ウェア

ジム用シューズの選び方・おすすめ7選をご紹介します!【コンバース◎】

「ジム通いすることになったけど、新しい靴を買わないと」

「おすすめのシューズを用途別に知りたいな」

 

こんにちは!くりです。

ジムで筋トレやランニングする時に必要なのは、トレーニングシューズ。

以前書いた「ジムの持ち物はこれだけです!【絶対必要なものは7つ】」でも紹介したのですが、トレーニングシューズがなければ、ジム利用ができません。

 

しかしトレーニング・ランニングシューズって、意外と持っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ジムでランニングや筋トレしたいと思っている方に向けて、シューズの選び方・おすすめシューズをご紹介します!

 

※筆者は週5筋トレを一年以上続けています。この背景を元に「ジム用シューズの選び方・おすすめ7選をご紹介します!【コンバース◎】」を書いていきます。

 

ジム用シューズの選び方

まずは、ジム用のシューズの選び方をご紹介します!

トレーニングによって選び方は変わるので、下の通りにすればいい感じです。

  1. ランニングメイン→ランニングシューズ、ベアフットシューズなど
  2. 筋トレメイン→トレーニングシューズ、底が平らなスニーカー、ベアフットシューズなど

どちらのシーンでも、ベアフットシューズが万能ですね。

ということで、簡単にご紹介していきます。

 

1.ランニングメインの方

ランニングマシンをメインで使う方は、言わずもがなランニングシューズが適しています。

一つ注意してほしいのは、ランニングシューズは筋トレには向いていないということ。

 

ランニングシューズには、かかとにクッションが付いています。

なので、スクワットやレッグプレスなど、足に重心がかかるトレーニングでは、バランスが保ちにくくなるんですね。

くりたび
くりたび
ランニングシューズを履いて1年筋トレしていたぼくが言うのもあれですが…、買い換えるのがめんどくさかったんです。

ぼく的には「続ける」とこが一番重要なので、とりあえず今あるシューズでやってみて、続きそうだったら、新しいシューズを買うことをおすすめしたいです。

 

女性の場合、ランニング+筋トレをしたいというパターンが多い気がします。

それならベアフットシューズが一番良さげです。

ベアフットシューズとは…、

「裸足のような感覚で走る」をテーマとしている靴。

ランニングにも適して、底が平らで筋トレにも向いています。

後にご紹介します。

 

2.筋トレメインの方

筋トレメインの方は、

  • トレーニングシューズ
  • 底が平らなスニーカー
  • ベアフットシューズ

が適しています。

「筋トレがんばるぞ!」という方は、ガチ目のトレーニングシューズでもいいでしょう。

ぼくのように趣味で筋トレをしたいなら、手持ちのスニーカー、ベアフットシューズがいい感じです。

 

特に底が平らなスニーカーなら、靴箱に一足はあると思います。

コンバースVANSなど、底が平らで硬いので、意外と筋トレに適しているんですね。

ぼくがフォローしている海外トレーニーで、一番人気のシューズはコンバースです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4x Mr. Olympia Physique Champ(@jeremy_buendia)がシェアした投稿

今ではぼくも、高重量を扱うようになったので、コンバースを履いて筋トレをしています。

 

トレーニングシューズを選ぶときの注意点2つ

ここでトレーニングシューズを選ぶときの注意点2つをご紹介します!

 

1.有名メーカーの物を選ぶ

そもそも靴とは、人間の全身を支える道具。しっかりと構造設計していなければ、体に悪い影響を及ぼします。

なので有名スポーツメーカーの靴を買いましょう!

注意してほしいのは、Amazonで安く売っている中華製

レビューは自演が多く、有名所を真似をしているだけなので、機能性もよくありません。例外も多くあると思いますが、危ない橋は渡らないほうがいいです。

ということでシューズを買う時は、有名メーカーのものを選ぶことをおすすめします。

 

2.ネット通販ならAmazonで購入する

トレーニングシューズをネット通販で購入するなら、Amazonがおすすめです。

靴選びで大事なのはサイズ。

しかし時間が無くてスニーカーショップに行けなかったり、接客がめんどくさかったりしますよね。そんな時に、Amazon ワードローブをご利用ください。

「Amazon ワードローブ」の表記がある商品は、試着してから購入するかしないかを選べます。

いくつか注文して届いたら試着、そして欲しいものは購入、気に入らないものは返却できます。すごいサービス。

 

Amazon ワードローブではなくても、prime商品なら無料で返品できます。

ぼくも一度返品したのですが、めちゃ簡単にできました。手間もかからず無料で返品できたので、なんか申し訳なくなったことを覚えています。

スニーカーのサイズを間違えると後悔しまくるので、ぜひAmazon ワードローブをご利用ください。

 

おすすめトレーニングシューズ7選(タイプ別)

ここからはタイプ別におすすめのトレーニングシューズをご紹介していきます!

 

1.ランニングシューズ

ナイキ|TANJUN

TANJUNは日本語の単純から名付けられていて、シンプルを代表するスニーカーです。

まさにぼくはこのTANJUNを使っているのですが、汎用性が高いです。

ジム、ランニング、アルバイトなどで活躍しています。

厚いソールのおかげで疲れることは少なく、軽いので持ち運びも!

デメリットは大きくてかばんを圧迫することと、メッシュ素材なので雨がガンガンにしみてくること。

価格も6000円以下なので格安、誰にでもおすすめできます。

 

その他には、こちらからお探しください!↓

Amazonランニングシューズ売れ筋ランキング(メンズ)を見てみる≫

Amazonランニングシューズ売れ筋ランキング(レディース)を見てみる≫

 

2.ベアフットシューズ

メレル|ベイパーグローブ

メレルは、ハイキングシューズの世界的な有名メーカー。

そんなメレルが作っているのだから間違いないと思って、ぼくが購入予定です。笑

あとベアフットシューズは薄くなるので、持ち運びがラクラクです。仕事帰りにジムに行く方には最適かも。

 

SAGUARO|ベアフットシューズ 

格安で売っているSAGUAROのベアフットシューズ。高評価レビューも多数。

 

3.トレーニングシューズ

イノヴェイト|BARE-XF 210 V2 MS

日本ボディビル選手権9連覇、世界チャンピオンにもなった鈴木雅さんも愛用するイノヴェイト。

 

キタ|DK-500

kitaという、現場作業員向けに作られている靴。

約1000円という低価格、軽くて薄い持ち運びやすさ、現場でも使われているグリップ力。

意外と魅力的な部分が多く、ジム利用者にひそかに流行っています。

見た目を気にしない!とにかく安いものがいい!という方におすすめ。

 

4.スニーカー

コンバース

出典:「There’s Only One Gold Standard

ゴールドスタンダードのCMで外国人女性が、コンバースのハイカットを履いていました。

なんかそれがカッコよかったので、ぼくもコンバースにしました。

日本でもたまにジムでコンバースを履いている方はいますね。

一つ注意してほしいのは、日本のコンバースはソールが薄いこと。なのでランニングには向きません。

 

VANS

 

まとめ:機能性の高いトレーニングシューズで快適に筋トレをしよう!

この記事は「ジム用シューズの選び方・おすすめ7選をご紹介します!【コンバース◎】」について書きました。

ジム用シューズは見た目、価格、機能性で選ぶことができます。

スニーカーを持っているならそれでオッケー。速攻で筋トレをはじめましょう。

いいシューズを選んで、快適なジム利用ができることを願っています。

くりたび
くりたび
良い筋トレライフを!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。