【進路】大学中退、その後は?経験者が8つの案をあげる。

「大学退学することになったけど、進路が不安だ」

「これからどうすればいいんだろう」

 

こんにちは!くりです。

現代では、私立大学生の7人に1人は退学をしていると言われています。

大学中退は珍しいことではなくなりました。

 

しかし、いざ自身が退学するとなると、その後の進路が不安ですよね。

そして大学中退した人間は、あまりそのことについて語りたがらないので、ネットでも経験談などの情報が少ない気がします。

なので、大学を2度も退学した僕が、自身の進路、そしてそれ以外の選択肢をご紹介していきたいと思います。

 

僕の経験談を交えて、大学中退後の進路を、本気で考えてみようと思います。

この記事は大学中退予定でまだ進路に迷っている人に向けて、つらつらと書いていきます。

 

大学中退は悪いことではない

まず言っておきたいのは、大学中退は悪ではない、ということです。

世に出ると、まず評価されるのは学歴です。これは間違いありません。

しかし、そこから個人価値の裁定が始まります。

いまの世の中が重視しているのは個人の価値、周りと差別化を図れているか、どうかです。

なので大学中退して、学歴を失っても、個人価値で勝負していけばいいだけです。

 

大学を退学することは、ただコミュニティから抜けるだけです。

これから退学する予定でも、悲観的にならずに、努力を重ねて、自分の信念を貫いてください。

まだ若いと思うので、夢や希望に溢れています。

若いというだけで価値があります。胸を張って進みましょう。

 

大学中退後の進路8選

これから進路を紹介していきます!

 

1,就職する

就職、これが一番安定しています。

中退者の全体5割が就職するそうです。

大学中退をすると、ほんとうに何にも縛られなくなります。

ギュウギュウの電車通学、つまらない講義、休み時間の友達との楽しい会話など、すべてがなくなります。

それはそれで楽ですが、縛られない生活は案外怖いです。

明日の予定が何もない、将来が見えない日々が続くことになります。

 

恐らく退学後は実家にかえると思いますが、親からの言葉もだんだんときつくなっていきます。

僕は退学をしてから、しばらく海外を放浪していました。

そして帰国してから、海外疲れの回復するために、しばらく実家で休みました。

はじめは「おかえり、日本食食べたいでしょ」「外国どうだった?」などと、歓迎してくれました。

しかし1週間後、「いつ働くの?」「親戚のお兄ちゃんね、あの大企業に就職したんだって」「〇〇さんの娘さんは、留学に行くらしいのよ」など焦らせてきます。笑

そのうちに、親が心配する→言葉がきつくなる→イライラする→そしてケンカになる、という流れができてしまいます。

それを避けるためにも、退学後の進路が決まっていないのなら、就職をするおすすめします。

仕事を探し、正社員になり、安定した道を進みながら、将来のこと、人生の目標を決めても、遠回りではないはずです。

 

ネットにある大学中退から正社員になった方の体験談を載せてみます。

この方は大学中退から未経験で、正社員になったそうです。

なぜこの会社に応募をしましたか?

大学を中退し、就職活動をするには何から始めたらよいのか、まずは相談しに就職Shopに来店しました。紹介された求人の中から、担当営業から直接話を聞いて興味を持ったのがナカノ(リサイクルを中心に業務を広げている、世界的有名企業)をしているでした。この会社を良く知っている就職Shopの営業の方に、「キミはこの会社に向いてる!」と太鼓判を押してもらえたので、迷わず応募できました。

求人票だけではなく、担当の方から直接話を聞くことで、会社の雰囲気や特長・求める人物像などが良く理解できたのが良かったです。

1回目の面接は緊張しましたが、様々な事を聞かれて話がどんどん弾み、2回目の面接では素の自分を出すことができました。運動をずっとしていたので、そのがんばりをお話し、体を動かすことが好きで、やる気、根性は誰にも負けないと伝えました。

大学を中退して、不安なときに、相談相手がいると安心できますね。

 

未経験から仕事を始めて、いかがでしたか。

入社してから、座学研修と実習訓練があり、そこで基本は身につけて現場に出ました。

各営業所のオーダーにあわせて、輸出入の一連の流れを担当しています。実際に現場に出ると、自分がやらないと終わらないので、この仕事は何時までに終わらせようと計画をたてながら、「やるしかない」と気持ちの切り替えをして頑張っています。

まだ入社して1年ですが、業務に付随する3つの免許を取得しました。やる気と努力にきちんとこたえてくれる会社です。

職場の雰囲気は、年齢に関係なく言いたいことは言えて、わからないことがあったらどんどん聞いて、それに対して先輩が応えてくれる、やりやすい環境です。先輩とコンビを組んで仕事をしているので、その点も安心です。

仕事は人間関係が大変なので、環境は大事です。

 

就職Shopの良かったところは?

就職Shopには全部で5回ほど訪れたのですが、とにかく、これと決まってからの対応スピードが早く、自分も面接、入社への覚悟を段階的に納得感とともにつけることができました。

1回目の訪問でいろいろと話を聞いていただき3つの求人票を紹介してもらい、2回目は担当の方から直接細かなお話をお聞きして、仕事や職場に対するイメージがわきました。ナカノに応募することを決め、1ヶ月後の面接に向けて面接練習は元より、様々な不安も解決でき、覚悟を持って面接の場にのぞめました。

全部で1ヶ月半ほどの間でしたが、会社・仕事の理解、この会社でという想いをもって面接、入社まで短期間の間で行えたのは本当にありがたかったです。

引用元:就職Shop

 

以上で体験談、終了です。

この方はいい相談相手を見つけるとこができ、環境にも恵まれました。

相談相手はとても大事です。

もし退学後、仕事探しをするのなら、先程から名前がちょこちょこ出ている、就職Shopをお勧めします。

就職Shopの特徴をご紹介していきますね。

 

1,大手企業のリクルートが運営している。

就職ということ自体、透明化されている部分が少なく、初めての人は不安になると思います。そして、聞いたこともないような、会社だと、本当にここに決めていいのか、悩んでしまいます。

なので、相談相手、就職サービスは大手を選んでおくと安心です。

就職Shopはあの大企業、リクルートが運営しています。世に名の知れた企業が運営しているので、信頼できますね。

 

2,現場取材をした企業だけを掲載している。

就職Shopの掲載された企業は、全て取材をされ、選考を受けています。

経営方針や、仕事内容、待遇や職場の雰囲気などを取材してから、求人票を作っています。

なのでウソの求人票はない、ということです。

取材済みということなので、ホワイトかと思って就職したら、実際はブラック企業だった!などはないということです。

虚偽記載もないので、安心できます。

 

3,すでに10万人以上の利用者がいる。

就職Shopは2018年5月に、利用者が10万人を超えました。

利用している人が多ければ多いほど、信頼できます。

僕がネットで調べたなかで、大学中退から正社員を紹介する、転職エージェントで就職Shopが一番規模の大きいサービスでした。

 

もしも、親への説得ができていないなら、正社員への面接を受けてから、話し合いをしてみれば、話はすんなり通るかもしれません。

 

就職Shop

>>>就職Shopへ移動する

 

2,再受験をする

次は再受験をご提案します。

僕の一度目の退学の理由は再受験でした。

なぜ大学をやめて、再受験をしたか、目的はいろいろありました。

  • 学歴コンプレックスを解消したかった。
  • 大学に馴染めなかった。
  • 何を学んでいるか、分からなかった。
  • 勉強をもっとしたかった。

などなど、いろいろです。

退学を考えている人が、当てはまる項目もあると思います。

再受験のために大学を辞めるのは、周りから不審な目で見られます。

「あいつ何やってんだ?」「またやり直し?それって意味あるの?」

など思われます。

しかし、一番自分の気持ちを貫くことが大切なので、気にせず、勉強しましょう。

 

再受験の利点は、何もかもリセットできることです。

サークルにやらかした、友達ができない、学歴を気にしてしまう、など今の環境がいやな人は、再受験で全てをリセットすることはありだと思います。

人から見れば、この行為は逃げと捉えられるかもしれませんが、ストレス環境から逃れられる、学歴を上げられるなど、いい点ばかりです。

「逃げるは恥だが役に立つ」

↑これマジです。

 

ちなみに僕は再受験は失敗に終わり、前の大学より偏差値が低い大学に収まりました。

しかし受験中、数ヶ月間部屋に引きこもり勉強漬けになるなど、目標に向かい全力で努力を重ねた結果、考え方が変化して、人生が180度変わりました。

前の大学で、つまらない、馴染めない、なんのために生きてんだろ、と思っていました。

それに比べ、再受験先の大学では、友達ができ、親友もできて、これで食っていこうという学問に出会い、さらには世界を旅するなど、目標に向かう毎日でとても楽しい状態になりました。

環境を変えることはとても大切です。

いやな環境に属しているなら、さっさと逃げましょう。

勉強したくないなら就職、勉強したいなら再受験で決まりです。

 

3,専門学校に行く

大学をやめた後、専門学校に行くひともいるようです。

専門学校のメリットは

  • 好きな分野を2年間で学べる
  • 年齢層が幅広い
  • 就職が楽に決まる

などです。

申し訳ないのですが、大学を辞めて専門に行くことは、逃げた上に控えめになった印象を持ってしまいます。

もちろん、専門に行く目的や、学びたい分野があるのなら別です。

 

4,留学をする

大学を辞めて、海外へ留学することもできます。

これは素晴らしいことです。目標に向かって環境を捨てて、己を高めに行く、なかなかの決断ではないでしょう。

ただ渡航費や学費など、大きなお金が必要です。限られた人にしかできません。

 

5,公務員になる

公務員になる事もできます。

高卒の状態で勉学に励み、合格すれば安定の道をすすめ、世間からの見栄えも良くなります。

僕も勉強がうまくいかない頃、「高卒 公務員」「大学中退 公務員」で検索していた時がありました。

なのでよく分かるのですが、大学を成績不振で辞めた人が公務員になれる可能性は極めて低いです。

大学を辞めようとする方は、なぜか安定志向で、公務員進学を検討する人が多いそうです。

でも4年制の大学も続かないのに、公務員試験に合格し、人生を歩めるとは思いません。

「高卒 公務員」で調べてた過去の自分に言ってやりたいです。

「今を全力で取り組まないくせに、安定を望むんじゃない!」

 

6,資格取得の勉強をする

大学を辞めて、資格を取得するために勉強をするパターンもあります。

最近、僕もこの状態でした。

毎日家に籠もり、一日十時間以上勉強していました。

勉強に全てを尽くすぞ!と覚悟を決められる方にお勧めします。

ただ実家に籠もってしまうと、親との口論に発展することが多々あるので、一人暮らしをしながら勉強する方が良いです。

僕が毎日勉強していても、些細なことで喧嘩になるので、最近アルバイトをはじめました。久々のバイトは意外と楽しい。

 

7,アルバイトを始める

大学を辞めてからアルバイトで凌ぐ人は、中退者の約30%に値するそうです。

しかし中退してから、年金の支払いや、奨学金の返済が始まるので、中途半端なバイトでは厳しいものがあります。

特に目標がないのなら、アルバイトではなく、正社員として働いたほうがいいですね。

 

8,旅に出る

何をふざけたこと書くんだ!と思わないでください。僕は2度目の退学後、海外を放浪しました。

縛りの強い日本を離れて、一度自由になりましょう。

僕みたいに、教科書に載っている光景を実際に見て感動したり

 

過去の悲劇を目の当たりにしたり、

 

ヒッチハイクをして色んな人と出逢えば、

 

「あ~、意外に人生って楽しいんだな」

と思うかもしれません。

 

色んな人と出会い、過去の遺産を見て、悩みまくった結果、僕は大学へ再入学することに決めました。

 

まとめ:大学中退しても、希望溢れる若者には変わりない

大学を退学しても、様々な進路があります。ここに紹介したのは、まだ一部だと思います。

結局、自分がやりたいようにやればいいです。

中退を繰り返す僕が学んだことは、

「どんな身分でも、目標に向かって全力で努力すれば、割と人生輝く」

ということです。

自分の意見を一番大切に、慎重に扱ってください。