旅が終わるころに、旅が楽しくなってきた22歳

世界一周65日目(11/10) フランス・マルセイユ

9時に起きました。ここはユニテダビタシオンの一部屋の中です。昨日憧れの建築物を目にした勢いで1万超えのホテルに泊まってしまいました。

チェックアウト時間は12時です。それまでダラダラします。景色がいいので窓を全開にして外を見れていました。1万円の部屋がホテル的にはどのレベルかわかりませんが、僕にしてはとても高額です。

その部屋に泊まれる優越感を初めて体験しました。節約、節約というよりも自分でお金を稼いでいいホテルに泊まったほうが意識も上がるし自分のランクが高まったような気がします。3万円のホテルに泊まれるように努力したいです。

ギリギリまでだらだらしてチェックアウトをしたあと、レセプション併設のカフェに入りました。アメリカンコーヒーを飲みながら景色を楽しみました。このカフェからはフランスの海が見えます。気分いいですね。コーヒーは2.5ユーロ(330円)でした。安いっ!

外に出てもずっとこのユニテダビタシオンを眺めていました。小雨が降っても眺めていました。それぐらい惚れ惚れします。

1時間以上見たり、写真を撮ったり、読書したりして街に戻りました。今日はバスでリヨンに行きます。出発の20時まで時間がありました。

街をブラブラしていても、特にいいところも見つかりません。マルセイユは海沿いがいいらしいです。なのでまたユニテダビタシオンまで歩いて戻りました。

歩いて1時間はかかります。久々の運動で楽しいです(滅茶苦茶疲れる)。

最近は旅が楽しくなってきました。3日前は日本の友人と会い、2日前はK子さんとご飯を食べて、1日前は見ず知らずのおじさんが家に泊めてくれて、今日は憧れの建物に泊まってた。

こう考えるとすごく充実してます。なんで旅の終わりで充実するんだっ。これが分散してたらもっと旅を長く続けられたのでしょうか。どうでしょうかね。

旅はあと4日間です。13日にパリから成田へ帰ります。

またユニテダビタシオンを眺めたあと、電車でマルセイユ駅に戻りました。相変わらず黒人のホームレスたちはいます。大声とか暴れたりしていて、これはだめだと思いました。

駅内のカフェでコーヒーを飲みながら高速バスを待ちます。フリックスバスは時間どおりに来ました。4時間のバス旅をします。

リヨンに着きました。0時40分です。こんな時間にチェックインできない気がしたので今日は野宿です。

暗い街中をさまよいます。一つ気づきます。リヨン治安良すぎ!!

少し歩いただけですが、パリやマルセイユよりずっと治安が良さそうです。同じフランスでもこんなに違うんですね。

リヨンにはローヌ川が流れています。そこのベンチに寝袋を敷きました。久々の野宿です。

 

 

面白かったら押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村