ヨーロッパ旅

ヨーロッパ貧乏旅行で「食費を1日3ユーロ」に抑えるコツ

「ヨーロッパに行きたいけど、お金がない!」

「食費を抑えるコツってないかな~」

 

こんにちは!くりです。

ヨーロッパ旅行をするとしても、気になるのが食費ではないでしょうか。

物価の高いヨーロッパなので、もちろん食べ物を高く付きます。

しかしぼくは1日3ユーロ(390円)で済ませていました。

ヨーロッパ貧乏旅行を3回もしたことがあるぼくが、食費を抑えるコツを紹介します。

 

本記事は「ヨーロッパ貧乏旅行で食費を1日3ユーロに抑えるコツ」を書いていきます。

 

食パン+フルーツで1日3ユーロ

結論から書いてしまうと、ヨーロッパ貧乏旅行で食費を一日3ユーロ(390円)に抑えたかったら、食パンとフルーツを食べてください。

 

ぼくの一日の食事は以下のとおりです。

  • 朝:公園で食パン+バナナ
  • 昼:公園で食パン+バナナ
  • 夜:公園で食パン+バナナ+缶ビール

 

フルーツはバナナ、プラムなどがヨーロッパでは安く買えます。

食パンもフルーツも量が多く1ユーロで買えるので、貧乏旅行には欠かせません。

 

  • 朝:公園で食パン+ハム+チーズ
  • 昼:公園で食パン+ハム+チーズ
  • 夜:公園で食パン+ハム+チーズ+缶ビール

フルーツはハムとチーズでも代用できます。飽きたらハムチーズに変更しましょう。

 

当時は公園で暮らしていたので(野宿)、全てin公園になっていますが、基本こんな食事メニューでした。

 

「バナナとビールって食べ合わせいいんだっけ…?」

と心配になる場面はありましたが、割といけます。

 

ヨーロッパでは缶ビールがめちゃ安く、1ユーロで買えます。その代わり、味は微妙なんですけどね…。

「安くて美味しいのが飲みたい」と思ったら、ハイネケンかコロナビールがおすすめです。1ユーロでは買えませんが、味は保証されています。

 

この食生活を続けると、自尊心を失い、体が弱っていく

このメニューで毎日を過ごすと、確実に食費は削れます。

普通に海外旅行をするときの、10分の1に収まると思います。

 

ただこの完璧に食事メニューにも欠点は1つあって、

この食生活を続けると、自尊心を失い、体が弱っていく

ということです。

一日のふとした瞬間に、「やだ、私って…ねずみ?」と自分と向き合ってしまいます。。。

 

その対策として、

たまにはヨーロッパの美味しい菓子パンを食べたり、

 

3ユーロの野菜ボックスを食べたり、

 

いい感じのレストランで名物を食べたり、

 

ということをすれば、いい感じで旅は進んでいきます。

 

そしていい感じの景色を見ちゃったりすれば、最高です。

 

Sponsored Links

まとめ:貧乏バックパッカーは食パンで乗り切ろう

この記事は「ヨーロッパ貧乏旅行で「食費を1日3ユーロ」に抑えるコツ」について書きました。

食パンはバックパッカーの味方です。特にヨーロッパの食パンは美味しいので、一度は食べてみてください。

10カ国以上の食パンを食べて、ダントツに美味しかったのはフランス、その次はドイツ、イタリアなど、最下位はモンテネグロでした。

この誰の役に立つか分からない知識を抱えて、ヨーロッパに旅立ちましょう。

以上です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。