筋トレ

ジムのおすすめトレーニングシューズ9選を公開します!

「ジム通いすることになったけど、新しくシューズ買わないと」

「おすすめのシューズを用途別に知りたいな」

 

こんにちは!くりです。

ジムで筋トレやランニングする時に必要なのは「トレーニングシューズ」ですね。

以前書いた「ジムの持ち物はこれだけです!【絶対必要なものは7つ】」でも紹介したのですが、トレーニングシューズがなければ、ジム利用ができません。

トレーニングシューズやランニングシューズって意外と持っていないのではないでしょうか。

そこで今回は、ジムでランニングや筋トレしたいと思っている方に向けて、おすすめのトレーニングシューズをご紹介します!

 

※筆者は週5筋トレを6ヶ月間続けています。この背景を元に「ジムのおすすめトレーニングシューズ9選を公開します!」を書いていきます。

 

トレーニングシューズは3つのタイプがあります

トレーニングシューズは大きく分けて3種類あります。

  1. オールマイティータイプ
  2. ランニングタイプ
  3. 軽くて持ち運べるタイプ

ぶっちゃけどれでもトレーニングはできるし、有名メーカーならば何でもいいと思います。

ということで、簡単にご紹介していきます。

 

1.オールマイティータイプ

オールマイティー、どの状況でも使える万能型ですね。

私服に合わせられることは大きな特徴です。

 

2.ランニングタイプ

ランニングタイプは、走ることに特化しています。

靴底はランニング用に工夫されていますし、クッション性の高い厚いソールが特徴です。

 

3.軽くて持ち運べるタイプ

ジム専用シューズと言える、折りたたみ可能なシューズですね。

メッシュ素材のアッパーで、薄く収まるので、持ち運びがすごく楽。

のちに紹介しますが、ぼくが使っているオールマイティータイプは、かばんに入れると半分くらい埋まるんですよね。なのでこのタイプが羨ましくて仕方ない。

 

トレーニングシューズを選ぶときの注意点2つ

ここでトレーニングシューズを選ぶときの注意点2つをご紹介します!

 

1.有名メーカーの物を選ぶ

そもそも靴とは、人間の全身を支える道具です。

しっかりと構造設計していなければ、体に悪い影響を及ぼします。

なので有名スポーツメーカーの靴を買いましょう!

注意してほしいのは、Amazonで安く売っている中華製

レビューは自演が多く、有名所を真似をしているだけなので、機能性もよくありません。

例外も多くあると思いますが、危ない橋は渡らないほうがいいです。

ということでトレーニングシューズを買う時は、有名メーカーのものを選ぶことをおすすめします。

 

2.ネット通販ならAmazonで購入する

トレーニングシューズをネット通販で購入するなら、Amazonがおすすめです。

靴選びで大事なのはサイズ。

しかし時間が無くてスニーカーショップに行けなかったり、接客がめんどくさかったりしますよね。

そんな時に、Amazon ワードローブをご利用ください。

「Amazon ワードローブ」の表記がある商品は、試着してから購入するかしないかを選べます。

いくつか注文して届いたら試着、そして欲しいものは購入、気に入らないものは返却できます。

すごいサービスですね。

 

Amazon ワードローブではなくても、prime商品なら無料で返品できます。

ぼくも一度返品したのですが、めちゃ簡単にできました。手間もかからず無料で返品できたので、なんか申し訳なくなったことを覚えています。

 

スニーカーのサイズを間違えると後悔しまくるので、ぜひAmazon ワードローブをご利用ください。

 

おすすめトレーニングシューズ9選(タイプ別)

ここからはタイプ別におすすめのトレーニングシューズをご紹介していきます!

 

1.オールマイティータイプ

ナイキ/TANJUN

TANJUNは日本語の単純から名付けられていて、シンプルを代表するスニーカーです。

まさにぼくはこのTANJUNを使っているのですが、汎用性が高いです。

ジム、ランニング、アルバイトなどで活躍しています。

厚いソールのおかげで疲れることは少なく、軽いので持ち運びもできます。

デメリットは大きくてかばんを圧迫することと、メッシュ素材なので雨がガンガンにしみてくること。

価格も6000円以下なので、誰にでもおすすめできます!

 

NB/ML574

ニューバランスは元々、足の不自由な人用の矯正靴を作っていました。なので歩きやすやなどの快適性に特化しています。

ML574は超定番モデル。

フィット性、クッション性、グリップ性を重視しているので、どんな場面でも活躍します。

見た目から普段使いできるので、私服でジムに通う方におすすめです。

 

コンバース/オールスター

ジム用にコンバースもいい感じです。

 

出典:「There’s Only One Gold Standard

ゴールドスタンダードのCMで外国人女性が、コンバースのハイカットを履いていました。なんかそれがカッコよかったので紹介しています。

日本でもたまにジムでコンバースを履いている方はいますね。

 

一つ注意してほしいのは、日本のコンバースはソールが薄いこと。なのでランニングには向きません。

別売りのソールを入れれば解決しますが、それならランニングシューズを買ったほうがいいでしょう。

 

2.ランニングタイプ

NB HANZO U

HANZO Uは、ニューバランスのランニングモデルです。

ウルトラマラソンなどの長距離レースに対応できるような機能性を兼ね備えています。

軽量性、反発性、フィット性、サポート性など、まさにランニングのために開発されたシューズ。

ここまでの多彩な機能性は魅力的ですね。

 

アシックス JOLT 2

アシックスのランニングシューズです。

かなりシンプルでベーシックモデル。

見た目は微妙ですが、価格はかなり安いので、そこまでシューズを重視していない方におすすめです。

メンズランニングシューズランキングで現在1位です!

 

アディダス GLX4 M

アディダスのエントリープライスで発売されているランニングシューズです。

GLX4 Mは柔らかいミッドソールで快適なウォーキングやランニングができます!

価格も安く、見た目もいいかんじなのでおすすめです!

 

3.軽くて持ち運べるタイプ

ナイキ フリーフライニット

ナイキのフライニットはその名の通り、ニット構造で編み上げられています。

素材上、全体が潰せるので、かばんに入れても圧迫しません。

仕事や学校帰りにジムに行く方にはぴったりです!見た目もカッコいい!

 

ナイキ BENASSI SLP

ベナッシはかかとが潰せて、見た目もいい感じのスリッポンタイプです。

機能性が高いので、値段は張ります。

港区のジムで、ベナッシを履いてる人がいそうなイメージ。

 

キタ DK-500

最後はスポーツメーカー物ではないです。

kitaという現場作業員向けに作られている靴です。

約1000円という低価格、軽くて薄い持ち運びやすさ、現場でも使われているグリップ力。

意外と魅力的な部分が多く、ジム利用者にひそかに流行っています。

見た目を気にしない!とにかく安いものがいい!という方におすすめです。

 

まとめ:機能性の高いトレーニングシューズで快適に筋トレをしよう!

この記事は「ジムのおすすめトレーニングシューズ9選を公開します!」について書きました。

トレーニングシューズは見た目、価格、機能性で選ぶことができますね。

どれか気にいるシューズはありましたか?

いいシューズを選んで、快適なジム利用ができることを願っています!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。