ジム選び

ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックするポイントなどまとめ!

「スポーツジムの見学に行こう、でもどんな服装で行けばいいの?」

「ジムの見学は緊張する…、ちゃんと準備しておこう」

こんにちは!くりです。

ジムに入会するときに、まずやることは”見学”ですね。

ぼくもジムに入会する時に、見学をしたわけですが、結構緊張しました…。

そこで!ジムの見学をする方に向けて、ここで詳しくまとめてみます!

※筆者は筋トレを1年以上続けています。この背景をもとに「ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックするポイントなどまとめ!」を書いていきます。

まずはジムの見学を予約しよう!

まずは見学の予約をしましょう!

予約は公式HP・電話からできます。↓

ちなみに、予約なしで飛び込みでジムに行っても、見学させてくれると思います。

ぼくは公式HPから予約したのですが、何が起こったのか予約できていませんでした。

しかし当日、予約できていない状況でも見学させてくれました。

ジムのスタッフさんが忙しくなければ、対応してくれると思います!

ジムの見学って何するの?

見学は施設内をみたり、マシンやシャワーなどのチェック、会費などの確認をします。

気を張ることはないので、気軽に見学しましょう!

ジム見学の事前準備

ジムの見学する服装

ジム見学は、私服で大丈夫です!

ぼくはステンカラーコートとデニムで行きました。

見学なので、見るだけです。格好は関係ありません。

ただ体験も兼ねているのなら、スポーツウェアも用意しましょう!

ぼくの時は、見学+入会契約で一日、そして別の日に初回体験をしました。

(初回体験では体重や筋肉量を測ったりします)

関連記事:ジムの持ち物はこれだけです!【絶対必要なものは7つ】

ジムの見学に必要なもの

ジム見学で必要なものは、特にありません!

手ぶらでもオッケーです。

ただ、ぼくはジムの選択肢がそこしかなかったので、入会するつもりで行きました。

なので、契約に必要な印鑑やクレジットカードなどを持っていきました。

入会に必要なものは、スポーツジムの公式HPに書いてあると思います!

ジムを見学しないで入会ってどうなの?

くりたび
くりたび
正直、やめたほうがいいです!

ジムは見学してから、入会するか決めましょう。

というのも、ぼくがジムを選ぶ時、

「筋トレできるならどこでもいいでしょ、見学するのめんどくさいし」

と思い、見学なしで入会しました。

そしていつものように朝8時にジムへ行くと、まさかの混雑。

「前のジムは、この時間混んでなかったのに…」

と見学せずに決めたことを、やっと後悔しました。

くりたび
くりたび
若者が多い街のジムは、朝利用の方が人気なんですね

2ヶ月ほどそこに通ったのですが、混雑とジムの狭さでやめようかと考えたほど。

そこで、エニタイの相互利用を思い出して、他店に移りました。

相互利用があるならいいのですが、後悔しないためにも、

見学をしてから入会するか決めたほうがいいと思います!

ジムの見学でチェックするポイント

ジム見学でチェックするポイントを書いていきます。

ぼくは他店舗利用制度を使い、10箇所以上のジムを見てきました。

その経験を生かして、ご紹介します!

営業時間

営業時間は結構大事です。

ぼくがおすすめなのは、24hのジム。

ジム利用の客が全時間にバラけてくれるので、混雑は少ない気がします。

会費

会費もしっかり確認しておきましょう!

相場は月々7,000~11,000円くらいな気がします。

都心から離れていくほど安くなりますね。

清潔感・開放感

これは重要です!

清潔感と開放感があるかないかで、モチベーションはかなり変わります。

  • シャワー室が掃除されているか
  • マシンは定期的に拭かれているか
  • 窓は大きいか

などをチェックしましょう!

都心の店舗は、開放感は諦めたほうがいいかもしれません。

ぼくはジョイフィットに通っているのですが、乃木坂店の狭さにはびっくりしました。

くりたび
くりたび
あれは毎日行くのはちょっときつい…。

住宅が多い地域のジムは、広くて清潔感があるところが多い気がします!

客層・混み具合

自分が行きそうな時間帯に、見学をしましょう!

その時に、客層や混み具合をみることができます。

やはり、混んでいない時にトレーニングをやりたいですよね。

そんな時は、朝の時間がおすすめ!

早朝なら、一日を早めにスタートすることができて、爽快に日中を過ごすことができます。

関連記事:早朝ジムを11ヶ月間続けたので、メリット・デメリットを書いていく!

マシンの年季具合

マシンの年季具合もチェックしておきましょう。

古いマシンだったら、「壊れそうで危ない」とかではなく、「持つところがべたべたする」んですよね…。拭いてもふいても。

ラベルが薄れていたり、マシンに付いたシールが剥がれ気味なやつは古いです。

何箇所もジムに行って気づいたので、たぶんこの方法で当たります笑。

家との距離

いちばん大事なのは、家との距離です。通いやすさですね。

徒歩圏のジムがあるなら、そこに決めましょう!

自転車もオッケーで、電車はきついと思います。いちいちジムに行くために電車に乗るのはめんどくさすぎです。

ぼくはジムの継続できるかどうかは、通いやすさにあると思っています。

くりたび
くりたび
それほど大事です!

知り合いがいるかどうか

これは確認できませんが、知り合いがいるかどうかも知りたいところです。

「お~このジムに通ってるんだ!」という関係ならいいですが、

「あ~、このジムに通ってるんですね…」

みたいなら微妙ですよね。

でも、確認する方法が見つからないのがあれなんですけど。

ここで一つおすすめなのは、パーソナルトレーニングジムに通うこと。

これなら個室でトレーナーさんとマンツーマンなので、知り合いに会うこともありません。

ジムで一番難しいのは継続すること、しかしトレーナーさんと二人三脚で筋トレを行えば是説する可能性はぐぐっと減ります。

今では2ヶ月29,800円~と、格安料金で利用できるところもあるので選択肢の一つとしてもいい感じ。

詳しくは、「【格安あり】パーソナルトレーニングジムのおすすめ3選をご紹介します!」を参考になると思います。

【格安あり】パーソナルトレーニングジムのおすすめ3選をご紹介します!「パーソナルトレーニングジムに通おうかな」 「選ぶときの注意点が知りたい!」 こんにちは!くりです。 世の中で筋トレのメリット...

まとめ:とにかく見学に行こう!

この記事は「ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックするポイントなどまとめ!」を書きました。

色々書いてきましたが、ジムに見学するのは超簡単です。

でも、ジム通いを続けることが大変ですね。

なので、すぐに見学して入会しましょう!

くりたび
くりたび
そして筋トレを続けましょう!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。