ヨーロッパ周遊

【ヨーロッパ周遊】お金の持って行き方はどうする?【クレカ一択】

現金はーロッパ周遊に、どれくらい持っていけばいいだろう?」

「クレジットカードとか使ったほうがいいのかな?」

 

こんにちは!くりです。

ヨーロッパ周遊に、大事なのはお金関係。

ぼくはヨーロッパ周遊前に、

くりたび
くりたび
どうやってお金を使えばいいんだ?

と、悩んでいました。

 

そこで!過去のぼくのような方に向けて、ヨーロッパ周遊のお金の持って行き方をご紹介します。

結論:現金ではなく、クレジットカードを利用しよう。

そこらへんを、詳しく書いていきます!

 

※筆者は25カ国の旅行経験があります。この背景をもとに「ヨーロッパ周遊のお金の持って行き方はどうする?【クレカ一択】」を書いていきます。

 

ヨーロッパ周遊|クレジットカードを利用するべき理由

ヨーロッパ周遊は、クレカを駆使して旅しましょう!

ぼくもヨーロッパ周遊をした時には、ほぼクレカで支払っていました。

これから、クレジットカードを利用するべき理由を書いてきます。

 

1.手数料が安く済む

まずはクレカを使うと、お得になることです!

たとえば、ヨーロッパ周遊をパリ出発とします。

 

そこで現地通貨ユーロを作るために、2つの選択肢があるかと。

  • 成田で換金所で、円→ユーロ
  • パリのATMで、ユーロを海外キャッシング

 

この2つの方法を比べると、海外キャッシングの方が安くなります

かんたんに計算してみます。

キャッシングと言うと、金利15~18%なのですが、これは1年間の数字。

1ヶ月で返済すれば、18%÷12=0.015。

3万円分借りたら、手数料は30,000×0.015=450円、になります。

 

まとめると、たった450円で、3万円からユーロが作れます!

これは円からユーロに両替する、手数料より安いんですよね。

 

これに気づいてから、換金ショップで両替をするのをやめました。

というより、ぼくは現金をなるべく持ち歩きたくないのと、一番安く済むのがクレカ払いなので、

ほぼクレカ払い50ユーロだけ海外キャッシング

で旅をしています。

 

2.スリや強盗にあっても失うものはない

ヨーロッパ周遊で気をつけたいのは、スリや強盗

スペインやイタリア、フランスなどでは、軽犯罪が多めです。

パリの地下鉄では、「スリに気をつけてください」と日本語で流れているほど!

 

そこで現金を持ち歩くのは、厳しいですよね…。

そんなところで、クレジットカードが活躍します。

 

たとえクレジットカードを盗まれても、失うものはカードだけ。

すぐにコールセンターに電話をして、利用を止めてもらえばオッケーです。

もしも使われたとしても、たいていカード会社が補償してくれます。

 

現金が盗まれたら、どうしようもないですからね。

クレジットカードが盗まれても、ちょっと落ち込むだけですみます。

 

3.ユーロを判別する面倒をなくせる

あとユーロを判別するのが、結構たいへん。

ぼくは3年連続でヨーロッパに行っていますが、未だにセントが判別できません。

 

「これ、何セントだ?、てか何セントで1ユーロ?」

と困ってしまうことも。※100セント=1ユーロ

 

クレジットカードで支払っていると、この手間を省けます。

ちょっとした手間でも、ないとラクです。

 

4.ヨーロッパで使ったお金を記録できる

カード払いにするメリットは、全て記録してくれること。

ヨーロッパ周遊で使ったお金が、カード明細分かります。

 

ただ気をつけてほしいのは、明細にある店がすべて英語表記なんです。

  • FRESHNESS BURGER:1,232円
  • McDonald’s:1,323円
  • Kentucky Fried Chicken:1,433円

みたいに並んでいます。

 

なので、そのお店の名前を少しは覚えておかないと、一致できないかも。

日時で判断すればいいですが、ちょっとめんどくさいです笑。

 

5.海外旅行保険が使える

あとはクレジットカードがあれば、海外旅行保険が使えます。

ふつうは有料なのですが、クレカがあれば無料で利用可能です。

 

  • 現地で交通事故にあって入院した!
  • 食あたりで治療を受けた!
  • iphoneを落として壊れた!

など、事故が起こってしまった時に、クレジットカード付帯の海外旅行保険が補償してくれます。

 

くわしくは↓の記事で、丁寧に解説しています!

関連記事:【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です

 

ヨーロッパ周遊|おすすめのクレジットカード

おすすめのクレジットカードは、以下の3枚です。

 

クレカ名 発行手数料 年会費 公式サイト レビュー記事

エポスカード

0円 0円 エポスカード こちらへ

三井住友クラシックA

0円 有料 三井住友VISAクラシックカード こちらへ

楽天カード

0円

0円

楽天カード こちらへ

 

とくにこだわりが無ければ、無料の「エポスカード」と「楽天カード」がおすすめ。

エポスカード は、海外旅行保険がゴールドカードな上に、イオンシネマやサンシャインなどのお店を割引料金で利用できます。

楽天カードは、普段の買い物でポイントが貯まるし、そのポイントを楽天トラベルで使えます。なので、お得にホテル予約ができます。

 

ヨーロッパ周遊|お金の持って行き方まとめ

この記事は、「ヨーロッパ周遊のお金の持って行き方はどうする?【クレカ一択】」を書きました。

クレジットカードを使えば、お得にお金を払えるし、スリも怖くなく、海外旅行保険まで利用できるなど、メリットばかりです。

ぼくは海外旅行のために、新しいクレカを数枚発行しました。

キャッシュレスで、気軽に旅をしましょう!

くりたび
くりたび
いい旅を!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。