大学中退

【大学中退】その後の進路は?経験者が8つの案をあげる【退学後が重要】

「大学退学することになったけど、進路が不安だ」

「これからどうすればいいんだろう」

 

こんにちは!くりです。

現在、私立大学生の7人に1人は退学をしていると言われています。

大学中退は、珍しいことではなくなりました。

 

しかし、いざ自身が退学するとなると、その後の進路が不安ですね。

そして中退した人間は、あまりそのことについて語りたがらないので、ネットでも経験談などの情報が少ない気がします。

 

なので、2回の中退経験があるぼくが、自身の中退後の進路+その他の進路をご紹介していきます。(結局、再入学しました)

大学を中退するけど、その後の進路に迷っている

という方に、ぴったりな記事となっています!

 

この記事は「【大学中退】その後の進路は?経験者が8つの案をあげる【退学後が重要】」について書いていきます。

 

大学中退(退学)、その後の進路8選

ここから大学退学後の進路、8通りをご紹介します!

 

1.就職する

大学を辞めた後の就職、これが一番安定しています。

中退者の全体5割が、就職するそうです。

 

大学中退をすると分かりますが、その後の生活では、本当に何にも縛られなくなります。

  • ギュウギュウの電車通学
  • つまらない講義
  • 休み時間の友達との楽しい会話

などなど、すべてがなくなります。

 

それはそれで楽ですが、何にも縛られない生活は、案外怖い

明日の予定が何もない、将来の見えない日々が続くことになります。

 

おそらく退学後は、実家に戻ると思いますが、親からの言葉もだんだんキツくなっていきます。

ぼくは退学をしてから、しばらく海外放浪をしていました。

そして帰国してから、海外疲れの回復するために、しばらく実家で休みました。

はじめは「おかえり、日本食食べたいでしょ」「外国どうだった?」などと、歓迎してくれました。

 

しかし1週間後、「いつ働くの?」「親戚のお兄ちゃんね、あの大企業に就職したんだって」「〇〇さんの娘さんは、留学に行くらしいのよ」など焦らせてきます。笑

そのうちに、

親が心配する→言葉がきつくなる→イライラする→そしてケンカになる

という流れができてしまいます。

 

それを避けるためにも、退学後の進路が決まっていないのなら、就職することをおすすめします。

とりあえず正社員になり、安定した道を進みながら、将来のことや人生の目標を決めても遠回りではないはずです。

関連記事:【保存版】大学中退・退学者に強い就職支援サイト3選を紹介します

【保存版】大学中退・退学者に強い就職エージェント3選を紹介します「大学中退して、就職しよう。まずどうすればいいの?」 「退学後に使える、おすすめの就職サイトを教えてほしい」 こんにちは!くりで...

 

2.再受験をする

辞めた後の再受験も、一つの選択肢です。

ぼくの一度目の退学の理由は、再受験でした。

 

なぜ大学をやめて再受験をしたか、目的はいろいろありました。

  • 学歴コンプレックスを解消したかった
  • 大学に馴染めなかった
  • 何を学んでいるか、分からなかった
  • 勉強をもっとしたかった

など、いろいろです。

 

同じく退学を考えている人なら、当てはまる項目もあると思います。

再受験のために大学を辞めるのは、周りから不審な目で見られます。

「あいつ何やってんだ?」「またやり直し?それって意味あるの?」

など思われます。

しかし一番自分の気持ちを貫くことが大切、なので気にせず勉強しましょう。

 

再受験の利点は、何もかもリセットできること。

サークルにやらかした、友達ができない、学歴を気にしてしまう、など今の環境がいやな人は、再受験で全てをリセットすることができます。(おすすめはしませんが)

 

人から見れば、この行為は逃げと捉えられるかもしれませんが、

  • ストレス環境から逃れられる
  • 学歴を上げられるかもしれない

など、いい点ばかり。

「逃げるは恥だが役に立つ」

↑これマジです。

 

ちなみにぼくは再受験は失敗に終わりました。

そして、前の大学より偏差値が低い大学に収まることに。

しかし受験中、数ヶ月間部屋に引きこもり勉強漬けになるなど、目標に向かい全力で努力をした結果、考え方が変化して、人生が180度変わりました。

 

前の大学では、

  • つまらない
  • 馴染めない
  • なんのために生きてんだろ

と思っていました。

それに比べ、再受験先の大学では、友達ができ、親友もできて、これで食っていこうという学問に出会いました。

さらに世界を旅したり、また目標に向かう毎日で、とても楽しい状態に。

 

環境を変えることは、とても大切です。

いやな環境に属しているなら、さっさと逃げましょう。

勉強したくないなら就職、勉強したいなら再受験で決まりです。

 

※追記:今思うと、人間関係がうまくいかないから、再受験という言い訳を見つけて、大学を退学したのだと思います。

とはいえ全く後悔していません。むしろ、

くりたび
くりたび
よくやった!!ようやく自分の意思で動いたな!

って感じです。

 

3.専門学校に行く

大学をやめた後、専門学校に行くひともいるようです。

 

専門学校のメリットは

  • 好きな分野を2年間で学べる
  • 年齢層が幅広い
  • 就職が楽に決まる

などなど。

 

申し訳ないのですが、大学を辞めて専門学校に行くことは、逃げた上に控えめになった印象を持ってしまいます。

もちろん、専門に行く目的や、学びたい分野があるのなら別です。

 

4.海外留学をする

大学を辞めて、海外へ留学することもできます。

これは素晴らしいことです。目標に向かって環境を捨てて、己を高めに行く、なかなかの決断ではないでしょう。

ただし留学には、大きなお金が必要です。限られた人にしかできません。

 

5.公務員になる

あと高卒から、公務員になる事もできます。

勉強をがんばって合格すれば、安定の道に進むことができて、世間からの見栄えも良くなります。

 

ぼくも勉強がうまくいかない頃、「高卒 公務員」「大学中退 公務員」で検索していた時がありました。

なのでよく分かるのですが、大学を途中で辞めた人が公務員になれる可能性は極めて低いです。

 

大学を辞めようとする方は、なぜか安定志向で、公務員進学を考える人が多いそう。

でも4年制の大学も続かないのに、公務員試験に合格し、安定した人生を歩めるとは思いません。

「高卒 公務員」で調べてた、過去の自分に言ってやりたいです。

「今を全力で取り組まないくせに、安定を望むんじゃない!」

 

6.資格取得の勉強をする

大学を辞めて、資格を取得するために勉強をするパターンもあります。

最近ぼくもこの状態で、毎日家に籠もり、一日十時間以上勉強していました。

「勉強に全てを尽くすぞ!」と覚悟を決められる方にお勧めします。

 

ただ実家にいると、親との口論に発展することがたまにあるので、一人暮らしをしながら勉強する方が良いです。

ぼくが毎日勉強していても、小さなことでケンカになるので、最近アルバイトをはじめました。久々のバイトは意外と楽しい。

 

7.アルバイトを始める

大学を辞めてからアルバイトで食べていく人は、中退者の約30%だそうです。

しかし中退してから、年金の支払いや、奨学金の返済が始まるので、中途半端なバイトでは厳しいものがあります。

特に目標がないのなら、アルバイトではなく、正社員として働いたほうがいいかなと。

 

ただつなぎとしてならありです。

今までのバイト経験を綴った記事があるので、もしよかったら参考にしてみてください。

関連記事:理系大学生によるおすすめアルバイトランキング14を公開します【全体験談付き】

 

8.旅に出る

「何をふざけたこと書くんだ!」と思わないでください。ぼくは2度目の退学後、海外を放浪しました。

縛りの強い日本を離れて、一度自由になりましょう。

ぼくみたいに、教科書に載っている光景を、自分の目で見て感動したり

 

過去の悲劇を目の当たりにしたり、

 

ヒッチハイクをして色んな人と出会えば、

 

「意外と、人生って楽しいんだな」

と思うかもしれません。

 

色んな人と出会い、過去の遺産を見て、悩みまくった結果、ぼくは大学へ再入学することに決めました。

関連記事:大学生活がつまらないなら、一人旅に出よう。

 

まとめ:みんな希望溢れる若者には変わりない

みなさんも知ってる通り、大学を退学してもたくさんの進路があります。

ここに紹介したのは、まだ一部だと思います。

結局、自分がやりたいようにやればいいです。

 

中退を繰り返すぼくが学んだことは、

「どんな身分でも、目標に向かって全力で努力すれば、人生は輝く」

ということ。

自分の意見を一番大切に、慎重に扱ってください。

 

関連記事

【保存版】大学中退・退学者に強い就職支援サイト3選を紹介します

大学を辞めたいと思ったらやるべきたった一つのこと【2度中退したぼくが伝える】

【中退】大学退学の流れを公開します!【経験談×2】

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。