大学退学(中退)の流れと手続き方法を、2度退学したぼくが教える

こんにちは!

再受験のために大学を中退して、最近また再受験先の大学に退学届を提出した人間です。

と言っても、これから世界一周をするので休学の代わりに退学しただけなんですけどね。

 

皆さんはどうして退学しようとしているのでしょうか?

  • 学費が払えない。
  • 勉強についていけない。
  • 大学が楽しくない。
  • 僕のように再受験する。

など色々ありますよね。

自分と向き合い悩んで、退学するというのならポジティブ退学として胸を張って学生課に行きましょう。

では、僕が実際に行った退学の流れを説明していきます。

 

大学退学(中退)の流れ

僕が実際に提出したマジの退学届↑

 

1.学生課に行き、退学届を貰う。

まずは大学の学生課に行きます。

そして受付の人に小さめの声で「あの~休学したいんですけど」

と言いましょう。

 

ここでポイントなのが「退学」ではなく「休学」ということです。

いきなり「退学」というワードを使うと、学生課の職員全員がびっくりします。

そしてすべての視線がこちらへ。(まじで気まずい)

 

休学というワンクッションを入れてから、小声で「すみません、実は退学を考えていて…」と言うほうが、お互いに心持ちが良いです。

そして退学届をもらいます

 

2.親からサインを貰う。

退学届けは

  1. 自分の記入欄
  2. 保護者の記入欄
  3. 指導教員の記入欄
  4. 学部主任教授の記入欄

で構成されています。

(僕の大学の場合です、ちゃんと調べてみてね)

 

自分の記入欄(住所、氏名、連絡先、退学理由など)を埋め、次に親にサインを書いてもらいましょう。

親のサインを偽造して勝手に大学を中退する人がいるらしいですが、絶対にしてはいけません。

親のお蔭で大学に入学した人は、しっかり親の許可を得て中退しましょう。

 

2.5,親を説得する方法

親の説得は難しいですよね。

2度も親を説き伏せた僕からアドバイスをすると、将来設計をしっかりしておくことです。

僕はA4の紙に自分の将来設計図を大きく細かく書いて親に見せました。

22歳までにこういう資格を取得して、24歳にはこの大学院に行き、27歳で独立、30歳でタワーマンションに住む。

みたいに将来図を詳細に書きました。

そして、その紙を見せながらこれからどういう時代になっていくか、どういう仕事が稼げるか、どういう大人が人よりお金を貰えるか、など語ります。

勿論決して正しいとは言えない持論ですが、「ここまで考えているのか」と親を安心させました。

そして大学の退学を許可してくれました。

 

親を納得させるには自分の将来像をはっきりさせておくことが一番の有効打です。

「いや、なんかだるいから」

「勉強めんどくさくてさ」

などと言っても親は納得してくれません

というより友達すら納得してくれないです。

大学退学後の進路をしっかりと決めておきましょう!

 

自分で埋めるものを終えたら、後は教授のサインです。

 

3.指導教員からサインを貰う。

大学生は一人の指導教員が設定されています。

誰が自分の指導教員なんだ?

と思う人は学生課で聞いてください。

僕の場合、全くの初対面の教授でした。

 

教授の記入欄を埋めてもらうため、教授の研究室に行きます。

僕はアポ無しで行きました。

 

研究室に行くと、大学院生だけしかおらず待機することになりました。

大学院生(かわいい)と二人っきりで無言で10分ほど過ごしました

何故無言かと言うと最初に「なんの用事かな?」と聞かれ、

「退学届にサインを頂きたくて」といってしまったのが原因です。

完全に相手を緊張させた!!

 

休学というワンクッション入れ忘れたー!

と後悔しました。

15分経っても教授が来なくて、自分から話しかけて和やかな雰囲気になりました。

よかったー。(時間経ちすぎ、笑)

 

指導教員の先生に、サインを貰います。

この時に自分が退学してからどうするか、将来へのビジョンをしっかりと語れるようにしましょう。

教授が「そんなことでは退学を許可しない」と言うことはないと思いますが(そんな学生思いの教授はいない)、ちゃんと説明したほうが自分で覚悟を決める瞬間になりますし、相手からしても気分が良いと思います。

お互いにグダグダな感じで終わっても良い気がしないです。

 

最後に失礼します!と笑顔で退室しましょう。

 

4.学部主任教授から判子を押してもらう。

指導教員の件と同じように、判子を押してもらいます。

ここでもアポなしで行きました。

もう一度将来のビジョンを語れるように考えておきましょう。

 

判子を貰います。

これで退学届の完成です!

 

5.学生課に退学届を提出する。

学生課に退学届を提出します。

退学のことを会議にかけられるらしいのですが、ほぼ通ると思います。

 

これで退学の完了です。

数カ月後に退学認定通知書が届きます。

 

6.大学退学の完了だ!

ネガティブな退学でもポジティブな退学でも、あなたはこれから自由の身です。

退学と言っても、ただ大学というコミニティから抜けるだけです。

あなたが大学を辞めても希望あふれる若者には変わりません。

胸を張って大学を去ろう!

 

まとめ:大学退学なんて小さなこと

大学退学を重く捉えている方に言いたいです。

退学なんて人生の長いスパンで考えたら小さなこと。

人それぞれの捉え方だけで物事の見方は大きく変化します。

大学中退後、紆余曲折を経て大企業に勤めている友人もいますし、しっかり卒業してフリーターの人も知っています。

退学してからが勝負です!

じっくり考えて悩んで行動しましょう。

 

真面目に書いた記事、あります。

ほんとうに大学辞めたいの?無職になる覚悟できてる?