旅の持ち物

バックパッカーで使える35~40Lリュックおすすめ7選!

「バックパッカーで使うリュックを探してる…、35~40Lくらいでおすすめなのはないかな?」

こんにちは!くりです。

バックパッカーとして海外旅行をするときに必要なのは、リュック。

個人的には、35~40Lの容量が最適だと思います。

ぼくも2週間のアイルランド旅行に行ったときには、38Lのケストレルが活躍してくれました。

(それに加えて、折りたたみリュックも持っていきました)

ただ、35~40Lのリュックはたくさん販売されていて、どうしても迷ってしまいます。

そこで、ここでリュックおすすめ7選をご紹介します。

この記事は、「バックパッカーで使える35~40Lリュックおすすめ7選!」を書いていきます。

バックパッカーで使える30~40Lリュックおすすめ7選

オスプレー|ケストレル38

まずはぼくが使っている、オスプレーのケストレル38です。

とりあえず、カッコいいです。

沢山発売されているバッグパックの中でこれを選んだ理由は、デザイン性の高さでした。

シンプルなオールブラック。

ロゴもかっこよい。

旅先でも背負うたびに、気分が上がりました。これは高級感のあるバックパックだからこそだと思います。

あととにかく機能性が高いです。

サイドポケットにペットボトルを入れたり、寝袋を挟んだり。

ポケットも沢山あるので、何がどこにあるのか探しやすかったです。

さらに背負いやすい!

登山用に作られているので、大きなバックパックを背負って歩いても疲れにくかったです。

さすがアメリカで大人気のオスプレー。

ケストレル38を選べば間違いないし、失敗しません。

これを背負ってヨーロッパの国々を歩きまくったぼくが推します。

ザノースフェイス|テルス35

ザ・ノース・フェイスのテルス35。

フィット感が重視されていて、軽量のPEシートが使われています。

フロントにはボタンとジッパーで開閉できるポケットがあります。ここに小物収納が可能です。

チェストストラップやハーネスもついていて、体にフィットして、ラクな旅ができます。

ミレー|サースフェー30+5

ミレーのサースフェー30+5。

こちらは日本規格で、日本人に合うように改良されています。

背負心地を重視していて、「ファーストクラスの背負心地」と言われています。

ミレー|クンブ35

ミレーのクンブ35。

アウトドアだけでなく、街でも使えるような設計がされています。

見た目も普通のリュックのようなので、バックパッカー感を出したくない方におすすめ。

カリマー|リッジ40

カリマーの人気モデル、リッジ40。

背中のクッション部分には活性炭加工がされていて、吸水・速乾性に優れ、快適に旅ができます。

ぼくはカリマーのデイパックを2年以上使っているのですが、なんと全く損傷していません。

野宿の時枕にしたり、ずぶ濡れになったりと、かなり雑に使っているのに。

カリマーは耐久性に優れています。

ドイター|フューチュラ Pro 36

リュックといえば、ドイター。

快適性を追求したリュックです。

コールマン|シールド35

コールマンの街用リュック。

なんと1万円未満。さらに防水機能付きです。

旅中の突然の雨にも対応できます。

ただ街用なので、腰ベルト(ハーネス)がついていません。

それでもバックパッカー感を出したくない方、あまり歩くことはない方などにおすすめ。

まとめ

この記事は、「バックパッカーで使える35~40Lリュックおすすめ7選!」を書きました。

バックパッカーにとって、リュックは相棒です。

なので、お気に入りのものを選ぶことをおすすめします。

基本的に、オスプレーのケストレル38を選べば間違いないです。

それでは、良い旅を!

関連記事

バックパッカーのリュックは何リットルが最適?【容量35~40L】

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。