【スイス・バーゼル】ヘルツォーク&ド・ムーロン建築を巡ったので5作品を紹介!

「ヘルツォーク&ド・ムーロンの建築を見たい!」

「バーゼルで建築巡りしようかな」

 

こんにちは!くりです。

僕は去年、世界の建築巡りをしていて、旅中の思いつきでスイスのバーゼルに行ってみました。

「スイス、バーゼル」で検索してみると、世界的に有名な建築家ユニット「ヘルツォーク&ド・ムーロン」の出身地だと知りました。

そしてバーゼルには「ヘルツォーク&ド・ムーロン」の建築がたくさんあります。

いい機会なので、その建築作品を巡ってきました!

 

なのでスイス・バーゼルにある「ヘルツォーク&ド・ムーロン」建築を、僕が撮影した写真とともに、詳しく紹介したいと思います!

今度、スイスのバーゼルに旅行に行くときに役に立つでしょう!

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンとは?

まずは建築家ユニット「ヘルツォーク&ド・ムーロン」について簡単にご紹介したいと思います!

 

スイス・バーゼル出身の「ジャック・ヘルツォーク」と「ピエール・ド・ムーロン」の2人による建築家ユニットです。

2人はスイス連邦工科大学チューリッヒ校で建築を学びました。

そして卒業後(1978年)、共同の建築事務所を開きます。

 

彼らの建築は、「普遍的な素材を異質に使いこなす器用さ」が印象的です。

その手法は2000年代の日本建築にも影響を及ぼしたそうです。

2001年に建築界のノーベル賞、プリツカー賞を受賞しました。

 

有名作品は、「プラダ・ブティック青山店」や「北京オリンピックメインスタジアム」があります。

 

スイス・バーゼルにある「ヘルツォーク&ド・ムーロン」建築を公開!

これからは僕が撮影した写真とともに、ご紹介していきたいと思います!

 

1.メッセ・バーゼル展示場

 

 

メッセ・バーゼル展示場の情報

住所:Neubau Messe Basel, Messepl., 4058 Basel, スイス

TEL:なし

公式HP:なし

 

 

メッセ・バーゼル展示場の建築情報

2013年、改修完成。

この建築の用途は展示広場です。スイス最大の展示場になります。

1階にエントランス、2500人を収容できるイベントホール、ショップ、バー、レストランが、遮る壁がなくつながっています。

2階から上は展示フロアです。

いくつかの建物の上に、この白い部分を増築させ、建物間を移動できるようにしました。

 

この白い増築部、かなりでかいです。

なのに圧迫感は感じません。それはアルミパネルをねじって乗せているからだと思います。

巨大な宇宙船のような印象を持ち、この穴から吸い込まれるんじゃないか、と思ってしまいます。

もちろん、採光の意味もあります。

都市の真ん中にあるこの建物は、不思議な力を感じました。

 

2.シグナル・ボックス

 

 

シグナル・ボックスの情報

住所:Münchensteinerstrasse 115, 4052 Basel, スイス

 

 

シグナル・ボックスの建築情報

1999年、竣工。

シグナル・ボックスは、H&deMの名を世に知らしめた初期作品です。

用途は電車の信号所になります。

外を銅板で覆い、めくりをつけ、建物自体をねじらせています。

この銅板が日光をコントロールして、内部の電子機器を守るそうです。

 

人が体をくねらせているみたいで、見ているだけで面白いです。

ガッツリ落書きをしたのは誰でしょうね。これは重罪。

 

3.州立病院ロセッティ医薬研究所

 

 

州立病院ロセッティ医薬研究所の情報

住所:Spitalstrasse 26, 4056 Basel, スイス

 

 

州立病院ロセッティ医薬研究所の建築情報

1998年、竣工。

医薬研究所として、地下施設の上に建てられました。

外装は、緑のドットが付いたガラス、空洞、アルミパネルと続きます。

そのため光の当たり方により、内部の表情を変化させます。

 

ガラス板に緑の水玉模様が打ってあるのは、六本木にある国立新美術館のファサードもそうですよね。

影響は…してないか。

関連記事:国立新美術館に行ってわかった、アクセス、営業時間などまとめ

僕はこの建物、きれいで結構好きです。緑色はこころを穏やかにしてくれます。

 

4.シュッツェンマット通りの住宅 

 

 

シュッツェンマット通りの住宅の情報

住所:Schützenmattstrasse 42, 4051 Basel, スイス

 

 

シュッツェンマット通りの住宅の建築情報

1993年、竣工。

1階はお店で、それより上はアパートになっています。

このファサードは、バーゼル市の排水口の蓋をデザインとして応用しています。

 

この鉄のファサードはとても重厚感があり、動かすのが大変そうでした。

 

5.バーゼル民芸文化博物館

 

バーゼル民芸文化博物館の情報

住所:Barfüsserpl. 7, 4051 Basel, スイス

TEL:+41 61 205 86 00

営業日

火~日曜日 10:00~17:00

休館日:月曜日

 

 

バーゼル民芸文化博物館の建築情報

19世紀に建てられた歴史的な博物館の上に、増築した形になります。

この上下雰囲気を合わせない感じ、どうなんでしょう。

H&deMはこういう、増築部にギザギザの建物を乗ってけるパターンがおおいですね。

面白いっちゃおもしろいけど。

 

まとめ:スイス・バーゼルの街には、見ごたえのある建築がたくさんある。

バーゼルにあるヘルツォーク&ド・ムーロン建築をご紹介しました。

まずバーゼルがいい街なので、きっと楽しい旅行になると思います。

その中で、世界的建築家の作品を見ることを、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

バーゼルからバスで30分ほどで行ける、ヴィトラキャンパスに行くことをお勧めします!

そこには、安藤忠雄やSANAAなどの建築が集まった、誰にでも楽しめるテーマパークのようになっています。

もちろん、ヘルツォーク&ド・ムーロンの作品もありますよ。

関連記事:ヴィトラキャンパスに行ってきた【建築情報、行き方や入場料など】