【仕送りなし】大学生がアルバイト代だけで一人暮らししてました【必要な資金や費用】

「大学生になったのに実家ぐらし…一人暮らしがしたい!」

「一人暮らしの費用はどれくらいかかるんだろう?」

 

こんにちは!くりです。

大学生になると一人暮らしに憧れませんか?ぼくもその1人でした。

当時のぼくは大学2年生。どうしても一人暮らしがしたくてたまりません。

しかし親は金銭的支援してくれませんでした。やはり金銭的に余裕が無いのと、単純に寂しいのでしょう。

ぼくが「どうしても一人暮らしがしたい!」というと、「実家を出たいなら自分のお金でしなさい」と言い放ちました。

「それじゃあ、自分で稼いでやってやるよ!」と意気込んで、大学に通いながらアルバイトにのめり込みました。

そして一生懸命働いた結果、無事一人暮らしをする事に成功!!

神奈川にあるRCマンション、7階1Kの部屋を借りて、毎日夜景を楽しみました。

大学生がアルバイト代で一人暮らし

部屋からの眺め

 

しかし、一人暮らしを始める前のぼくは悩んでいました。

「一人暮らしには一体いくらのお金が必要なのだろう?」

そこで一人暮らしをする前にかかった初期費用、そしてアパートを借りている時のアルバイトの収入、家賃や生活費などをここで公開したいと思います。

「支援してくれないから自分のアルバイト代だけで実家を出よう!でもどれくらいのお金が必要なんだろう?経験者に一人暮らしのリアルを教えてほしいなあ」とお考えの方にぴったりの記事になっています。

 

大学生が一人暮らしを始める際に必要な初期費用

ここからはぼくが用意した一人暮らしのためのお金と、必要だった初期費用をご紹介します!

 

用意した初期費用:30万円

まず初期費用を貯めるためにしぬほど働きました。

睡眠時間は4時間の日が週4でありましたね。あの時は大変でした。

10月:5万円

11月:16万円

12月:17万円

1月:10万円

 

を掛け持ちバイトで稼ぎました。

ここから生活費を除き、初期費用として約30万円を用意しました

関連記事:【アルバイト】理系大学生が月15万円稼いでいた時のスケジュール【参考にどうぞ】

 

実際に払った初期費用:20万円

ぼくは神奈川県で家賃3万の部屋を借りました。(スペックに比べて相当安いのでラッキー)

そこで一人暮らしを始める時にかかった初期費用は全部で20万円。

20万円の内訳は以下のとおりです。

敷金:3万円

礼金:0円

仲介手数料:3万円

前家賃:3万円

鍵交換費用:1.5万円

火災保険料:2万円

引越し費用:3万円

家電購入費用:0円

家具雑貨購入費用:5万円

 

 

敷金:3万円

敷金は大家さんに預かってもらうお金のことです。

金額は家賃一ヶ月分の所が多いです。なので僕の場合は3万円でした。

一応敷金は返却されることになっています。しかし退去時の清掃費用として持ってかれることが多いです。なので期待できません。

 

礼金:0円

礼金は大家さんに部屋を貸してもらうお礼のお金です。

今や廃れかけている文化になっています。礼金0円の所が多いです。

 

仲介手数料:3万円

仲介手数料は部屋を紹介してくれた不動産に払うお金です。

相場は家賃一ヶ月分となっています。

 

前家賃:3万円

最初一ヶ月分の家賃を先に払います。

 

鍵交換費用:1.5万円

その名の通り、鍵を交換するお金です。

前の住人と同じ鍵を使うと大変です。住む人が変わると鍵を交換しなければいけません。

そっちが払えよ!という気持ちは置いておいておきましょう。

 

火災保険料:2万円

災害時を被った時に降りる保険料です。

必ず払わなければいけません。

 

引っ越し費用:3万円

僕は友人に手伝ってもらいました

そしてその友人から家電(TV、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器)と家具(TVラック、机)と借りました。

彼も一人暮らしだったのですが、アメリカへ留学に行くという事で家具家電を貸してもらいました。本当に感謝しています。

お礼として3万円包みました。

 

家電購入費用:0円

前述の通り、友人から借りたので0円です。

 

家具雑貨購入費用:5万円

これが割と掛かりましたね。マットレス、机や椅子、カーテン、カーペットやシーリングライトなど。そして生活用品も。

色々含めて5万は掛かりました。これほどの金額とは予想していなくて、結構落ち込んだ覚えがあります。

 

初期費用でかかった費用は約20万円でした!

ただこれは家具家電を借りた僕の場合です。

家具家電は中古で、かつ下を見れば安いのなんていくらでもあります。そこは自分のお財布事情に合わせてください。

 

大学生がアルバイト代で一人暮らしをする生活費

神奈川ということで、休日はサイクリングを楽しみました。あのときは心をウキウキさせて色々行動してましたね。

 

一人暮らしのバイト収入:12.5万円

ぼくは一人暮らしを始めたらすぐにバイトを探しました。初期費用を払い、残った貯金は10万しかなかったので、働かないと食べていけませんからね。

そこでオープン時給1300円のバイトで週3、8時間働きます。

ということで月に1300×8h×3×4=12.5万円稼ぎました。

 

ここで考えてほしいのが時給です。

時給1000円で10万稼ぐのと、時給1300円で10万円を稼ぐのはわけが違います。

安い時給のバイトで働くと本当に自分の時間がなくなるので、必ず時給の高いバイトを探しましょう。

大手バイトサイトを一括で検索できる【アルバイトEX】 がおすすめです。

時給1200円以上で検索してみましょう。時給は高ければ高いほど自分の余裕ができます。

>>>バイトEXで「時給1200~」を検索する

 

ぼくは事務所移転バイトをおすすめします。定時より早く終わるんですよ。もちろん給料は時間の分保証されます。

予定より早くおわるアルバイトははじめてなので、びっくりした覚えがあります。

事務所移転バイトの時給は平均なのですが、早く終了するときがあるのでその分自分の時間ができますね。

関連記事:【早く終わる?】事務所移転バイトの内容を、経験者が教えます

 

一人暮らしの生活費:9万円

一人暮らしをしていた時、一ヶ月間でかかる費用は9万円でした。(かなり節約をしてました)

9万円の生活費の内訳は以下のとおりです。

家賃:3万円

食費:2.5万円

光熱費:1.2万円

携帯代:0.2万円

インターネット代:0.5万円

交際費:1.5万円

 

 

家賃:3万円

ぼくが一人暮らしをしていたのは神奈川県なので、家賃は安いです。東京なら3万円の賃貸はまず見つからないでしょう。

もしも東京で一人暮らしをしたいのなら、シェアハウス を利用するか、風呂なしアパートを借りる選択肢があります。

 

食費:2.5万円

ほぼ外食はせずに、自炊していました。炊飯器でご飯を炊いて、鍋に野菜をぶっこんで夕飯の完成です。

このときは健康のことを考えて外食を控えていた時期だったので、あまりかかりませんでした。

 

光熱費:1.2万円

光熱費とは水道代、電気代、ガス代のことです。

うちはプロパンガスだったので異様に高かったですね。5~6000円かかっていました。

ぼくは節約の為に、湯船には月2回ほどしか浸かりませんでした。冬なのに。実家では毎日入っていたのに。それでも高くつきます。

都市ガスならもっと安いですが、その分家賃が高くなります。ここは悩みどころです。

 

携帯代:0.2万円

スマホの料金は格安SIMだったのでとても安いです。

以前au回線を使っていた時は月々約7000円だったのですが、格安simのmineo に変えたらなんと月々2200円になりました。

この時代、知っているか知らないかで払うお金の大きさが変わるんですね。

さらにmineo ではフリータンクという、パケットを全国のマイネオユーザー間で共有するサービスがあります。

なので通信制限かかった!という時でも、1GB貰うことができちゃいます。すごいサービスですね。そのかわり、自分のパケットが余った時は寄付しましょう!

 

インターネット代:0.5万円

マンション回線で申し込んだためこの金額になりました。

さらに実体験ですが、マンション経由でインターネットに繋ぐと、解約時に解約金がたんまり取られます。

ぼくの場合、退去する時に解約金44000円取られました。まじでひどい話です。

今考えると安いポケットwifiを個人契約すればよかった、後悔しています。

なので一人暮らしのインターネット通信は速度制限なし解約金無料SAKURAWiFi をおすすめします。

ポケットwifiならどこのカフェでも、コーヒを飲みながらネットを楽しむことができますしね。

あの有名なwimaxは3日で10GBまでで、解約金を取るのでおすすめしません。

 

mineoで月最小単位の500MB、そしてSAKURAWiFiを組み合わせれば合計で月5000円しかかからないのでお得です。

もちろん動画も見放題、一人暮らしを始めるのならこの組み合わせをおすすめします!

 

交際費:1.5万円

ぼくはサークルに入っていないので、交際費はあまり掛かりませんでした。

この1.5万円は友達との飲み代、それに映画代やカフェ代で占めています。

洋服は買いませんでした。というより買えませんでした。

一人暮らしを辞めた月にリーバイスのデニムを購入。その時で服を購入したのは4ヶ月ぶりでした。

それを考えるときつきつですね。

 

一人暮らしの支出は約9万円でした!

見て分かる通り、結構がんばって節約してこの金額になります。なので大学生が仕送りなし、アルバイト代で生活するのはかなり厳しいと言えます。

 

まとめ:仕送りなしで一人暮らしをするのは大変、でも楽しいよ

一人暮らしをバイト代だけで維持するのは相当厳しいです!

ぼくはベッドの上で仰向けになって「俺って何してるんだろ」と思う時もありました。

でも「飯を食うために働く」大学生はほぼいないと思います。なので自分に自尊心が芽生えるようになりますよ。

自分の願望は自分で叶えましょうね。

頑張っていこう!

 

関連記事

【アルバイト】理系大学生が月15万円稼いでいた時のスケジュール【参考にどうぞ】

【早く終わる?】事務所移転バイトの内容を、経験者が教えます