トラベル

10カ国以上の空港で寝たので、空港泊の方法、必要なもの、注意点などまとめます

「空港で野宿できるの?」

「どうやって寝るの?」

 

こんにちは!くりです。

空港で野宿をすることは可能かどうか、気になる方は多いと思います。

先にバックパッカーのぼくが答えを言いますね。

「空港で寝ることは可能です!!」

実際、余裕で空港泊はできます。

 

僕は10カ国以上の空港で野宿をしたことがあります。

こんなアホな経験を生かして、

・空港での野宿場所の見つけ方

・空港泊のメリット・デメリット

・快適に過ごす睡眠グッズ(結構大事)

・空港泊するときの注意点

などをご紹介したいと思います。

この記事は、「空港泊の教科書」を目指して書いていきます!

 

なぜ空港で野宿するの?

空港で野宿するのは大抵、

・早朝の飛行機を予約しちゃった

・深夜に到着したから

などが理由ですね。

 

ぼくは上記の理由の他に、宿代を浮かしたいから空港泊をしていました。

というかほぼ宿代を浮かすために空港泊をしていました。

海外では空港で寝泊まりしているホームレスがいます。貧乏バックパッカーぼくは、彼らをマネていました。

 

じっさいに行けば分かりますが、空港にいる人間は千差万別。

なので空港で野宿しても大丈夫かな?という心配は杞憂です

自信を持って空港野宿に立ち向かいましょう!

 

空港泊をする手順(方法)をご紹介します

これから実体験をいかして、空港で野宿するための場所探しをご紹介します。

 

0.まずはホームレスを探す(海外のみ)

空港で野宿する人間にとってホームレスは味方です。

何故かと言うとホームレスがいるのは空港で野宿することが黙認されているから。

 

そしてホームレスが見つけ出した場所は、警備員が起こされづらい場所になります。なのでぼくはまずはじめに、ホームレスを探して近くで寝てました。

危険かもしれませんが、ホームレス的にも寝場所を失うことになるので、なにかしてくるとは考えづらいです。

日本の空港にはホームレスいないので関係ないですね!

 

1.アームレスのベンチで寝よう

アームレスのベンチで空港泊

寝袋などを持っている人はどこでも寝れますが、普通は持っていないですね。

そういう方はベンチで寝ましょう。

 

上の画像のようなアームレスのベンチなら、3席ほど使うと横になって眠ることができます。

ここで厄介なのは、アーム付きのベンチ。空港ホームレス対策なのか、ベンチに一席区切りでアームが付いているものがあります。

何度も挑戦して分かりました。アーム付きのベンチでは絶対に眠れません!

たまに頑張ってすごい姿勢で寝ている人を見かけますが、何度も目が覚めて背中がバキバキになることは間違いない。

アーム付きのベンチしかない場合、ほかの手段に移行しましょう。

 

2.空港内の適当な床で寝よう

空港で野宿した

これはぼくが最も使っていた手段です。

通路の床や閉まっているお店の前で寝てみましょう。

 

一番簡単でどこでもできる方法ですが、寝袋やマットが無いと厳しいです。

逆に寝袋とマットがあれば快眠できるのでおすすめ。

ぼくはほとんど通路の邪魔にならないところで寝ていました。

連泊していると追い出されるので注意です。笑

当時の記事:空港泊をしてたら追い出されたので野宿に切り替える

 

成田や羽田で空港野宿は簡単すぎる

調べてみると、日本で空港泊をすることは楽勝のようです。

 

成田空港には空港泊専用の寝床がある

成田空港第2ターミナルにある、北ウェイティングエリアはご存知ですか?

それは空港泊者用の待合所です。

なんとそこには大量のアームレスベンチ、ソファー、そして畳スペースまであります。

詳細はこちら>>>

 

海外で過酷な空港泊をしまくった僕からすれば、日本の優しさに息が止まるレベルで驚いています。

なんていい国なんだ…日本よ。

 

羽田の空港泊について

羽田空港には成田の北ウェイティングのような場所はありません。

ですが沢山のアームレスベンチ江戸小路の椅子があるので、そこで寝てみましょう。

お高いですがシャワールーム(30分、1030円)もあるので、野宿のハードルは低いですね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peanutbutter™さん(@peanut783)がシェアした投稿

 

日本人の国だから安全

完全にぼくのイメージですが、日本の空港で野宿しても絶対にスリにあわない気がします。安心面が半端ない。

かといって荷物をほっておくと取られるので、カバンを枕にするかベンチにワイヤーロックかなんかでつないでください。

 

空港泊をする時の注意点

空港で夜を待つ

ここからぼくが実際に空港泊をして気づいた、空港泊をする時の注意点をご紹介します!

 

1.危険そうな人を避ける

ぼくは見たことがありませんが、怪しい人が空港のベンチで寝てた、とよく聞きます。

空港では警備員がしっかりと24時間態勢で巡回しているので、危険なことはないように思いますが、僅かな可能性にも対策するために、怪しい人の近くでは寝ないようにしましょう。

 

2.寝るときに荷物を枕にするか抱える

旅行者は貴重品の詰まったバッグを持っているもの。なので盗まれないようにしっかりと管理しましょう。

ぼくがやっていたのは、バッグを枕にして寝ていました。貴重品はすべてセキュリティーポーチの中に入れて。

これで今までの旅行で取られたことは一度もないです。

 

3.防寒具を用意しておく

夜の空港は寒いです。特に深夜は5℃以上下がることも。そんな時のために防寒具をちゃんと準備しておきましょう。

特にパリのシャルル・ド・ゴール空港は深夜にかけてかなり冷え込みます。笑

あのときは寒すぎて眠れませんでした。

 

4.早めに寝る場所を確保しておく

空港泊をする人は多くいるもの。なので場所の取り合いになることもあります。

早めに寝る場所を見つけて、スペースを確保していおきましょう。

 

5.空港泊の評判を確認する

sleeping in airport 空港泊

これが一番重要です。

ぼくはヨーロッパの空港でしか空港泊をしたことがありません。なので危険がなかったのかも。

 

空港でも各国によって雰囲気は変わります。なので先にその空港のことを調べてから、空港泊をしましょう。

ぼくが空港泊をする前に、必ず確認していたのは、Sleeping in Airportsというサイト。

これは空港泊専用のサイトで、実際に空港で野宿をした方のレビュー(英語)がのっています。

空港の雰囲気や実際にしてみてわかったことなどがここに集約されているので、空港泊をするまえに、このサイトで確認をしたほうがいいでしょう。

 

例えばスペインのバルセロナ空港でバッグを盗まれたというレビューがあったので、ぼくは慎重に荷物を管理しました。

危険を回避するためにも、まずはこのサイトでご確認ください。

Sleeping in Airports>>>

 

空港で野宿をするメリット・デメリット

空港

ぼくが色々なところで空港泊をしてきて分かった、メリット・デメリットをご紹介します!

 

空港泊のメリット

1.お金がかからない。

空港で寝ることはタダです!お金はかかりません。

交通費はかかりますが、ヨーロッパでは100~500円で空港から都市へ電車かバスで行けます。東京から成田まで1000円という値段ではないのでご安心を。

 

ぼくはベルギーを旅している時、ブリュッセル空港に連泊してました。

他の旅人たちは観光が終わると「よし、そろそろ戻るかー」とホステルに戻りますが、ぼくの場合は「よし、そろそろ戻るかー」と空港に戻っていました。

連日、ぼくのことを見た空港の職員は「こいつ、いつ行くんだ?!」と思っていたでしょう。

 

さらに交通費の400円しかかかっていません。都市部のホステルは3000円。3000-400=2600円浮きます。その浮いたお金でベルギー名物のムール貝を嗜みました。

 

2、安全に寝ることができる。

空港で寝るなんて怖い…なんて思いでしょうか?

空港泊は意外と安全です!

 

なぜなら軍人が24時間パトロールしているから。1mくらいのライフルを常に持ち、2人組で空港内を監視しています。

日本では絶対にありえないのでビビりますが、強い味方です。

安全に睡眠をとりましょう!

 

3.wifiが飛んでいる。

せっかく宿に泊まったのに、wifiが部屋まで届かないなんて事はよくありますね。空港では沢山の外国人がいるので、大きい空港では必ず24時間wifiが飛んでいました。

ぼくはベンチで寝転がりながら、youtubeでガキ使を見て楽しみました。

 

4.トイレが綺麗。

空港のトイレは広くて綺麗です。

思い切って洗面台で洋服を洗っちゃいましょう。ついでに濡れタオルで体を拭いて、さらに洗面器に頭を突っんで髪まで洗いましょう。他人の視線を気にしたら負けです。

僕が洗面器で髪を洗っていると、後ろで

「ワォ!クレイジー…」

とおじさんが呟いていました。

流石に心に刺さりましたが、僕は聞こえないふりをして洗い続けました。

社会で戦うには強靭な心が必要。今のうちに鍛える事ができます。

 

そして衣類を洗濯することもできます。意外といろいろできるのが空港泊です。

関連記事:バックパッカーが、海外で洗濯する5つの方法を挙げてみる。

 

空港泊のデメリット

空港

1.けっこう眠りにくい。

空港泊の一番の問題は眠りづらいこと。

夜になっても暗くなることはありません。さらに大きなアナウンスが深夜と早朝に流れます。

基本ベンチでねるので寝心地悪いです。でもマットと寝袋があれば快適に眠れます!最低寝袋は欲しいところ。

海外では沢山の外国人が空港泊をしていますが、ほとんどの人は私服でそのままねています。寝心地悪そうですが。

あと夜の空港は寒いです!!

防寒具を必ず持っていきましょう。

 

2.起こされる。

空港で寝ていると、たまに起こされます。

運悪く深夜清掃のエリアにねてしまい「場所を移動して」とおこされたり、理由が分からずに起こされることがあります。生存確認でしょうか。

 

3.シャワーを浴びることができない。

女性にとっては厳しい問題かもしれません。たまに無料のシャワーがあるようですが、ほとんどの空港にはないですね。

日本から持ってきたハンドタオルを濡らして、体を拭けば問題ないです。結構シャワーなしでも貧乏旅をしていれば慣れます。

シャワーを浴びたい場合はホステルに泊まった方が良いです。

 

空港泊で快適に過ごすための必要な持ち物7つ

空港で寝てみる

空港泊は色々対策しないと眠れない可能性があるので、対処できるグッズを紹介します。

ぼくが実際に空港で寝て必要だと感じたものです。これらのグッズがあれば快眠間違いなしでしょう。

 

ネックピロー

ネックピローとは枕のことです。

空港泊では枕があるかないかで、快眠度が劇的に変わります

僕は貴重品など入れたサブバックの上にネックピローをおいて寝てました。

 

ちなみに海外旅の時に役に立ったものNo1はネックピローです。

空港泊のときは勿論、飛行機、長距離バス、野宿、いつでもぼくを快眠へと導いてくれました。これをなくしてしまった時、座りながら寝ると首が下に落ちてしまって、よく首を痛めていました。

空港泊とは言わず、旅行に必要なものだと思います。

おすすめは下のようなU字で空気でふくらませるもの。そのほうが持ち運び便利です。

 

アイマスク

当たり前ですが空港は常に明るいです。

照明に当たりながら寝ると、睡眠が浅くなるのでアイマスクは必須。

以前タオルをのせて寝たこともありますがいつか必ず落ちます。なのでアイマスクを持っていたほうがいいでしょう。

耳栓は使いませんでした。たしかに眠りやすくなると思いますが、視界と耳を塞ぐと怖いので。

 

防寒具(ブランケット)

空港は寒いです。深夜はとくに。なので防寒具やブランケットを持っていくべきだと思います。

以前、パリのシャルルドゴール空港で野宿をしていた時、寝袋に入ってもめちゃ寒くて朝4時に目が冷めてしまいました。

睡眠をしっかりと取りたいのなら、寒暖差に注意です。

当時の日記:ショッピングモールは旅人のオアシス

 

もしも寝袋を購入する予定なら、国内の寝袋専門メーカーの「イスカ」で探すことをおすすめします。

ぼくは野宿系バックパッカーで、世界一周に持っていく寝袋を探しましたのですが、このメーカーよりコスパの良いものは見つかりませんでした。

コールマンもいいのですが、重くて持ち運びが大変なんですよね…。

なのでコスパに優れたイスカのウルトラライトが旅に適していると思います。

 

セキュリティーポーチ

セキュリティーポーチも旅行者は必須ではないでしょうか。

腰に巻くバッグで、パスポートやクレジットカードを入れておくことができます。ボディバッグなので盗まれる確率はほぼないでしょう。

貴重品を分離しておくことが重要です。ぼくは大型バックパックをなくしたことがあるのですが、セキュリティーポーチに貴重品を入れていたため、被害は少なくすみました。

セキュリティーポーチは絶対に必要なものです。

当時の日記:高速バスに置いてかれ、バッグパックを失い大学行く格好と同じになる

 

ワイヤーロック

先程も言いましたが、寝ている時盗まれないようにスーツケースをベンチにくくりつけておくために必要です。

トイレに行く時にバックパックを机にくくりつけたり、ドミトリーでベッドにくくりつけて遊びに出かけたり。そんな時にも便利。

※ベンチにバックを括り付けておいて、トイレに行くことは禁止です。以前ぼくのバッグが不審物と疑われて警備員に怒られた経験があります。(何してんだ)

 

延長コード

空港の電源数は数少ないので、一つしか使えないことが多いです。(特に海外)

そんな時に必要なのは延長コード。

しかも時間のない時に電源が一つしかないと焦ってしまうので、意外と必須アイテムだったりします。

ただ注意なのが延長コードが重いということ。この前の旅でタップが4つのものを持っていったのですが、重すぎて途中で断舎離しました。笑

タップ2つのものが、ちょうどいいと思います。

 

石鹸

空港のトイレで髪を洗うことができます。

あっ、そんなことしませんよね…。

でも僕は外国人の視線に耐えながら洗髪してましたよ。ほらっ、清潔感大事だし!

石鹸は旅に必要なものです。髪を洗うこともできるし、洗濯もできます。

どの国でも簡単に購入できるのも良い!

関連記事:バックパッカーの海外旅行中に洗濯する方法5つ【グッズもご紹介!】

 

まとめ:空港泊は誰でもかんたんにできる!!

空港で野宿することは節約に繋がります。そして時間の有効活用に!

しっかり空港泊の準備をしていれば快適に過ごせるので、ぜひ試してみてください。

~空港泊に必要なもの一覧~

 

関連記事

世界一周に向いていない人がもつ特徴5つを世界一周挫折者が挙げてみる

海外で野宿をする3つのメリットを、バックパッカーが紹介します!

ヨーロッパ旅行の費用を格安にする方法【おすすめ物価の安い国も】

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。