旅ノウハウ

バックパッカーによる、貴重品の管理方法まとめ!【大事です】

「はじめてバックパッカーするんだけど、貴重品はどうすれば?」

「財布をどこに入れればいいんだろう?」

 

こんにちは!くりです。

バックパッカーとして旅行する時に、気をつけるところはスリや置き引き。

くりたび
くりたび
旅行中にスラれると、精神的ショックが大きいと思います…。

 

そこでバックパッカー経験のあるぼくが、貴重品の管理する方法をまとめてみました。

はじめて海外旅行をする方に、参考になると思います!

 

※筆者は25カ国の旅行経験があります。この背景をもとに「バックパッカーによる、貴重品の管理方法まとめ!【大事です】」を書いてきます。

 

バックパッカーによる貴重品の管理方法

1.セキュリティーポーチは必須アイテム

貴重品管理に必要なのは、セキュリティーポーチです!

バックパッカーはウエストポーチ(セキュリティ)が必要

 

このセキュリティーポーチは、貴重品を入れて腰に巻きつけることができます。

それが服の下に隠れるので、観光中にスラれることはほぼ無いでしょう!

 

ぼくはこの中に、

  • クレジットカード
  • 予備の現金(日本円)
  • パスポート

を入れてました。

 

セキュリティーポーチの良いところは、貴重品とバッグを完全に分けられること

泊まる宿に荷物をおいて、セキュリティーポーチに貴重品を入れると、手ぶらで観光できるんです!

ぼくは海外に行くときは、必ずセキュリティーポーチを使います。

 

外国の方は、そういう製品がない(?)ので、ウエストポーチを斜めがけにしている人もいました。

家にあるのなら、それでも良さそうです。

 

 

2.クレジットカードを分散させる

クレジットカードは、海外旅行では必須ですよね。

そのクレジットカードを失ってしまったら大変です。

 

その対策として、ぼくはクレジットカードを分散させていました。

3枚持っていくとして、セキュリティーポーチに1枚、財布に1枚、バッグの奥底に1枚を配置していました。

1箇所にまとめておくと、一気に失うことになるので辞めておいたほうがいいでしょう。

 

3.財布とスマホはポケットに

ぼくは、

  • 左ポケット→財布
  • 右ポケット→スマホ

という感じで入れていました。

基本デニムを履いていて、ポケットの出し入れがしづらいので逆にスラれないかなと。

 

あとは、アウトドア用のジャケットやフリースに、チャックが付いているのもいいですね。

 

洋服にチャックがあると、かなりの安心感があります。

 

旅行中に注意すること

1.荷物は常に持ち歩く

盗まれないためにも、荷物は常に持ち歩きましょう!

とは言っても、一人旅だと厳しいものがありますよね。

 

たとえば、カフェでトイレに行きたい時。

トイレに行きたいけど、重い荷物を全部持っていきたくない。

よく遭遇する場面だったのですが、ぼくはワイヤーで机や柱に括り付けていました。

 

こんなやつです。ドミトリーで荷物を置く時によく使いました。

まあ、ワイヤーが切られたら取られるんですけど笑、

くりたび
くりたび
そこまでされたら仕方ないな

と、割り切っています。

 

あと近くのお客さんに見ていてもらうのも有効ですね。

「トイレ行きたいんですけど、この荷物見ていてくれませんか?」

というのもいい感じです。

 

2.話しかけられても、フランクに対応する

ヨーロッパ旅行おすすめオランダマーストリヒト

ぼくがヨーロッパを旅していた時、よくホームレスみたいな人に絡まれていました。

「ヘーイ、酒が飲みたいんだ、お金ちょーだい!」

みたいな感じです。

 

はじめはビビって、苦笑いとかで避けていました。

でも最近気づきました。こちらも同じようなテンションで絡むと、温和に回避できます。

 

 

ホームレス「ヘーイ、酒が飲みたいんだ、お金ちょーだい!」

ぼく「いや、おれもお金ないんだ、むしろちょーだい!」

 

みたいな。笑

これ会話を何回も繰り返しておけば、向こうも笑って帰っていきます笑。

 

むしろ、無視するほうが危ない気がします。

イタリアのローマで、身長180cm以上の黒人に絡まれた時、全無視したら肩を叩かれました。

触れられたのは初めてなので、かなりびっくり。

テンションを合わせたほうが、危険を回避できると思います。

 

あと重要なのは、こちらは日本語で話すこと。

変に慣れない英語で話してしまうと一瞬で舐められますし、日本語でまくしたてるくらいの勢いがいいと思います。

 

3.写真を取らせない

観光地などで、写真を取らせると結構危険です。

カメラに気を取らせて、貴重品をスル人もいるようですし、写真料を取られることもあるようです。

観光の写真は、ほかの観光客に頼みましょう。

 

4.海外旅行保険に入る

いくら対策しても、荷物は盗まれる時には盗まれます。

なので、盗まれたあとが重要なんですよね。

 

ということで、海外旅行保険に入りましょう!

海外旅行保険に入ると、盗まれたもの相当のお金を保証してくれます。

さらに、落として壊したものなども保証可能です。

 

海外旅行保険は有料です。しかも結構高い。

しかし、クレジットカードがあれば無料で海外旅行保険が使えるんですよね。

ぼくも旅行の度にお世話になっています。

詳しくは、【保存版】海外旅行するならクレジットカードは最低2枚は必要です に書いてあるので参考になると思います!

 

Sponsored Links

まとめ:バックパッカーは貴重品を持ち歩こう!

この記事は、「バックパッカーによる、貴重品の管理方法まとめ!【大事です】」について書きました。

 

旅行中にスリや置き引きにあってしまうと、旅行自体に悪い印象を持ってしまいます。

なので、慎重に貴重品を管理しましょう!

くりたび
くりたび
いい旅を!

以上、「くりたび」でした。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。