パリ野宿はブローニュの森にて

世界一周21日目(9/27) フランス・パリ

7時半に目覚めました。ここはセーヌ川沿いのベンチの上です。ゴミ回収のお兄ちゃんが僕のことをガン見していました。たぶん「こいつ、なんでこんなところで寝てんだ?頭いかれてんのか?」と思っていたことでしょう。僕だってこんなとこで寝たくないよおおお。でも外で寝ると起こされないので睡眠時間が増えます。8時間も寝てました。犬の散歩をしているおじいちゃん達を見ながら歯磨きをしたり、バナナを食べたりしました。目の前の朝日を反射するセーヌ川はキレイなものでした。

そのままスタバに行きブラックコーヒーを頼みました。3.3ユーロ(430円)と高いんですけど量が多く味もイイです。マックで安く微妙なのを飲むよりこっちの方がいいかもしれません。日本のスタバのブラックはいくらでしたっけ?こっちと値段変わらないですかね。スーパーで買った甘いワッフルをむしゃむしゃと食べながらコーヒーを啜ります。iphoneを充電しながら日記を書いたりしてました。

スタバを出て凱旋門に行きました。1時間ほど歩くと建っていました。あれだけ凱旋門が日本でも有名なのに特に感動しませんでした。なんかどこにでもありません?こういうの。ベルリンでも似たようなの見たんですけど。上に登るには9ユーロ(1270円)も払わなくてはいけません。そこまで見たくなかったのでやめておきました。写真を数枚撮ると次の目的地まで歩きました。

とにかく歩きます。大通りを突っ切り森を抜けたりしました。ブローニュの森と言うらしいです、名前からしてかっこいいです。でも僕は羽根木公園の方が好きです。ブローニュの森の頭に行くと目的の建築、フランクゲーリー作、ルイヴィトン美術館がありました。森の中に突然現れるので、おおっとなります。近くの公園でくつろいでから中に入ります。高級ブランドだけあり高級そうな人しかいませんでした。寝袋とマットを持つ僕は場違い感が凄いんですけど、みんなより興味があるので堂々と入りました。入場料は学生で4ユーロ(520円)でした。

中に入りじっくりと見学しました。時期があれなのか、展示物はほぼ無く建築見学みたいになりました。丸っこい建築なんですけど5階までありエッフェル塔が見えました。梁?に木が使われていてヨーロッパでは珍しいなあと思います。wifiがあったので2、3時間ほど過ごしました。トイレで頭を洗おうとしましたが、凄く丁寧に掃除されていたのでやめておきました。

インスタで繋がる数少ない女の子が今パリに来ていて驚きました。中高時代全く女子と話さなかったので、多分その子とも話したことないんですけど。その子は学年で1、2位を争う可愛い子で同じクラスの端っこにいた僕は密かにかわいいなと思っていました(きもい)。もしもすれ違ったりしてたら、確実に引かれるので出会わないことを祈ってます。だって今の僕の格好はホームレス感すごいから。リュックを背負って両手にトートバッグと黒いビニール袋を持ってます。しかも公園で寝てる。しかもpcメガネ。会うなら同窓会がいいですね。

夜まで公園で音読をして過ごしました。アメリカ横断ヒッチハイクの旅の為に英語を頑張っています。外で音読していると、割とジロジロ見られるのですが野宿をしているおかげか精神が図太くなり、人の目を気にしなくなりました。疲れていたので22時半には寝てしまいました。今日の寝床は公園の遊具の隣です。

 

 

面白かったら押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村