【必見】ベネチアの美術館、「プンタ・デラ・ドガーナ」に行ってきた!

「プンタ・デラ・ドガーナの行き方は?」

「入場料、アクセス、営業日が知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

イタリア・ベネチアは素敵な街でした。

海の中に街があり、人々は水路を利用して生活をしている。

そんな日本から遠くの街に、日本人建築家・安藤忠雄が設計をした美術館があります。

その日本人の偉業とも言える建築物は、「プンタ・デラ・ドガーナ」と言います。

 

実際に行ってみると、僕は

「世界的にも有名なベネチアの、象徴的な場所に、日本人の作品があるんだ」

と感動しました。本当に行ってよかったです。

 

このときの経験をもとに、

「プンタ・デラ・ドガーナ」に行く前に役立つ情報を、僕の撮影した写真とともに、書いておきたいと思います!

 

プンタ・デラ・ドガーナとは?

まずは簡単に、プンタ・デラ・ドガーナの歴史を紹介します!

 

プンタ・デラ・ドガーナ

15世紀に建てられ、17世紀には、世界最古の税関として利用されていました。

そしてフランソワ・ピノーにより、日本人建築家「安藤忠雄」に内装の改修を依頼します。

※フランソワ・ピノー…「グッチ」や「イヴ・サンローラン」などを傘下に持つ、仏ラグジュアリーグループの創業者のひとり

ベネチアの象徴的な場所であるため、地元住民が「なんで日本人に頼むんだ」と、反対の声が多く上がりました。

街なかにタダオアンドウ反対ポスターがはられたこともあります。

それを乗り越え、2009年に美術館としてオープンしました。

いまでは、毎日1000人も訪れる美術館となっています。

 

プンタ・デラ・ドガーナの営業日程と時間

「プンタ・デラ・ドガーナ」は現在、閉館中です!

 

次の展示は、2019/3/24からです。

詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

プンタ・デラ・ドガーナはどこにある?

まずはプンタ・デラ・ドガーナをご紹介します!

プンタ・デラ・ドガーナ

住所:Dorsoduro, 2, 30123 Venezia VE, イタリア

TEL:+39 041 240 1308

プンタ・デラ・ドガーナのHPはこちら>>>

 

 

プンタ・デラ・ドガーナの入場料

一般:15ユーロ

学生:10ユーロ

※1ユーロ=126円

学生なら国際学生証を持っていきましょう!

 

プンタ・デラ・ドガーナへの行き方

プンタ・デラ・ドガーナへは、水上バスか徒歩でいくことになります。

 

 

徒歩だけなら32分、それか

水上バス23分+徒歩11分で行くこともできます。

水上バスの料金は

75min=7.5ユーロ

24h=20ユーロ

48h=30ユーロ

72h=40ユーロ

になります。

※1ユーロ=126円

 

駅からこの美術館まで、直行することもないと思います。

なのでベネチアの街を散策しながら、歩きで行くことをお勧めします!

 

プンタ・デラ・ドガーナを画像で紹介します

ここからは、実際に僕が撮影した写真とともに、紹介していきます!

 

一部屋がとても広いです。

 

この形の部屋が2,3個あります。

 

改修に伴い、もとからの風合いを損なわないために、この古びたレンガも仕入れました。

イタリアには古材バンクという保管倉庫があるそうです。

 

 

窓から見える景色がとてもいいです。

 

安藤忠雄作品の特徴は、コンクリートを使用することです。

ここで使われているコンクリートは、絹のように作られています。

触れば分かりますが、とてもサラサラしています。

イタリアの古くから付き合いのある職人に頼み、絹のようにきめ細かいコンクリートを実現しました。

訪れた時に、ぜひ触れてみてください。

きっと驚きますよ。

 

 

 

 

本当にキレイなコンクリートです。

 

コンクリートの大きな部屋もあります。

 

まとめ:ベネチアには日本人の建築作品がある

ここに行ったときは、とても感動しました。

すっかり安藤忠雄さんのファンです。

ベネチアで一番感動したところで、この美術館を挙げる人は少なくありません。

この日本人の偉業とも言える作品を、ぜひ見てみてください!

 

関連記事

ロンシャン礼拝堂に行ってわかった、行き方や入場料などのまとめ