • コミュニケーション能力を上げたい。
  • まだ知らぬ世界を自分の目で見たい。
  • 世界中の人と関わりたい。
  • 英語力のアップ。

 

でもこれがしたいから世界一周するんだ!!

という明確な目的が見つからないのです。

 

解決方法

運がいい事に世界一周中の友人がいるので、聞いてみました。

「人にハッキリと説明できる理由が見つからない。世界一周の目的なんてある?」

友人は、

「目的がないなら、目的を探す旅にすればいいじゃん」

と言いました。

 

そうか。世界一周の目的を深く考えるより今やりたいことに向かってただ進むだけでいいのか。その間に目的が見つかったら、それを掲げればいい。

 

「ワクワクしたいから世界一周をする!!」

これが僕の一ヶ月悩んで出した答えです。

 

 

3、周りから1年遅れること

僕は今年で22歳です。周りは就職か大学院進学を決めています。

その中で、僕は大学を投げ出して一年間の海外放浪をする。

同世代は社会に出て一生懸命働いて、お金を稼ぎご飯を食べる。

何でしょうか、この焦燥感は。

 

世界一周に意味はあるの?

世界一周をしたブロガーさんが、転職活動をした時の様子を書いていました。その時にリクルーターに「世界一周されたことに目的がなかったのなら、評価はされません。」と言われたそうです。

 

解決方法

同世代より一年遅れることは明白な事実です。

しかしその分の経験は一年分、いや数年分も培うと思っています。

なので一年間の旅は、社会で戦うための「経験」という武器を大きくしていると考えるようにしました。

 

 

まとめ

 

世界一周の前の大学生は

死ぬほど不安で最高にワクワクしています。

 

人生はこうじゃなくちゃね。