ほんとうに大学辞めたいの?無職になる覚悟できてる?

こんにちは。

大学を2度も中退した経験があるマンです。

大学を辞めたいと思ったことは大学生なら一度はあると思います。

でも僕はあなたに問いたいです。

本当に大学を辞めたいの?

 

自分の努力と親にお金で入学できた大学を辞めようとするあなたに、僕の2度の中退経験を生かして大学中退について語ってみたいと思います。

そして最後に、大学を辞めるか考えている人へ、1つのアドバイスを送りたいと思います。

この記事は

  • 大学辞めたいと思う方
  • 本当に辞めていいのかなと思う方
  • 大学を辞めたらどんな人生が待ってるの?

と悩んでいる大学生に向けて書きたいと思います。

 

2度の大学中退経験のあるマンの簡単な自己紹介

大学中退経験を2回ももつ、僕の自己紹介をしたいと思います!

 

1度目の退学

僕が初めて中退したのは現役で入った理系私立大学1年生の時でした。

その時は適当に学部を選んでしまって、何を勉強して、何に役立つのかわからない状態で過ごしていました。

しかもそのキャンパスは狭く人見知りの僕にはとても窮屈な環境

よくすれ違うよっ友、顔見知りが何処にでもいて視線を避けられる場所がないと思い込んでいました。

中でも全て英語で行われてグループワークの授業が嫌で仕方ありません。

そこで僕は大学を1年の夏に辞めて違う大学に再受験しました。

辞めた理由を総括すると

  • コミュ障過ぎて窮屈な環境に耐えられなくなった
  • 他に勉強したい分野があった

という感じです。要するに大学から逃げました。

 

2度目の退学

再受験は失敗に終わりました。笑

当時の僕は笑えず、ただ○のうと考えていました。

ですが大学に入らないと親に怒られるので、私立後期で適当な大学に進学しました。

その大学は僕にとって当たりで、人生で一番楽しい期間となります。

別にコミュ障を直して友達いっぱい、ということではありませんが、退学、再受験などを経験しているので行動力がついたのだと思います。

そして3年生の時に「世界一周したいなあ」と思い、退学しました

これから同大学に再入学予定です。

関連記事:大学退学(中退)の流れと手続き方法を、2度退学したぼくが教える

 

大学を辞めるということは無職になること、その覚悟はできてる?

現在、僕は無職です。

今年の秋に再入学予定ですが、それまでは無職です。

大学生なら想像できませんが、無職はけっこう大変ですよ。

僕が体験した悲しき無職エピソードをご紹介します。

 

1、職業の欄に無職と書かなければならない

海外から帰ってきて税関を通る際に、入国カードを書かなければいけません。

そこには住所や年齢、職業、何を海外から買ってきたかなどの記入欄があります。

僕は「職業:無職」と書きました。

その時に、「ああ、俺って無職なんだ」

と実感しました。

今まではニュースのドキュメンタリーで見ていた無職の人たちは関係ないと思っていました。

しかし実際に自分が無職になってみると、社会の底に落ちた気分になりました。

 

2、家を借りることができない

無職は社会からの信用は一切ありません

無職期間が始まった時、親に迷惑をかけたくないので、一人暮らしを試みました。

そして不動産に行ったのですが、対応してくれた方は頭を抱えました。

無職が借りられる部屋が全く見つからないのです。

いくら電話しても「求職中の方はちょっと…」と断られてしまします。

若くても、職がなければ社会的な信用は一切ないようです。

 

大学生の時に数枚のクレジットカードを発行していましたが、今では確実に作れないでしょう。

学生という身分を外れると一切の信用を失います

追記:アルバイトをすれば家は借りられるそうです。その場合はフリーターですからね。バイトなんて簡単に始められるのに、無職とバイトの社会的地位が決定的に違うことに驚きました。

 

3、家族からの目が厳しくなる

僕が海外から帰ってきて1週間もしないうちに、母が厳しくなりました

恐らくこのままニートになってしまうのが怖いのでしょう。

大学を辞めると実家に帰ると思いますが、家族に迷惑と心配をかけてしまいます

 

大学を辞めたい人に、1つのアドバイスを送る

無職体験エピソードを見てどう思いましたか?

まだ迷っているあなたへ1つのアドバイスをします。

 

アドバイス:大学中退する前に悩みまくれ

改めて言いますが、僕は退学してもいいと思っています。

でもその前にしぬほど悩みましょう。

気が狂うほどに自分と向き合い、紙に現状や自分の心情を書きなぐってみましょう

僕はこうして退学の道を選びました。

 

大学退学することは悪いことじゃない

退学すると、周りの目が気になる、親に迷惑がかかると言われていますよね。

実際僕もそうでした。

「大学の友だちにどう言おう?」

「親にどうやって納得してもらおう?」

と悩みました。

毎日多摩川の土手で数時間座って過ごすぐらい悩みました。

僕の考えですが、一番迷惑をかけてはいけないのは自分自身だと思います。

一生懸命考えたことを実行せずに、自分の感情に嘘をついてそのまま無難にやり過ごすことが一番危険です

悩み苦しんだ結果、自分の思う道が大学中退ならそのまま前に進むことがいい選択だと思います。

 

必ず考えなくてはいけないことは中退してから何をするか

教師や友達、親などが納得できる将来の目標を考えておくべきです。

・もっといい大学に行きたい

・美容師になりたい

・世界で一番美味しいパンケーキを作れるようになりたい。

など、なんでもいいです。

 

人は目標を失うと、自分の位置まで見失ってしまいます

ゴールがないマラソンなんて走りたくないですよね。

目標が見つからないうちはまだ大学中退は早いと思います

 

まとめ:若者よ、考えてもがき苦しみ、あがいて悩め

自分の人生は自分で決めることになっています

ですが、自分のことを見失うこともあります。

その時は背伸びをして周りを見渡してみましょう

まだ見ぬ世界、知らない光景が広がっていると思います。

そこでまた考えればいいだけです。

まだ若いので、可能性は無限大に広がっています

沢山のチャンスを拾い集めましょう。

 

関連記事

【進路】大学中退、その後は?経験者が8つの案をあげる。