大学中退

【退学】大学中退するときに親を説得する方法を教えます!

「大学を辞めたい…でも親になんて言おう?」

「親とけんかにならずに退学に同意してほしいな」

 

こんにちは!くりです。

大学中退とは、本人にとって人生の岐路であります。悩み抜いて考えた結果、退学を選ぶのなら本人は納得できます。

しかし同時に、親の決断も必要になってきますよね。

そこでどう話し合うが悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

 

僕は大学を2度中退したことがあります。

そのときに使った方法は「自分の将来像をはっきりさせる」ことです。

これを使えば、比較的スムーズに話が進みます。

本記事は「【退学】大学中退するときに親を説得する方法を教えます!」について書いていきます。

 

大学中退について親を説得するには「自分の将来像をハッキリと伝えること」がベスト

ヨーロッパ旅行おすすめリトアニア・ヴィリニュス

僕が大学を退学した理由は再受験です。(1回目は)

そこで親に話したところカンカンに怒られ、当然のように、中退を反対されました。

しかし2度目の退学は、すんなりと納得してもらいました。様々な付加要因はあると思いますが、理由として「自分の将来像をハッキリと説明することができた」からだと思います。

 

親が反対するのは「将来どうなるか不安になる」から

2度の退学をしたおかげで、親の大学中退への考え方が分かるようになりました。

結局、大学中退を反対する親は、子供の将来どうなるか心配なんです

 

大学を卒業すれば、いい企業に就職して、そのまま安泰で生活できるという理想像があるんですね。

だから大学のたかい学費を出してくれるし、生活費までだしてくれる。

 

でも、その安定したレールに沿った生き方を辞めたい、というのだから親としてはとても不安。

  • 「大学中退したら、将来不利になるんじゃないか」
  • 「このまま一人でご飯を食べて生活できるのか」

なんて心配をしてしまいます。

 

その上で大学中退を親に納得してほしいのなら、「自分の将来進む道を明確に伝えること」が一番です。

 

大学中退後の自分の将来設計を明確に伝えよう

親を心配させるのは、今後の将来をどう行きていくかが決まっていないから不安、ということです。

なので自分の将来図をハッキリと伝えましょう。

 

伝えるだけでは不十分な場合、少々の行動で示します。

たとえば、退学後に

・就職したいなら、就職支援サイトに登録する。

・再受験したいなら、模試の結果を見せる&志望校のパンフレットを取り寄せる。

・アルバイトなら、応募して面接を受ける。

などですね。

関連記事:【保存版】大学中退・退学者に強い就職支援サイト3選を紹介します

 

ここまですれば、多少の理解をしてくれて、話はスムーズに進むと思います。

 

実際にぼくが親を説得させた方法

ヨーロッパ旅行おすすめチェコ・プラハ

ぼくが退学する際に、親と話し合った内容を覚えている限り書いていきます。

割と参考になると思います!

 

1.まずは自分と向き合う

これが一番重要だと思っています。

まずは自分の環境や将来やりたいことをハッキリさせるべきです。

  • 「なんとなく大学辞めたい…」
  • 「勉強めんどくさいからフリーターでいいか」

なんて思いなら、今すぐ大学中退を考え直したほうがいいです。

自分の今いる環境、心情、将来何をやりたいかを明確にさせましょう。

 

ここでおすすめなのは、全ての思いを紙に殴り書きすること。

ぼくは退学を親に言う前に、全ての感情をA4の白紙数枚に、書きなぐりました。

不思議と、気分は晴れやかになり、気づかなかった思いも見えてくるので、絶対やったほうがいいです。

 

そして退学したい理由、将来設計をはっきりさせたところで、いよいよ親との話し合いです。

 

2.親と話す機会をつくる

これは普通に「少し話したいんだけど、今いい?」といいましょう。

正直、親というものの、めちゃくちゃ緊張します。

 

3.一方的に自分の将来やりたいことを話す

話し合いの席を設けたら、一方的に、情熱的に、自分の今いる環境、将来やりたいことをハッキリと伝えましょう!

 

ぼくの2回目の退学の場合、

  • 21歳の時、世界一周をして
  • 22歳の時、大学院に進学して
  • 27歳の時、建築家としてデビューをして
  • 30歳の時、タワマンに住む

なんてことを饒舌に語りました。

 

スムーズに情熱的に説明できたことは、まじでグッジョブだったと思います。だって自分の将来をつっかえながら説明しても、不安にさせるだけですからね。

 

すると親は「…なんだ、ちゃんと考えているのか」と少し納得した雰囲気でした。

あんま考えていないように見えていたんですかね。

 

4.質問されたら論理的に答える

すると、必ず親から質問されると思います。

 

  • 「生活費はどうするんだ」
  • 「就職までどう生活するんだ」

なんて聞かれたら、論理的に答えましょう!

「どうにかするよ!」と答えたら、けんかが発生します。

 

2度目の退学時は、すぐに順序立てて説明できましたが、1度目の退学の時は、ひどいものでした。

再受験で大学を辞めたいと言って、色々質問されてもぼくの答えが、

  • 「なんとかするから!」
  • 「子供の意見を受け入れてくれないの!?」

なんて言っていました。

今思うと反対されても、しかたない…。

 

当時の僕は再受験をするか、しぬほど悩んでいましたからね。自分でも不安に思っていると、必ず伝わるのでよくないです。

行動を起こす前に、自分に核を持ちましょう。

 

Sponsored Links

もし反論されたら気合で押し切る

もしも大学退学を反対され、論理的な解答もできなかったら、気合で押し切るしかないです。

ぼくも1度目の退学をした時は、完全に気合で押しきり、何度も何度も話し合いをして、粘り勝ちしました。

 

正直、まだ20年ほどしか生きてないので、論理的に説明することが難しいと思います。それなりの人生経験をもたないと。

 

そういうときは仕方ないので、意志をしっかりと、熱情をみせましょう!

そうすると、時間はかかると思いますが、大学中退に納得してくれるでしょう。

 

※余談ですが、響けユーフォニアムというアニメで、主人公の姉が美容師になるために、大学を中退する描写があります。その親との話し合いやけんかが、完全にぼくの1度目の退学と一致します。笑

絶対、誰か近しい人が退学を経験したでしょ、って思っています。

意外と参考になるので、見ておいたほうがいいですよ。

響け!ユーフォニアムを見てみる>>>

 

まとめ:大学中退を親に納得してもらいたいなら、自分の将来像をハッキリと伝えよう

この前、父親と2人でお酒を飲みました。

すると「本当に変わったな…いつからだ?」と褒める感じで言われたので「再受験を決意した時だよ」と言いました。

あんなに否定されたのに、今では褒められる材料となっています。

結局、人生どう転がるかわからないので、自分の意見を貫き通すことが大事です。

みなさんの思いも無事伝わることを祈っています。

 

関連記事

【保存版】大学中退・退学者に強い就職支援サイト3選を紹介します こういった疑問に答えます。 こんにちは!くりです。 ぼくは大学を2度退学した経験があります。そのとき、より選択肢を広げるため...
【大学中退】その後の進路は?経験者が8つの案をあげる【退学後が重要】「大学退学することになったけど、進路が不安だ」 「これからどうすればいいんだろう」 こんにちは!くりです。 現代では、私立大学...
【中退】大学退学の流れを公開します!【経験談×2】「大学を退学するには、どんな流れになるんだろう?」 「退学届には、何を書くんだ?」 こんにちは!くりです。 再受験のために大学...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。