【スイス】ロレックス・ラーニング・センターを見学してきた!

「ロレックスラーニングセンターを観てみたい!」

「どうやって行くの?」

 

こんにちは!くりです。

昨年、建築を見るためにヨーロッパの国々を巡っていました。

スイスにいた時、日本人が建てた建築物があることを知ったので、頑張ってローザンヌに行きました。

そしてSANAAが設計をした「ロレックス・ラーニング・センター」をこの目で見ました。

とてもユニークな形をしていて、SANAAらしさが全面に出ていて見るだけで楽しかったです。

そこで今回はロレックスラーニングセンターの行き方や営業時間などの情報を、ぼくが撮影した写真とともに紹介したいと思います。

いつか訪れる機会のある方にピッタリの記事となっています!

 

ロレックス・ラーニング・センターとは

ロレックス・ラーニング・センターとは日本人建築家ユニット「SANAA」が設計したスイス連邦工科大学の校舎になります。

主な用途は図書館で、情報センターや自習室、カフェなどがあります。

そして一般にも開放されているので、自由に見学できます。

名称は、ロレックスが資金提供をしたのでこの名前になっています。スイスの国自体も提供したのですが、ロレックスが一番多く出したとのことです。

 

SANAAとは

建築家ユニット「SANAA」も簡単に紹介したいと思います。

「SANAA」は妹島和世と西沢立衛による建築家ユニットです。

2010年にプリツカー賞(建築界のノーベル賞)を受賞した実力派コンビです。

最近、有名な「金沢21世紀美術館」や「ディオール表参道」という代表作があります。

 

住所:École polytechnique fédérale de Lausanne, Route Cantonale, 1015 Lausanne, スイス

TEL:+41 21 693 21 56

アクセス:バス停「Ecublens VD, Champagne」下車、徒歩7分

 

 

 

ロレックス・ラーニング・センターの開館時間

※2019年現在

全日 7:00~24:00

 

建築案内ツアーもあるようです。

直接メールで申し込まなければいけないので、少しめんどくさそうです。

>>>詳しくはこちら

 

ロレックス・ラーニング・センターへの行き方

 

電車で30分ほどで行けます。

僕は貧乏バックパッカーだったので歩きで行きました。笑

1時間位、イヤホンを耳に突っ込んで、ロマン湖を眺めながら歩きました。

徒歩は意外とおすすめ!

 

ロレックス・ラーニング・センターを写真とともご紹介します

ここからは僕が撮影した写真とともに、ご紹介していきます!

 

建物が波打っています。建物自体が波打つのはとても珍しいですね。

 

端から端までガラスでつながっています。

 

建物下のスペースで、椅子に座り、学生たちが談笑したり、勉強していました。

外国人は外が好きですね。

 

アジア人学生が多くいました。でも日本人は全く見ませんでした。

 

 

建物の形は、穴の空いたチーズだと思っています。それか四角いピザ。

 

中に入ってみます。

 

すごい形です。

 

建物内には円形のスペースが多くありました。面白いですね。

 

波打っているおかげで、坂道が多いです。これは学生からすれば気分転換になると思います。

 

天井は低いですが、とっても開放的です。

 

学生たちが勉強しています。

ここに行くなら朝に行くべきです!

昼頃から沢山の学生が自習をしていて、ふらふら見学できない雰囲気が漂います。

 

 

クッションの上でお昼寝をする姿が見れました。二日酔い対策に完璧!!

 

こんなところで勉強するなんて、気分が上がりそうです。

 

日本人の建築がスイスにあるなんて凄いですね。色々感動させられました。

 

ラーニングセンターを出て下ると、レマン湖に着きます。

そこには小さな公園があり、とても眺めがいいです。

カップルが話していたり、地元の方が本を読んだりして楽しんでいました。

疲れたらここで癒やすこともできるので、立地がいいですね。

ぼくはここで1時間ほど昼寝をして、ローザンヌまで歩いて帰りました。

 

まとめ:ロレックス・ラーニング・センターは観ておくべき建築物

 

日本人建築家の誇りである「SANAA」が建てた建築。

スイスに行く機会があるのなら、ぜひ行ってみてください!