日本建築

【建築レポート】つくばセンタービルを見てきた!【磯崎新】

こんにちは!くりです。

つくば市にある、つくばセンタービルを見てきました。

つくばセンタービルは複合施設で、ホテルやテナントビル、広場からなります。

設計は、水戸美術館などを手がけた磯崎新氏。

廃墟的な建築をテーマとしていて、本当に廃墟のような広場になっていました。

さまざまな過去の様式の引用があり、非常に見応えがあります。

それでは、たくさんの写真つきで建築レポートを書いていきます。

つくばセンタービルの建築レポート

つくば駅すぐにあります。

バスターミナルからつくばセンタービルを目指します。

花が綺麗に咲いています。

つくば駅周辺の景色。

いろいろな人が、椅子で休憩しています。

マラソンをしている方もよく見かけました。自然も多いので気持ちよさそうです。

つくばセンタービルの広場です。

なんかすごい。

ローマのカンピドリオ広場を反転しているそうです。

磯崎氏は過去の様式の引用を得意としています。

たしかに遺跡っぽい。

中央まで下っていきます。

ちゃんと階段になっています。

水が流れています。

広場の中心は、噴水です。

普通、広場の中心は盛り上がっていくもの。

中心に小さな噴水にしたのが、この広場の特徴でしょう。

ここも遺跡っぽい。

広場の後ろには、ライトオンの本社があります。

広場の上には、ノバホールがあります。

残念ながら関係者以外は入れませんでした。

三角のガラス張りが気になります。

可愛らしいアートもあります。

ずっと水が流れています。

水の音がつねにして、さらに鳥のさえずりも聞こえるので、心がやすらぎます。

ホテル日航つくばです。

ここに泊まりました。

関連記事:【宿泊記】ホテル日航つくばに泊まってきた!【建築】|泊まれる有名建築

ノバホール。

サイコロのような街灯。

印象的な飛び出た丸い空間。

中から見ると、こんな感じ。

まさかの利用できる空間ではなかった。

バブル時代だからできたこと、でしょうか。

自由に読むことができる本が積まれていました。

向かいには椅子もあります。

夕方になると、子どもたちが遊んでいました。

良い遊び場ですね。

もう秋なのに、ビチャビチャになって遊んでいました。

夜はこんな感じです。

まさかの赤でライトアップされています。

ちょっとこわい。

つくばセンタービルの建築レポート 感想まとめ

この記事は、「【建築レポート】つくばセンタービルを見てきた!【磯崎新】」を書きました。

つくばセンタービル、良かったです。

磯崎新氏の代表作ということで、非常に見応えがありました。

このような場所は日本を探しても他にあるのでしょうか。

環境も良かったです。水の流れる音、鳥のさえずり、豊かな自然、マラソンをする人々。廃墟的な広場あるからこそ、目立つ豊かさなのかもしれません。

ただ一方、人の少なさ、店の閉まっている感が気になりました。

建築が目立ちすぎて、お店が目立たなく入りづらさを感じます。コロナ禍もあり、飲食店がすべて出払ってしまったそうです。

今ではコワーキングスペースなどで埋まっています。(ちなみに外から見ても、一切分からなかった)

「良い建築だが、商業的には良くない」と意見を見ましたが、たしかになー、と思ってしまいました。

特撮で売り出すのはどうでしょうか。

広場は仮面ライダーや特撮ヒーローの撮影によく使われるそうです。それを利用して、特撮の街にするという。

「〇〇があるのは〇〇」というのがなければ、人は集まらないと思います。

頻繁にヒーローショーを開いたり、コスプレを用意して撮影スポットにするとか。

建築を最大限に生かして、利益も最大にしていく。面白そうだと思います。

以上です!

≫Googleマップで見る

関連記事:つくば市の有名建築5つを巡ったので、ご紹介します!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。