【数学】たった2冊の参考書でセンター満点、偏差値60を取る勉強法を教えるよ

こんにちは!

数学って難しいですよね。

分かります。

 

だって僕は高3の春にセンター同日模試で、

  • 数学1A、2点
  • 数学2B、4点

を取りましたもん。

その時に個別塾に通っていたのにこの結果です。

僕は「あんなに勉強したのに…」とビックリしました。

 

僕を教えていた個別塾の女子大生の先生に

「本当にごめんね…」

と真顔で言われたことを今でも思い出します。

 

こんな悲しい出来事を乗り越えて本気で勉強した結果、

  • 数学1A、94点
  • 数学2B、88点
  • MARCH理系数学、全て9割超え
  • 四工大、特待合格

に到達することができました。

過去問ですが1A2B共にセンター100点、埼玉千葉大まで合格点を取るまでに成長しました。

 

毎回テストで学年最下位を争っていた僕ですが、いつの間にかに数学は得意科目になっていました。

 

僕は東大生でも、早慶生でもありませんが、

底辺から這い上がってきた

ということは事実です。

 

こんな体験を元にして数学の勉強法を書いていきます。

この記事は

  • 数学どうやって勉強すればいいんだろう?
  • 数学全く勉強したことないけど頑張りたい
  • おすすめの参考書は?
  • MARCHは受かりたい!

と悩める高校生、浪人生に向けて書いていきます。

 

全く数学勉強したことないけどMARCHレベルまで頑張りたい!

という方はぴったりだと思います。

 

確実に受験数学は暗記です(偏差値60までは)

こんなアホな僕が書くのはおこがましいのですが、数学は暗記だと思います。

なぜなら1冊の参考書を丸暗記したら、センター試験を余裕で解けるようになって偏差値が爆上がりしたから。

数学は暗記じゃないだろ!ヒラメキや思考力が鍵だ!

と反論される方もおられると思います。

ですがこの記事の到達点は偏差値60、センター満点です。

ここまでのレベルを求めるなら1冊の参考書を丸暗記したほうが早くて楽です。

 

ホントかな?と思う方は黄チャート片手にセンター試験を解いてみてください

摂氏華氏などの特殊な問題が出ない限り、全問正解できますよ。

この記事では数学暗記を推奨して書いていきます。

 

独学で数学偏差値60、センター100点を取るための参考書と勉強法

ここから僕が使った参考書と勉強法を書いていきますね。

 

0,難しい参考書は全て捨てろ

机にある青チャートやプラチカ、1対1は今すぐに捨てましょうね

分かりますよ。難しい参考書をやらないと志望校に受からないと思うのは。

でも聞きたいです。

その参考書、あなたのレベルに合っていますか?

 

受験生は不安になって難しい参考書に手を出しますよね。

それは、難しい参考書で自分を強く見せているだけです。

 

まずは自分が数学ができないことを理解してください。

そしてこの記事を参考に勉強をして、千葉大レベルの二次問題が解けるようになってから買い直しましょうね。

 

1,【偏差値20~35】スバラシク面白いと評判の初めから始める数学

 

最初は初めから始める数学シリーズを使用します。

僕が数学を全く知らない時に使った参考書です。

偏差値40代なら基礎がわかっていないことになります。

必ずこの参考書を使ってください。

偏差値40台なのにチャートを勧める塾は速攻でやめましょう。(まじであるから困る)

 

中はこんな感じになっています。

とても優しい口調ではじめから丁寧に解説してくれています。

本当にわかりやすいので、知識0の方でも理解できます

 

「みんな、おはよう!」

から始まっています。

作者が数学苦手な子でもとっつきやすいようにする工夫が伺えます。

 

初めから始める数学の使い方

全ページを5回黙読してください。

これだけで大丈夫です。

この本の役割は数学の知識を0→1にするだけです。(0→1がマジで大変だけどね)

「へーこんな公式あるんだ」

「こういう流れで解くのね」

などと感想をかきこみながら読むと、頭に入ります。

 

この参考書を使う目的は数学を知るために使います。

決して丸暗記しろとは言っていませんよ。

まずこの参考書で数学に触れて、慣れてください。

 

注意:この参考書を制覇したからと言ってもセンター試験を解いてみたらだめですよ。全く解けなくて、心が折れて、参考書を憎んで、落ち込むことになります。次の参考書を使えばセンターは余裕になるんで我慢してください。

 

2,【偏差値35~60】数学基礎問題精講

 

この参考書を使うと偏差値60、センター100点は余裕になります。

黄チャートの問題数を少なくしたものになっています。

問題数は

  • 数学1A:135問
  • 数学2B:167問

となっています。

 

チャート式と同じ形式になっています。

本当に重要な問題(センター、私大、二次に出やすい)が厳選されているのが、この本の特徴です。

公式も下に書いているのですぐに確認することができます。

 

数学基礎問題精講の使い方

  1. 1~3周目、問題を読み答えを書き写す。
  2. 4~7周目、実際に問題を解く。
  3. 8~?周目、全ての問題を3回解けるようにする。

 

1~3周目、問題を読み答えを書き写す。

はじはじを読んだだけでは、絶対に解けません

むやみに解いて落ち込まないでください。

なのですべての解答を全力で書き写しましょう

流れは

  1. 問題を考えながら読む
  2. 解答を理解しながら紙に書き写す
  3. 感想を解答に書き込む
  4. 次の問題へ

という感じです。

 

大事なのは問題を「考えながら」読み、解答を「理解しながら」書き写すことです。

この流れは全く触れてこなかった数学の問題になれることが目的になります。

「こういう流れで解くのか」

「この公式を使うんだ」

などと考えながら、解答を紙に写してください。

 

分からない部分があってもそのままスルーしましょう。

最初から全て理解できるわけありません。

何度も繰り返すと自然に理解していきます。

まずは頭と手で記憶しましょう。

 

4~7周目、実際に問題を解く。

ここからは実際に解いていきましょう。

目標は答えを見ずに完璧に解答することです。

問題横にできたら○、できなかったら×を書いていきます。

 

8~?周目、全ての問題を3回解けるようにする。

全ての問題に○が3つ付けば終了です。

 

ここまでくればセンター過去問、MARCH過去問は余裕で解けるようになっています。

勿論、この要領で過去問も暗記してくださいね。

 

全ては理解している問題数を増やすために

この流れで数学1A:135問、数学2B:167問の合計で302問のストックを頭に焼き付けることになります。

もし自分が暗記した問題と似たものが、センターや私大入試で出てきたら解けますよね?

解法暗記ストックを増やすことはその同じ問題に出会う確率を上げています

もし基礎問題精講が8周以上して全て完璧に覚えたら、1対1で解法暗記をおすすめします。

 

まとめ:2冊の参考書を徹底的に暗記すれば数学は得意になる

以上、僕が実践した受験数学の勉強法でした。

数学は難しいです。

挫折も沢山します。

でも自分を信じてがんばりましょう。

何周もしてぼろぼろになった参考書は大きな味方になるはずです。