スイス・バーゼルを観光するなら、あの「教会」建築をおすすめします!

「今度バーゼルに旅行に行く!」

「おすすめの観光スポットは?」

 

こんにちは!くりです。

建築学生の僕は、去年、ヨーロッパを放浪していました。

そしてバックパックを背負いながら、スイスのバーゼルに訪れました。

 

バーゼルといえば、観光で穴場の都市です。街の中心にライン川が流れていて、穏やかな場所です。

特に美術に富んでいて、なんと40以上もの美術館があります。

 

僕がバーゼルの色々な観光スポットを巡っていると、とある教会に出会いました。

その教会に感銘を受けたので、ここでお勧めしたいです。

 

今回は、バーゼルを観光するなら行くべき、とある教会をご紹介します!

観光に行く前に読んでいただいたら、きっと役に立つでしょう!

 

まずはスイス・バーゼルの街並みをご紹介します

最初に、僕のお気に入りのバーゼルを、撮影した写真とともにご紹介します!

 

かわいらしい建物です。

 

街の中心にライン川が流れています。

 

適当に入った図書館です。キレイですね。

芸術に溢れているバーゼル、図書館にも力を入れています。

 

鬼の角のようなのがバーゼル大聖堂です。

貧乏バックパッカーなので、ライン川沿いで野宿をしていたら、職質されました。

その時に「野宿は危ないよ」と言われなかったのが印象的です。(他の国で何度も言われてたので)

 

 

バーゼルには、たくさんの水道が道端にあります。

そこでは地元の人が飲料水として、ペットボトルに入れていました。僕も真似して飲んでいました。

 

お気に入りの写真。

深夜、女性一人で歩いている姿もみたので、治安の良い都市だと思います。

 

ちなみにバーゼルは、世界的有名建築ユニット「ヘルツォーク&ド・ムーロン」の出身地です。

彼らの建築を巡るのもお勧めしたいです。

関連記事:【スイス・バーゼル】ヘルツォーク&ド・ムーロン建築を巡ったので5作品を紹介!

 

バーゼルを観光するなら、見ておくべき教会建築

本題に戻ります。ここから「聖アントニウス教会」をご紹介します!

 

聖アントニウス教会

 

住所:Kannenfeldstrasse 35, 4056 Basel, スイス

公式HP>>>

 

 

聖アントニウス教会の情報

1927年、竣工。設計者はスイス人建築家「カール・モーザー」です。

RC(鉄筋コンクリート)造の教会で、築90年ほど。

 

聖アントニウス教会を写真で紹介します

ここからは「聖アントニウス教会」を僕が撮った写真とともに、ご紹介します!

 

外観はシンプルなコンクリート建築です。

 

中に入ります。

 

この教会の内観は、両面のステンドグラスのおかげでとても華やかに施されています。

あまり情報を入れずに入った僕は、外観とのギャップにおどろきました。

 

全て長方形の色がガラスに貼られています。人物絵も比較的に簡易。

 

このコンクリートの無骨さが、ステンドグラスのカラフルさをより際立てています。

柱も細長くて、正方形。ステンドグラスの長方形の色部分と合わせているのでしょうか。

 

 

ステンドグラスを通じて太陽光が差しこみ、教会内にカラフルなラミネーションがされているようです。

教会の重々しい雰囲気を和らげていました。

 

 

フラッグの先のような形をした光が、壁面にあるキリスト絵を照らしています。

パンテオンのように12時になったら、ピッタリと重なるのでしょうか。

 

まとめ:バーゼルを観光するなら、「聖アントニウス教会」を見に行こう!

 

「聖アントニウス教会」はあまり知られていないようです。検索をしても情報が全然出てきませんでした。

それだからこそ分かる良さ、世界の隠れたものを知ってしまう良さもありますね。

バーゼルにいくなら、ぜひ「聖アントニウス教会」に行ってみてください!

 

関連記事

【スイス】ロレックス・ラーニング・センターを見学してきた!