トラベル

海外で野宿をする3つのメリットを、バックパッカーが教えます!

こんにちは!くりです。

とつぜんですが、海外で野宿をすることについてどうお考えですか?

普通に考えると、「野宿=危険」というイメージがありますね。

 

僕も実際に海外で野宿する前、こう考えていました。さらに「海外で野宿するなんてアホw」と思っていました。

しかし!実際に海外で野宿をしてみると、意外とメリットが多いことに気づきました。

メリットを知ってしまった僕は、これからも野宿を続けていく予定です。

ヨーロッパの10カ国以上で野宿してきたバックパッカーの僕が、海外で野宿をする3つのメリットを書いていきます!

そして、海外野宿に必要な旅グッズをご紹介します。

これから、海外で野宿をしようと考えている人に、役立つ記事にします!

 

海外野宿の3つのメリット

ここから海外野宿のメリットをご紹介します!

 

1,野宿をすると、宿泊費がかからない。

ベルギーの公園で野宿

 

「ヨーロッパの宿代高すぎ!!」と思ったことはありませんか?

ベルギーやドイツなどの中心部、12人部屋のドミトリーでさえ、最低2000円はかかります。更に週末だと1000円は値上がりします。

これは貧乏なバックパッカーには厳しい値段です。

宿代を平均すると一泊2500円、2週間なら35,000円かかります。

この金額はヨーロッパへの片道チケットが買えます。あいたたた、、、

 

心配なさらず、そんな時は野宿です!

公園で野宿をすれば、宿代は2,500円どころか、0円です!笑

実際ぼくが去年、ヨーロッパ横断をした時、30日の内、25日ほど公園や空港に泊まっていました。

それを計算してみると、2500×25=62500円を節約したことになります。

約6万円はとても大きいです。パリの往復航空券が買えます。(閑散期ですが)

 

お金がなくて海外に行けない…

なんてことはありません!節約できるものは節約しましょう!

僕が1ヶ月ヨーロッパ横断でかけたお金は、航空券を含め、16万円です。

とてつもなく安いと思います。ここまで費用を抑えられたのは、海外野宿のおかげです。

お金がないなら公園で寝てみよう!

 

2,外で目覚めることの気持ちよさを感じる。

リトアニアの公園で野宿

 

海外野宿者は、主に公園を多く利用するのではないでしょうか。

僕は公園のベンチの上に寝ることが多いです。

そこで感じるのですが、

目覚めた時の空気が、最高に気持ちいい!!

 

澄んだ空、小鳥のさえずり、綺麗な自然の空気、静寂のに包まれる朝、目の前には緑と青のコントラスト。ここで甘いチョコと熱々のコーヒーを飲む。

この瞬間が、幸せを感じさせてくれます。

 

普段、朝起きたら、いつもの部屋です。けだるく起床するのでしょう。

それに比べ、外で野宿していると、起きて外気を感じるので、太陽や自然によって起こされている感覚になります。僕はこの瞬間が大好きでした。

 

就活で悩んでいる大学生に体験してほしいです。就活で感じるストレスなんて、忘れされてくれます。

 

3,人はどこでも生きていけるとこを実感できる。

ポーランドの空港で野宿

 

僕は36Lのバックパックに寝袋とマットを括り付け、未知の世界を旅して、スーパーの安いパンを食べて、公園で寝ていました。

この経験を通して、僕は気付きました。

人はどこでも、生きていける。

 

温和な日本で生きていると、周りに物が溢れていて、平和に過ごせます。

温かいごはん、癒やしのお風呂、フカフカの布団。最高過ぎます。

しかし、野宿にこんなものは一切ありません。

安い惣菜、冷たい濡れタオル、硬い木のベンチ。こんだけです。

こんな状況だからこそ、気付くことがあります。

日本で生活をすること自体が、幸せで溢れているのだと。

 

海外野宿をすると、こんな風に考えることになります。

「海外で目覚めたら、今日はどこに行こうと、毎日計画してた。起きるだけでワクワクしてた。日本の生活と、何が違うのか。」

この経験のお蔭で将来は自分で仕事を計画できる自営業になると決めています。

 

人はどこでも生きていけることを理解すれば、

「人間は、就活をして企業に入って定年まで真面目に働くことだけが正しい道ではない。」

という事に気づいちゃったりします。

とにかく色々な経験をすれば、沢山の考え、選択肢が増えます。そこに海外野宿も経験に入れてみては如何でしょうか。

 

まとめ:海外野宿はメリットだらけ

ここまで書いてあれですが、お金があるなら野宿はしないほうが良いです。

僕が公園に寝ている時にホームレスに荷物をあさられた事があります。外で寝ることは危険が伴います。

しかし、野宿にメリットが多いことは、紹介したとおりです。

野宿ありで旅をしていると、日本人にも外国人にも「ワオ、クレイジー…」と言われます。笑

そこから仲良くなることが多いです。

なんにでも挑戦して、人生経験が必要だと思うので、試しにやってみてはいかがでしょうか。

試しにやってみたら、ハマっちゃった僕がいるので。笑

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。