日本建築

【建築レポート】つくばカピオを見てきた!【谷口吉生】

こんにちは!くりです。

先日、つくばカピオを見てきました。

つくばカピオは、多目的施設。

主にダンスや演劇などを行っているそうです。

設計は法隆寺宝物館などを手がけた、谷口吉生氏。

目の前にすると、とても大きな建物でした。

できてから20年以上経っているのに、非常に清潔感のあるもの驚きです。

では、たくさんの写真つきで建築レポートを書いていきます。

つくばカピオの建築レポート(谷口吉生)

つくば駅から徒歩10分ほどにある、つくばカピオ。

まずデカい!

思っていた4倍デカいです。

この大きさ、伝わりますか。

立派な木々も良いです。

2階への階段と廊下が、建物からはみ出ています。

それにしてもつくばカピオって、可愛らしい名前ですね。

線のように細い柱。

全力疾走しても、端まで10秒はかかるかも。

外に伸びた廊下の直線が美しい。

このコンクリート壁もとても大きいです。

階段もガラスでスタイリッシュ。

2階部分からの眺めです。

中でもあるし、外でもある。不思議な空間です。

2階部分では、女子高生がダンスの練習をしていました。

市民に愛されている建物だなと。

エントランスです。

中をチラと覗くと、大きなホールがありました。

この木の壁の前には、椅子があります。

椅子に座っているご年配の方々が談笑していました。

明らかに眺めが良さそうです。

長く伸びています。

建物のサイドにある、雨除け?です。

ここも柱がとても細い。

ななめの筋交いなしで、よく立っていますね。

逆サイドです。

後ろです。

建物の裏側には、大きな駐車場があります。

後ろから見ました。

ブロックのように四角い建物です。

つくばカピオの建築レポート 感想まとめ

この記事は、「【建築レポート】つくばカピオを見てきた!【谷口吉生】」を書きました。

つくばカピオ、良かったです。

まず大きさに驚きました。

あそこまで長方形の大きな建物は、なかなか見られないと思います。

次に建物のキレイさに驚きました。

もう20年以上経っているのに、あの清潔感。こまかな装飾がないからこそ、劣化しない美しさがあるのだなと。

また、市民の方々にも愛されている建物のようで良かったです。

以上です!

≫Googleマップで見る

関連記事:つくば市の有名建築5つを巡ったので、ご紹介します!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。