仮面浪人をするか迷う君に向けて、失敗した僕がエールを送る。

こんにちは!

 

この記事を読んでいる方は受験終わりの高校3年生か大学1、2年生ですかね。

 

仮面浪人の成功率は10%以下とも言われています。
そして僕はその10%には入れず、失敗を経験しました。そんな僕だからこそアドバイスが出来ると思います。

 

まずは僕の仮面浪人体験記をご紹介します。失敗しているので参考にはなりませんが笑。

 

 

大学1年4月

東京都市大学環境学部に入学。
全く勉強していなかったのに高3の時に本気で勉強したら、特待生として合格してた。

 
 

大学1年5月

サークルに入り友達もできて大学を楽しむ。でも心の中がもやもやする。

 

 

大学1年6月

ネットで逆転合格体験記を読む。俺も勉強すればもっといい大学に行けるのでは?
なんとなく黄チャートを解き始める。

 

 

大学1年7月

大学がつまらない。キャンパスが狭いので人見知りの僕にとってはとても窮屈で息苦しかった。
そもそも環境のことを学んで何になるんだ?
もう嫌だ。
再受験を決意。
親に相談したら猛反対。特待で合格して大学名も悪くない。たしかに反対する。
悩みすぎて、毎日土手に座って多摩川の揺らめきを何時間も眺めた。

 

大学1年8月

頼れるバイト先の先輩に思い切って再受験の事を相談してみる。
色々話した後に「君は何のために再受験をするの?」と言われ何も答えられなかった。
「現状から逃げたいだけです」なんて言えなかった。

話したらスッキリしたのか再受験を決定する。なんとか親を説得して後期の休学届けを出した。

 

大学1年9月〜1月

バイトしながら宅浪をした。
11月にバイトを辞めた後、センター試験までに外に出たのは数回だけ。
死にものぐるいで勉強した。

センター試験、全教科6割。
私立理系科目以外は0から勉強したのでまあなんとも言えない。

 
 

大学1年2月

主要科目はそこそこ取れていたので、地方国立と私立明治を受験。
両方とも不合格。
絶対受かると思っていたので、落ち込みすぎて数日間寝込んだ。

 

私立後期で東海大学に合格。
現在、東海大学工学部建築学科に所属。

 

 

 

こんな感じですね。

都市大から東海大と、偏差値も下がり失敗したと思います。

でも僕の人生は180度変わり、良い方向へ向かいました。

 

2度目の大学生活で色々なことを経験しました。人生を謳歌していると思います。
それは再受験という大きな失敗があったからです。

 

 

 

 

皆さんは何故、仮面浪人を考えているのでしょうか?

 

僕のように現状から逃げるため。
学歴をもっと良いものにしたい。
私立から国立に行って学費を抑えたい。
学部を変えたい。
現役時の第一志望にまた挑戦したい。

など沢山あると思います。

 

全てに共通していることがあります。

 

それは

自分を成長させたい

という思いがあること。

 

仮面浪人をするには様々な困難に立ち向かわないといけません。

親に再受験のことを認めてもらう。
今いる大学を切り捨てることを友達に告白する。
周りより一年遅れる。
もう一度高校の勉強をする。

などがあります。それにもかかわらずあなたは再受験をしたがっています。

 

リスクをとって自分を成長させようとする。
その挑戦が自分のマイナスになる訳がありません。

 

大学生をしていると、周りには無気力な人が沢山いる事に気づきます。
失敗が怖いから何も挑戦したくない。勉強めんどくさい。みんながしているから就活する。安定してお金がもらえる公務員になりたい。
ぶっちゃけ大人でもこの考えを持っている人は沢山います。

 

恐らく人生で成功も挫折もない平坦な人生を送ってきたのだと思います。

なので考える幅が狭く選択肢が少ない。

 

しかしリスクをとって挑戦したあなたは、今後も挑戦し続けると思います。
成功も失敗も大きな意味があることを知っているから。

 

周りから反対されても自分で決めた事を最後まで貫き通す。
これが大事なことなのです。
たとえ失敗しても評判が傷付くことはありますが、生き方は傷つきません。
変化を恐れずにいきましょう。

 

仮面浪人は周りに反対されると思います。そして反論できなくて悩んでしまいます。

確かに失敗したらどうしよう。
お金もかかる。

その時は、自分と向き合い悩みに悩んでください。

 

悩んだ末に再受験したいと思うのなら、その強い思いを持ち、自分の信じる道を進みましょう。

 

 

時間をかけて勉強する。

とても素晴らしい考えです。
大人でも出来る人はなかなかいません。全ての人間がこの考えを持っていたら、日本は格差社会になりません。

 

 

自分から一歩踏み出そうとしている気持ちを大切にしてください。

きっとその気持は人生の財産になるはずです。
そして応援してくれる人達に感謝をしながら頑張ってください。

 

 

心から応援しています。