旅で長距離バスに乗る時間が一番好き

世界一周14日目(9/20) ドイツ・ワイマール

ブロンッッッッブンブンブン、ブロンッッッッブンブンブンという音に起こされました。起き上がってみるとバイクのヘッドライトの強烈な光が僕を照らしていました。昨日美術館前のシングルベッドくらいのスペースに寝ていた僕は直ぐに荷物をどかしました。どうやらここはバイク置き場のようです。わざわざバイク一台のスペースを設計させるとはあの人は金持ち館長なのでしょうか。全ての荷物を急いで片付けて「ソーリー」というと苦笑いしながら「大丈夫だよ」らしき言葉をドイツ語で言ってました。クレイジーな1日の始まり方です。

6時に起きたので駅のマックに向かいました。1ユーロのコーヒーを頼みwifiを使い調べてみると、ここは僕が来たかった場所ではありませんでした。バウハウスという建築を見たかったのですが、バスで2時間くらい離れたバウハウスミュージアムの場所に来てしまいました。これには自分でも笑ってしまいました。どんだけー。

駅前で朝食を取りました。ワイマールの駅前は小鳥のさえずりとひんやりとした空気で気分の良いものでした。ここワイマールはワイマール憲法の所らしいです。僕は世界史を赤点しかとらないくらい興味が無かったのですが、ワイマール憲法だけは何となく覚えています。まさかここで再会するとは思いませんでした。

それから高速バスを予約しました。昼からケルンに向かいます。少し時間があったので街を散策しました。穏やかで大きな公園もあり学生もいてイイ街です。バウハウスミュージアムに行くと閉館中でした。またかー。実はベルリンのバウハウスアーカイブに行ったのですがそれも閉館中でした。バウハウス本体も通り過ぎちゃったし、もう完全に縁がないという事でバウハウスは記憶から消すことにします。ちなみにバウハウスは建築や芸術を学ぶ人は皆知っているほど有名な場所です。簡単に言うとバウハウスは短期間で時代を先取りしまくった伝説の教育機関なんですよ(日本でいう吉田松陰みたいな)。調べて見てください。

昼になりバス停にいる時、アジア人の女の子に「フリックスバスの乗り場ってどこ?」と聞かれました。その聞き方が、分からないことは質問するのは普通でしょ、というようなフラットな感じで羨ましかったです。僕なんていつも緊張しているのに。その後水やパンを買い揃えてバスに乗りました。

7時間の長旅のバスでは割と暇をしないで過ごしていました。DLしていた是枝監督の「海よりもまだ深く」を見ました。2回目の鑑賞なんですがやはり面白いです。今まで見て来た映画の中でトップ3に入ります。是枝監督の映画は日本感を強く押し出しますよね。おかげで早く日本に帰りたくなりました。音楽を聴きながら景色を見ていました。世界一周の一番楽しい時間は、実は長距離バスに乗っている時ではないでしょうか。ああ、今地球の中で移動してるんだ、と感じさせてくれます。

ケルンに着くとショッピングモールのwifiで地図をDLしたりH&Mで靴下を買いました。皆さんヨーロッパのH&Mはwifiがあります。別にカフェに入らなくてもネットはできるので是非使ってみてください。

電車で空港まで行きました。空港まで7ユーロ(900円)もかかりました。ちょっと悪態をつきました。首都ベルリンの空港より大きく綺麗でした。シャンプーをして1時にベンチで眠りにつきました。

 

 

面白かったら押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村