【早く終わる?】事務所移転バイトの内容を、経験者が教えます

「事務所移転ってどんなバイト?」

「もしかしてきつい?メリットは?」

 

こんにちは!くりです。

アルバイト求人を探していると、日払いで事務所(オフィス)移転作業をたまに見かけますね。

どんなバイトだろうと躊躇していた時もありますが、実際やってみると、とても楽な仕事でした。

特に人間関係が全くないのと、ノルマを終えたら帰れるのが、精神的に楽です。

その楽さのおかげで半年ほど続いています。

そこで今回は、オフィス移転バイトの1日、メリット、デメリットをご紹介します!

オフィス移転バイトをやるか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

オフィス移転バイトとは?

オフィス移転バイトは、主に古くなったオフィスのデスクやロッカーなどを、新しく入れ替える作業をします。

その他にも、荷物を全部まとめて他のオフィスへ移動することもあります。名前通りのお仕事です。

こう聞くと仕事内容がきつそうに思いますが、若い男性ならへっちゃらです。中高帰宅部の僕が、「この仕事って大変だ」と思ったことがないので。

 

オフィス移転バイトの1日

これからは、オフィス移転バイトをした僕の1日をご紹介します。

 

バイト前日

基本的に前日、会社から仕事メールが送られてきます。

そのメールに明日できるお仕事が一覧で載っていて、バイトはその一覧から、希望したいお仕事を選んで返信します。

つまり前日に仕事をするか決められるので、本業がある方や、まだ予定が決まっていない方には都合の良いバイトだと思います。

返信メールを送ると、承認の連絡が来ました。東京にある大きなビルで9:00〜17:00のお仕事を予約しました。

うちの会社の場合、交通費は700円です。交通費は会社により変わるので、確認してみてください。

 

7:30、出発

9時開始なので7:30に出発します。オフィスビルに向かうので、いつも満員電車に乗ります。

この満員電車が大変です。いつもサラリーマンが降りる度に降りるの繰り返しです。その上乗り換えも多いので、電車内で勉強や本を読むなど優雅に過ごせません。

意外と面白い広告をじーっとみて、目的地まで耐えます。

 

8:40、現地集合

オフィスビルに1人で入るわけにも行かないので、ビル下で集合します。

班長は事前に決まっているので、到着したら電話をして合流します。

でも班員は、ぶっちゃけ見た目で分かります。集団でいるとめちゃ目立ちます。

それを見ると精神的に辛くなるのですが、「こんな楽な仕事はないんだ」と自分に言い聞かせて耐えます。(なので女性はお勧めしません)

時間どおり、班員が6人全員集まりました。

 

8:50、裏口からビルへ

班員が集まると、担当者に連絡して合流します。

それからみんなで裏口で入場証をもらいビルの中へ入ります。

貸してもらえるユニフォームに着替えて、朝礼をします。

 

今日は養生貼りと墨出しです。

養生とは…荷物を移動する際に、壁を傷つけないため、青いビニールで覆うことです。引っ越しをするときにエレベーターの中や入り口に貼ってある青いやつ、あれが養生です。

墨出しとは…オフィス家具の置く場所は決まっています。なのでそれを配置しやすいように、あらかじめ配置位置にテープで印をします。壁から数mと、しっかり測ります。

 

9:00、作業開始

全員で15人ほどの作業員が集まりました。グループを組んで養生をします。会社のトラックが当日に必要なものを運んできます。

今日は新規搬入はないので、養生用具だけをとりにいきます。

数人で寒い外に出て、トラックから養生をとり、また戻ります。

それからエレベーターや廊下に青い養生を貼りました。

もちろん、貼り方は教えてくれます。この時に口の悪い人に当たったら最悪です。

暴言並みのテンションで話す人がいます。言い返すのはぐっとこらえ、「はい」で乗り切ることになります。

今日は優しそうな人が教えてくれました。

 

10:00、小休憩

10時から15分の休憩があります。体を使う現場仕事では、小休憩はルールになっています。

飲み物を飲んだり、スマホをいじって過ごします。

 

10:15、作業再開

再開します。墨出しをします。色の目立つ意図があるので、そこからメジャーで測り、テープで印をつけます。それの繰り返しです。

 

11:30、昼休憩

昼休憩は1時間です。いつもは12時からなのですが、オフィス街で昼は引くほど混むので、早めに取るようです。

今日はケンタッキーにいきました。牛丼やうどん屋に行くと思うめちゃ混んでいて休めないので、いつも少し高めのところに行きます。

昼ごはんは現場で食べれる時と、飲食禁止の時があるので、事前に買っていかない方がいいです。買ってきて飲食禁止だったら、食べる場所がなくて困ってしまいます。

残りは本を読んで過ごしました。

 

12:30、作業再開

昼ごはんを食べて、作業を再開します。

午前と同じように墨出しをします。テキパキと動きます。

やるがなくなったら、何かすることはないか社員に聞きます。

別に仕事をやりたいわけではありません。しかしだらけていると、相手の口調が悪くなったり、雑に扱われたりします。なので自ら行動するようにします。

人のご機嫌をとるために働く、「これが社畜脳か…」と思いながら仕事をします。

 

14:30、仕事終了

やるべきことは終わりました。なのでバイト終了です。

今日は18時に終了予定ですが、3時間半も早く終わりました!

休憩を加味すると、4時間30分しか働いていません。

今日の予定は8時間労働、給料8000円。早く終わっても給料保証されます。なので時給1600円くらい!

ウキウキしながら電車で帰りました。

こんなラッキーデイは7回に一度あります。珍しいことではありません。

 

事務所移転バイトのメリット

ここからは実際に僕が感じた、事務所移転バイトのメリットをご紹介します。

 

1,人間関係で悩むことがない

事務所移転バイトは一定の職場がありません。各々働きたい日も考慮されます。

なので全くというほど、同じ人と働くことはありません。

つまり人間関係がほぼないということです。

人間関係がめんどくさい、人見知りだ、なんて方はぴったりです。

 

2、予定より早く終わることがある

先程の例のように、バイトが早く終わることがあります。

実際、終了予定の1時間前に終わることが多いです。

早くおわる理由は、ノルマを終えないと大変なことになるから。

事務所移転はスケジュールがガッチリと決まっているので、その計画通り行うことができないと、ロケット鉛筆的に毎日の工程がはみ出してしまい、クライアントの希望通りにいかなくなります。

なので多めの時間をとることが多いようです。

時給1000円だとしても、労働時間的に考えると、もっと高くなるということになります。

「あーあと2時間か」、なんて時計を見ることも少なくなります。

 

3,仕事をしたい時にできる

これは僕の派遣会社の場合ですが、仕事は前日に決めることができます。

なのでお金がない時、働きたい時、または働きたくない時、自由に決められます。

僕は2年以上契約していて、働きたいときだけ希望を出します。

普通に半年仕事をしないときもありました。それなのに続けることができます。

 

事務所移転バイトのデメリット

これからはデメリットをご紹介します。

 

1,バイトを通して成長できない

全くというほど成長できません。何十回も働きましたが、成長したことが全くないです。(色んな大人がいるんだ、と学んだくらい)

テープを貼って、ビニールを取って、荷物を運ぶ。仕事はこれだけです。

アルバイトにやりがいを見つけようと思う方にはお勧めしません。

 

2、たまにきつい時がある

新しく入れるロッカーが重くて、仕事がきついときがあります。

でもそれくらいは成人男性は普通に耐えられると思います。

あとは、雇い主の態度が悪いときがきついです。

言い方がきつかったり、雑に扱われたりします。

そんなときは「こんな楽な仕事ないぞ」と思い、自分を励ましていました。

 

まとめ:事務所移転バイトはまじで楽に稼げる

事務所移転バイトはまじで楽です。

しかしその楽さに浸かっていて、ぬるま湯から抜け出せない安直な大人を何人も見てきました。

このバイトは、サプリメント的に扱うことが正解です。

参考になれば幸いです。

>>タウンワークで「事務所移転」を検索する

 

関連記事

理系大学生が、アルバイトで月15万稼いでいたスケジュールを教えます。