筋トレ

筋トレ前にカフェインを取ると運動パフォーマンスが上がる話

「カフェインと筋トレって関係してるの?」

「運動前に飲んだほうがいいものってある?」

 

こんにちは!くりです。

突然ですが、コーヒーは好きですか?

ぼくは大好きです。2~3年以上、毎日一杯は必ず飲んでいます。

そして筋トレも好きなのですが、色々と調べているうちに、筋トレとカフェインに深い関係があることが分かりました。

今までは知らなかったのですが、カフェインは「一番やすく簡単に摂取できる合法ドラック」と言われています。

それからぼくは筋トレ前にカフェインを摂取するようにしました。

今回は筋トレとカフェインの関係について深堀りしていきます!

 

※筆者は週5筋トレを7ヶ月続けています。この背景を元に「筋トレ前にカフェインを取ると運動パフォーマンスが上がる話」を書いていきます。

 

筋トレへのカフェイン効果

筋トレへのカフェイン効果
  1. 筋トレの効果を上げる
  2. 脂肪燃焼をする

 

1.筋トレの効果を上げる

カフェインは運動パフォーマンスを上げる効果があります。

”アデノシン” という脳の疲れを全身に伝える物質があるのですが、カフェインはその ”アデノシン” を抑制します。

 

その研究として、4,800人の被験者にカフェインを摂取したあとにマラソンや自転車レースをして、効率が上がるかを実験しました。

結果は、カフェインを摂取しない被験者に比べ、カフェインを摂取した被験者のゴールタイムは2~16%縮まりました。

 

これは筋トレへも通用する結果となり、持続する筋力のパフォーマンスが上がることが示唆されます。

 

よく言われるカフェインの覚醒効果ってやつですかね。

ぼくは早朝ジム派なので、眠い目をこすってジムに行っていたのですが、たしかにコーヒーを飲むと目が覚めます。

「あ~眠い」と思いながらジムに入館していましたが、カフェインを取るようになると「よっしゃ、やるぞ!」となるように。

それ以来、カフェインを取り続けています。

 

2.脂肪燃焼をする

コーヒーには脂肪燃焼の効果が期待されます。

 

  • 白湯を飲んで運動
  • コーヒーを飲んで運動

この2通りの被験者で、エネルギー消費量を比べる実験が行われました。

するとコーヒーを飲んだ人の方が、エネルギー消費量は高く、その効果は持続する結果となりました。

 

続いては長期実験です。

ラットの餌にカフェインを入れ与え続け、その様子を調べました。

その結果、体重、内臓脂肪、皮下脂肪すべて減少したそうです。

 

カフェインの摂取方法

カフェインの効果は、飲んでから45~60分かかると言われています。

 

そして摂取量は体重1kgにつき2~5mgが適切です。

体重60kgなら、120~300mg以下ですね。

もちろん、普段カフェインを飲むと頭痛がする方や、オーバーな量を摂取することはお控えください。

 

カフェインの摂取でレッドブルやモンスターを飲む人がいますが、あの類は糖分がやばい…。

ぼくのおすすめは、ブレンディーのインスタントコーヒー

これは安い値段で量もあり、水でも溶けるので飲みやすいです。

ぼくはジムに行く前に、コップに水を入れ、サッと溶かして飲んでいます。

 

Sponsored Links

まとめ:筋トレ前にカフェインを飲んで、パフォーマンスを上げよう!

この記事は「筋トレ前にカフェインを取ると運動パフォーマンスが上がる話」について書きました。

プロテインやBCAAなどと違い、カフェインは安く手軽に取れるので、おすすめです。

ぜひ筋トレ前にコーヒーを試してみてください。

筋トレへのカフェイン効果
  1. 筋トレの効果を上げる
  2. 脂肪燃焼をする
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。