【仮面浪人】失敗体験記とその後の生活、そして分かったことを紹介します

「仮面浪人…しようかな」

「どんな生活を送るの?」

 

こんにちは!くりです。

この記事を読んでいる方は受験終わりの高校3年生か大学1、2年生ですかね。

仮面浪人の成功率は10%以下とも言われています。

そして僕はその10%には入れず、失敗を経験しました。だからこそアドバイスが出来ると思います。

この記事では、仮面浪人をするか迷っている高校生、大学生に向けて書いていきます。

 

僕の仮面浪人失敗体験記

まずは僕の仮面浪人体験記をご紹介します。失敗しているので参考にはなりませんよ。

 

大学1年4月

東京都市大学に入学。

全く勉強していなかったのに高3の時に本気で勉強したら、特待生として合格してた。

 

大学1年5月

サークルに入り友達もできて大学を楽しむ。でも心の中がもやもやする。

 

大学1年6月

ネットで逆転合格体験記を読む。俺も勉強すればもっといい大学に行けるのでは?

なんとなく黄チャートを解き始める。

 

大学1年7月

大学がつまらない。キャンパスが狭いので人見知りの僕にとってはとても窮屈で息苦しかった。

そもそも環境のことを学んで何になるんだ?

もう嫌だ。

再受験を決意。

親に相談したら猛反対。特待で合格して大学名も悪くない。たしかに反対する。

悩みすぎて、毎日土手に座って多摩川の揺らめきを何時間も眺めた。

 

大学1年8月

頼れるバイト先の先輩に思い切って再受験の事を相談してみる。

色々話した後に「君は何のために再受験したいの?」と言われ何も答えられなかった。

「現状から逃げたいだけです」なんて言えなかった。

話したらスッキリしたのか再受験を決定する。なんとか親を説得して後期の休学届けを出した。

 

大学1年9月〜1月

受験費用を稼ぐためにバイトしながら宅浪をした。

11月にバイトを辞めた後、センター試験までに外に出たのは数回だけ。

死にものぐるいで勉強した。

センター試験、全教科合計6割。

私立理系科目以外は0から勉強したのでまあなんとも言えない。

 

大学1年2月

センター数理は9割近くあったので、地方国立と私立明治を受験。

両方とも不合格。

絶対受かると思っていたので、落ち込みすぎて数日間寝込んだ。

私立後期で、某マンモス大学に入学。

 

こんな感じです。

プロフィールにも少し書いています。

関連記事:プロフィール

 

仮面浪人を失敗した後の人生について

都市大から仮面先の大学は、偏差値が下がり失敗しました。

当時は本気で落ち込んでいて、「ここから落ちたら記憶を飛ばせるかな」など考えていました。この世の終わりだと。

しかしこの仮面浪人のおかげで人生が180度変わり、良い方向へと向かいました。

今は人生を謳歌していると言えます。

 

なぜ仮面浪人をしようとするのか

皆さんは何故、仮面浪人を考えていますか?

  • 僕のように現状から逃げるため。
  • 学歴をもっと良いものにしたい。
  • 私立から国立に行って学費を抑えたい。
  • 学ぶ分野を変えたい。
  • 現役時の第一志望にまた挑戦したい。

など沢山あると思います。

 

全てに共通していることがあります。

それは

自分を今よりも成長させたい

という思いがあることです。

 

仮面浪人は挑戦することに価値がある

仮面浪人をするには様々な困難に立ち向かわないといけません。

  • 親に再受験のことを認めてもらう。
  • 今いる大学を切り捨てることを友達に告白する。
  • 同世代より一年遅れる。
  • もう一度高校の勉強をしなければならない。

などがあります。それにもかかわらずあなたは再受験をしたがっています。

リスクをとって自分を成長させようとする。

その挑戦が自分のマイナスになる訳がありません。

 

大学生をしていると、周りには無気力な人が沢山いる事に気づきます。

失敗が怖いから何も挑戦したくない。勉強めんどくさい。みんながしているから就活する。安定してお金がもらえる公務員になりたい。

ぶっちゃけ大人でもこの考えを持っている人は沢山います。

恐らく人生で成功も挫折もない平坦な人生を送ってきたのだと思います。

なので考える幅が狭く選択肢が少ない。

しかしリスクをとって挑戦したあなたは、今後も挑戦し続けると思います。

成功も失敗も大きな意味があることを知っているから。

 

周りから反対されても自分で決めた事を最後まで貫き通す。

これが大事なことなのです。

たとえ失敗しても評判が傷付くことはありますが、生き方は傷つきません。

変化を恐れずにいきましょう。

仮面浪人は周りに反対されると思います。そして反論できなくて悩んでしまいます。

  • 確かに失敗したらどうしよう。
  • 仮面浪人にはお金がかかる。
  • 本当に意味はあるのか。

 

その時は、自分と向き合い悩みに悩んでください。

悩んだ末に再受験したいと思うのなら、その強い思いを持ち、自分の信じる道を進みましょう。

 

時間をかけて勉強する。

とても素晴らしい考えです。

大人でも出来る人はなかなかいません。全ての人間がこの考えを持っていたら、日本は格差社会になりません。

自分から一歩踏み出そうとしている気持ちを大切にしてください。

きっとその気持は、人生の財産になるはずです。

 

仮面浪人に成功、失敗で学べること

仮面浪人を成功させた人は本当に凄いです。

誘惑に負けずに自分と向き合い、学力を目標まで持って行くことは並大抵のことではありません。

一生誇れる経験になるでしょう。

 

では、仮面浪人失敗はどんな価値があるのでしょうか。

それは、大きな決断をした上で失敗することです。

大きな目標を掲げて、宣言して、失敗した経験はありますか?

本当に恥ずかしいし、しにたくなります。今までの時間が無駄になったことを悟ります。

この感情に価値があります。

大きな失敗を経験した人は強いです。なぜなら次の失敗を恐れなくなるから。

 

僕は今まで無気力人間でした。中高時代、部活もせず友達からの遊びも断り、学校が終わるとすぐに帰宅してTVをみて生きていました。

ですが仮面浪人をしてから色々な経験をします。

責任感のあるバイトをしたり、スカイダイビングをしたり、海外を放浪したり、ヒッチハイクをしたり、また大学を辞めたり。

これらの行動は仮面浪人という経験がなければ、手を出さなかったと思います。

 

仮面浪人は自分で人生のレールを外れることを示唆しています。

一度未知なる世界に飛び込むことを経験すると、また知らないことに挑戦しやすくなります。

つまり仮面浪人を経験すれば、人生の選択肢が増えるということです。

関連記事:大学生のうちにやるべきことは「失敗」です【20代にしておきたい17のことを読んで】

 

まとめ:仮面浪人は挑戦するだけでも価値がある

仮面浪人はネガティブなイメージが多いです。

ネットにも色々な負の情報が載っています。

実際、その情報は真実だと思います。

しかし、それを見てもなお挑戦する強い意志があるならば、僕は仮面浪人を勧めます。

もう一度悩みまくって、自分の意志だけで決意しましょう。

 

心から応援しています。

 

関連記事

【数学】たった2冊の参考書でセンター満点、偏差値60を取る勉強法を教えるよ