日本建築

【建築レポート】つくば市立竹園西小学校を見てきた!【原広司】

こんにちは!くりです。

先日、つくば市立竹園西小学校を見てきました。

つくば駅から徒歩10分ほどのところにあります。

設計は、京都駅や梅田スカイビルを手がけた原広司氏。

原氏は集落の研究に力を入れていて、この小学校にも集落の考えが生かされていました。

背の低い校舎がつらなり、小学生たちがのびのびと過ごせるようです。

もちろん中には入れなかったので、外観の写真とともにレポートしてきます。

つくば市立竹園西小学校の建築レポート(原広司)

小学校の隣には緑道が通っています。

そこから正面が見えます。

緑が多い環境で、小学生が走り回っていました。

背の低い建物ですね。隣のマンションと比べると一目瞭然。

住宅が並んでいる集落のようです。

校庭から見ると、見晴らしが良いのでしょう。

裏口(?)です。緑が多いのが良い。

建物一つ一つの形が異なります。これは三角形の天井。

トップライトもあります。廊下でしょうか。

ソーラーパネルつけられそう。

小学生たちが楽しそうに遊んでいました。

おそらく2階建ての小学校です。

外壁がキレイです。

きれいに使われていて、なんだか嬉しいです。

つくば市立竹園西小学校の建築レポート 感想まとめ

この記事は、「【建築レポート】つくば市立竹園西小学校を見てきた!【原広司】」を書きました。

つくば市立竹園西小学校、良かったです。

小学校といえば背の高い建物のイメージがあったので、それを打ち壊してくれました。

もしかしたら、土地が広いからできることなのでしょうか。

つくば市は文化的施設が多く、自然も豊かで、有名建築の中で学ぶ子供たちは、豊かに育ちそうです。

そういった意味でも羨ましいなと思います。

以上です!

≫Googleマップで見る

関連記事:つくば市の有名建築5つを巡ったので、ご紹介します!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。