アルバニアを観光したら好きになってた。街の雰囲気や治安、通貨などまとめ

こんにちは。

ヨーロッパ20カ国を旅した事がある、ヨーロッパ大好き大学生です。

皆さん、どういうアルバニアのイメージをお持ちですか

というよりアルバニアのことを知っていますか?

僕はネットの情報から

「アルバニアって危ない国なのかな?」

「何もなさそう」

と思っていました。

しかし実際に行ってみるとそんなイメージは一掃され、いつの間にかアルバニアをことが好きになっていました。

2018年秋にアルバニアを旅した僕が、アルバニアについてまとめたいと思います。

この記事は

  • アルバニアはどんな国なんだろう?
  • 旅行ついでにアルバニアに行こうかな
  • 実際に行ってみた人の感想を聞きたいな

という方に向けて書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

アルバニアはどんな国?

アルバニアの正式名称はアルバニア共和国(Republic of Albania)です!

首都はティラナです。

公用語はアルバニア語です。

英語は結構通じます!

西側はアドリア海に面しているので、リゾート地としても観光客が訪れます。

1980年代にヨーロッパ最貧国と比喩されました。

そしてねずみ講に国民の大半がハマってしまう歴史もあります。

かの有名なマザー・テレサはアルバニア人です。(生まれはマケドニア)

なので首都ティラナにある国際空港は「マザーテレサ空港」と言われることもあります。

 

アルバニアはヨーロッパのどこにある?

東ローロッパのバルカン半島南西部に位置しています。

上にはモンテネグロ、下にはギリシャがあります。

 

アルバニアの通貨は?

アルバニアの通貨は「レク」です。

1レク=1.03円です。

300レクなら300円と、そのまま日本円と考えられるのでわかりやすいですね。

 

アルバニアの治安は悪いの?

夜に子どもたちが路上でサッカーしてる

 

アルバニアには麻薬取引や犯罪組織の存在が指摘されていますが、日本人が巻き込まれたケースはほぼありません。

近年、日本人が犯罪に巻き込まれた報告もないそうです。

僕が実際にアルバニアを歩いた時、治安は良いと感じました。

危ない雰囲気などなく、ふらふらと夜の街を歩いたときも怖いことはありませんでした。

アルバニアは1990年代までほぼ鎖国状態にありました。

なので日本のように外国人が少ないので治安も悪くならないのでしょう。

フランスやドイツなど移民が流れ着く国と比べたら、確実に治安は良いほうです。

 

アルバニアをなんで好きになったの?

ここから僕がなぜアルバニアが好きなったかをご紹介していきます。

 

1,アルバニア人は優しい!

アルバニア人は優しいです。

適当に入ったケバブ屋でおっちゃんに、

「日本から来たのか、そうか日本人はあまりこの国に来ないから嬉しいよ、アリガトー」

と言われました。その後もアルバニアのことを教えてくれました。

その他にも、チケット売り場を探している僕に、お兄さんが「こっちだ」と値段や時間を説明しながら連れて行ってくれました。

まあ客引きか、値段上げられるのかな、と思っていると、お兄さんは「ここで買えばいいぞ、じゃあな」と去っていきました。

客引きではなく、休憩中のカフェ店員でした。

まじかよ!しかも最初客引きかと思って適当にあしらっちゃったのに…

それでもめげずに教えてくれました。

あと高速バスの隣に座ったおじさんが優しく何度も気遣ってくれて、パンを分けてくれたり。

アルバニアには親切な人が多い印象です!

 

2,物価が安い

大事ですね。

ヨーロッパなのに物価が安いです。

首都ティラナにはオシャレなコーヒーショップがたくさんあります。

そこで頼むアメリカンコーヒーは70円でした。やすい!

wifiも使えるお店は多くありました。カフェならほぼwifiあります

宿のドミトリーは最低700円から、シングルは1500円からあります。

長期滞在にもってこいな国です。

 

3,絶景が多い

アルバニアに絶景が多いのは知っていましたか?

アドリア海に面し、山に囲まれたアルバニアには秘境が多くあります。

代表的な場所をご紹介します。

 

ブルーアイ

アルバニアの南部にあるサランダという街にある神秘的な美しい泉があります。

ブルーアイは深く青い泉なので、昔からドラゴンの青い目と言われています。

そしてそこから湧き出る水泡はドラゴンの息だと例えられています。

ここに行く旅人はみな絶賛します。

これを見に行くだけでも価値はあります!

 

サランダのアドリア海

ブルーアイがあるサランダはアドリア海に面しています。

そこでは美しいアドリア海が見える観光用のビーチがあります。

ここはリゾート地として毎年夏に多くの観光客が訪れるそうです。

安宿も1000円代からあるので、ゆっくりと休息したいという方にぴったりだと思います。

 

千の窓の町

ティラナからバスで2時間半で行けるベラットという街があります。

そこには千の窓の町という、勾配地に住宅が並んでいる町があります。

世界遺産にも登録されていて、夜になるとガラッと雰囲気も変わります。

 

 

まとめ:次にヨーロッパに行くとしたらアルバニアに行くよ

アルバニアの魅力は伝わりましたか?

知らない国=治安の悪い国ではありません。

ぜひアルバニアに旅行してみてください。

絶対に後悔しません。おすすめします!