モンテネグロの首都ポドゴリツァは驚くほど何もない

世界一周42日目(10/18) モンテネグロ・ポドゴリツァ

8時に起きました。ここはポドゴリツァの安宿です。室内には僕1人しかいませんでした。確か他に1人いましたが朝早く出ていったようです。顔を洗い歯を磨いて洗濯物を持って一階に行きました。

一階の庭部分に洗濯にちょうどいい水道があります。そこでビニール袋に水と靴下とパンツと石鹸を入れて揉み洗いします。ジャバジャバしているとお爺さんが出てきました。挨拶すると「よく眠れたかい?」と聞いてきました。イエス!と答えると、こういう何でもない会話に何故かグッときた自分がいました。

すすぎ洗いを2回して洗濯物をロープに干そうとしたら、お爺さんに「二階で干してね」と言われました。やはり一階はお爺さんの家なのかも知れません。二階のロープに洗濯物を吊るしました。しっかりとした外干しを旅で初めてしました。

それからバスターミナルに行きました。ポドゴリツァからティラナ(アルバニアの首都)のチケットを17.5ユーロ(2300円)で買いました。受付のおばさんは英語を話せました。なぜか毎回チケットを買うとき対応がきつめなので怖いです。

それから街歩きをしました。ネットに書いてあったんですよ、ポドゴリツァは何もないって。でも首都なんで何かあると思うじゃないですか。2時間ほど歩き回った結果まじで何もなかったです。日本で例えると狛江や喜多見です。地元のパン屋や飲み屋があるくらいです。何もせずに、というより何も出来ずに宿に戻りました。まだ12時です。

途中で買った菓子パン(1個40円味微妙)を食べながらyoutubeを見て過ごしました。何を見ていたか気になりますか?気になりませんよね。でも言います。パシフィックヒムです。バナナマン日村が若い女優さんとデートをするのですが、日村の言動を全て設楽とバカリズムの指示通りにしないといけない、と言うものです。それが面白くて宿で笑い転げていました。デート中ふざけ倒して女優さんを笑わせるのですが、突然毒を吐いて場をシーンとさせたりして面白いです。

それを見て3、4時間過ごしたと思います。日村のふざけた動画を見まくった後、関連動画で日村が1600万のポルシェを買うのを見て感動してしまいました。鳥肌が立ちました。早く働きたいぜ。

何もせずに夜になってしまいました。暗い夜道を歩いてスーパーでいつものようにパンとポテチとハイネケンを買い公園に行きました。19時の暗くなった公園で子供達が遊んでいました。赤ちゃん連れの家族もいて治安いいんだなと思いました。

宿に戻りシャワーを浴びました。今日は何もしていません。2、3年前に世界一周中の私はこんな生活をしています!みたいな記事を見たのを思い出しました。その記事では中南米の安宿で、朝起きてネットサーフィンをして、昼になると外に出て安い飯を食べて、夜になるとビールを飲みながらpcを見ている姿が明るく書かれていました。絶対こんな風になりたくないな思っていましたが、今日まさに同じことをしていました。反省してます。そのまま眠りにつきました。

 

 

面白かったら押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村