旅ノウハウ

アイルランドの治安と危険な街【ヒッチハイクして分かった】

ヨーロッパ旅行おすすめアイルランド・ダブリン

「アイルランドの治安は悪いの?」

「危ない地域はドコ?」

 

こんにちは!くりです。

この記事に訪問してくれた方は、アイルランドに旅行や観光、留学をする予定がある方だと思います。そんな時、現地の治安が気になりますね。

以前こんな記事を書きました。

アイルランドを一人旅の国におすすめする7つの理由【20カ国旅してわかった】

このタイトルからわかるように、ヨーロッパ20カ国を旅して、その中でもアイルランドが大好き。笑

そのぼくがアイルランドの治安について、ここに書き記していこうと思います。

ちなみにアイルランドはヒッチハイクで一周したので、治安に関して現地人に聞いたこと、感じたことなど書き足しています。

これからアイルランドに旅行・留学する予定のある方にぴったりな記事です!

 

行ってわかったアイルランドの治安や危険な街

ここからはぼくが実際に行ってわかった、アイルランドの治安や危険な街をかいていきます!

 

1.アイルランドの治安について

はじめに結論を言っておくと、アイルランドの治安は比較的いい。

ぼくはヨーロッパを20カ国以上を旅してきました。その中でも治安のいい国ベスト5には入ると思っています。

 

外務省によると、アイルランドの近年の犯罪総件数は減少していて、治安は安定しています。

2016年2月にダブリン市内北部のホテルでギャングの銃撃事件も発生しましたが、それからは警察の警戒を高めています。

外務省によるアイルランド治安情報>>>

 

ぼくはアイルランドの人々はとてもフレンドリーで、ギネスビールを片手に笑い合っている姿を思い出します。

そして旅行中に、不安を煽るような瞬間はアイルランドにはありませんでした。逆にフランスとかドイツの方が怖かった。

ネットには移民や難民が多いと書かれていましたが、まったくそんなことないです。むしろ隣のイギリスに沢山いますよ。

 

最近、北東部のダンドークという街で日本人会社員が殺害されました。

朝の9時に歩いている時、エジプト人に背後からナイフで刺されたよう。非常に痛ましく悲しい事件なのですが、そこでアイルランドの治安を評価するのは少し違いますね。

平和な日本でも無差別殺人が起こってしまうときがありますし。

このような場合は対策しようがないので、ぼくは運命だと思って受け入れる覚悟をしています。

ただしヨーロッパに移民が多いことも事実。海外に行くということは多少のリスクが伴います。

ただ日本でも新幹線に乗っているだけで死の危険につながることも。何処で判断をするべきか、とても難しいことですね。

 

2.アイルランドの安全な街

アイルランドに移住して10年以上住んでいるドライバーさんに聞いたのですが、海沿いの街が安全だそうです。

たしかに海沿いをヒッチハイクで周ったのですが、治安に関して問題があるとは思いませんでした。

のどかで時間の流れがゆったりとしているという印象。

ぼくが旅をして得た経験則として、学生の街は安全です。もしよかったら大学がある街だけに観光するという手段もあるので調べてみてください。

 

3.アイルランドの危険な街

こちらも先程のドライバーさんに聞きました。

アイルランドの内陸の街が危険だそうです。

そしてめちゃくちゃ言われたのは、内陸にはギャングがいるということ。

 

首都ダブリンでヒッチハイクをしていたら、ある親子に乗せてもらいました。

「どこまで行きたいの?」と聞かれたので、

「キルデアに行きたいです。日本庭園があるらしくて、それがみたいんですよね~」

と地球の歩き方にある情報を、軽い気持ちで言いました。

すると、「キルデアは絶対に辞めなさい」と全力で止められました。

 

本当に10回以上「キルデアに行くのはやめなさい」と言われ、説得されました。

その街にはギャングがいるから絶対に行くな、ということです。そしてルートを変更して違う街へ行きました。

とにかくキルデアに行くことの反対の勢いがすごかった。

どこまでが内陸なのか把握できなかったので確信できる答えがないのですが、内陸の街は行くのをやえておいた方が無難ということです。

 

ぼくのおすすめはダブリン、モハーの断崖、ゴールウェイを巡る旅行。この3つの都市と観光地でアイルランドのことがわかります!

この記事で観光地をまとめています:アイルランドを一人旅の国におすすめする7つの理由【20カ国旅してわかった】

 

4.ダブリンの治安について

アイルランドのダブリンは安全な街です。

しかしスリやひったくり、アジア人への差別あるそう。

外務省の報告では、オコンネル通り、テンプルバー地区、有料のギネス・ストアでも、スリなどが起こっているようです。

でもどこの国でもあることですね。渋谷でもスリは起こります。

 

注意していただきたいのはダブリンの北側、リフィー川を越えたあたりは危険ということです。

今は簡単に検索できる時代なので、その都度、行き先の街を調べながら動いたほうが危険を回避できますね。

 

5.北アイルランドの治安について

僕は北アイルランドには行きませんでした。時間がなかったのもありますが、ネットに北アイルランドは危険だと書いてあったことが原因です。

北アイルランド紛争が以前起こっていたから危険だ、とネットに書いてありました。

 

それは真実なのか気になったので、乗せてくれたドライバーさんたちに「北アイルランドは危険だとネットに書いてあったのですが、実際どうなんですかね?」と聞きました。

そうしたら皆さんが口を揃えて、「そんなわけない、北アイルランドはいいところだよ」と言っていました。

 

「どこでそんな情報を知ったのかい?ネットの情報の全てを信じてはいけないよ」と言われ、ちょっぴりおこられたことも。

北アイルランドはいいところだそう。今度のアイルランドに行く時は、北アイルランドも行ってみたいです。

 

まとめ:アイルランドは治安がよくて、フレンドリーな人が多い素敵な国

アイルランドはヨーロッパの中でも治安は良いほうです!安心して旅行をしてください。

しかし危険なところもあるようなので、移動する度にネットで調べることをおすすめします。

 

関連記事

アイルランドを一人旅の国におすすめする7つの理由【20カ国旅してわかった】

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。